使用感も効果実感も文句のつけようがない進化ぶりに、感動しきり

クラランス ボディ フィット 200g ¥8,000

「春にパリへ行くと、ドラッグストアの店先はスリミングコスメの山。両手にコスメをとっては見比べ、真剣に選ぶ女性たちの熱気には、気圧されるほどです。それに比べて、日本のボディケア熱はずいぶん低め。我が国はボディコスメの効果表現の制約が世界一厳しく、効果をストレートに伝えられないので、効きめがわからずやる気も出ない……そんなお国事情が影を落としているようです。 

そうはいってもコスメ自体の進化は目覚ましく、これを無視するなんて、もったいない。なかでもパリ生まれのクラランス『ボディ フィット』にいたっては、すでに5回の進化とレシピ改良を経て、使用感の良さも効果実感も文句のつけようがないレベル。継続使用をくじくべたつきもないので、ストレスフリーで使えます。おかげで、気になる脇腹や太ももの皮膚や贅肉のだぶつきがピッと引き締まってきた感じ。これは腋下や二の腕ももっと本気でケアしなくちゃ! と決意を新たにしているところです」(美容エディター・近藤須雅子

むくみと脂肪の2大悪でからまりあった太ももが、ほっそりと変わる!

シスレー WG コントアリング オイル フォー レッグ 150ml ¥17,000

「真っ先にお伝えしたいのはテクスチャーの素晴らしさです。シスレー『WG コントアリング オイルフォー レッグ』は、新感触のとろみオイルがスルスル転がるように伸びて、ふくらはぎから太ももへと広範囲に滑らかなオイル膜を形成。脚は乾燥している部位だけに、普通のオイルなら瞬く間に吸い込まれて存在感をなくしてしまうところですが、こちらは肌表面に留まった後、じわりじわりと浸透していく実感が。それがまるで時間をかけてマッサージしたような効果を生みだすのです。

ホワイトジンジャーやイチョウ葉エキスといった巡り成分によって血行がよくなると、疲れて重くなっていた脚が圧迫感や重力からスッと解放されるよう。むくみと脂肪の2大悪がからまりあって太くなった、私の脚には効果てきめん。凸凹がほぐされ、静脈の浮きも目立たなくなりました。清涼感が際立つだけのレッグケアとは一線を画す本気のアプローチ。バカンス前に出合えて本当によかった!」(ビューティディレクター・松澤章子さん

強靭なハリを生む若返り成分を贅沢配合。短期間で引き締まる!

ドゥ・ラ・メール ザ・ボディ ローション インテンス 200ml ¥22,000

「顔も体も一枚皮でつながっているもの。顔のケアを熱心にしていても、ボディのお手入れを怠っていれば、そこから潤いが蒸散してしまうし、外的刺激をもろに受けるので、たるみが加速してしまいます。 

ちょっとしたことでシルエットがくずれがちな世代。大人はたるみに対抗する美容成分入りのコスメでケアをすべき。それに毎日、上質なボディケアコスメでマッサージしていれば、自然と体に緊張が生まれ、たるみにくくなると信じています。そこで頻繁に私が頼っている名品がドゥ・ラ・メール『ザ・ボディローション インテンス』。フェースケアのエイジングケア効果には定評があるけれど、ボディケアコスメにも惜しみなく若返り成分を投入しているところがさすが! 入浴後、まだ湿り気のある状態のときにマッサージをしながらのばしていけば、ぐんぐん浸透してベタつきなし。引き締めつつ、ふっくらもっちりの肌感触になる効能に毎日感動しています」(美容愛好家・野毛まゆりさん

優しい香りと極上のヴェールで包まれながら、ハリを生み、すっきり印象に

ランコム アプソリュ プレシャスセル ボディ バーム 200ml ¥25,000

「その昔、フランス宮廷ではふくよかな女性がモテたとか。当時の絵画を見てみると、あの体型はとうてい今風とはいえないけれど、殿方たちが愛したむっちりした肌感というのは今も昔も共通した「モテ」の要素なのではなどと思ってしまうのです。 

で、この「ランコム」のボディケア。むちっ、ぬめっとした後肌で、触れ心地バツグン。人の心をそそりそうな、もちっとした肌に変わり、自分でもずっとなでていたくなるほど! また、むっちりしつつも、肌の表面にはパンとハリ。エイジングでゆるんだ肌をキレイに引き締めてくれて、そのハリ感ゆえに腕も脚もすっきりした印象。もちろん保湿力もツヤめきも申し分ありません。 

クリームとバームの中間のテクスチャーが肌の上でゆるりとほどける感じ、優しい香り、潤いのヴェールで包まれる感覚……。このリュクスさ、心が躍らずにはいられません。ぜひ、姫気分でお手入れをどうぞ」(ビューティエディター・入江信子さん

※掲載した商品の価格は、すべて税抜きです。

問い合わせ先

PHOTO :
戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー)
EDIT :
五十嵐享子(Precious)
EDIT&WRITING :
荒川千佳子