上品さとハンサムさを兼ね備えた、大人の定番カーキコート。今回は、ファッション誌『Precious』から、冬のカーキコートの着こなしを厳選しました。カーキトレンチコートやカーキダウンコートなどを、大人らしく華麗に着こなす参考にしてみてください。

【目次】

冬のカーキコートコーデ


【1】カーキダウンコート×黒ニット×白パンツ

コート(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(ストラスブルゴ〈インコテックス〉)、ピアス・ブレスレット(フレッド)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(ストラスブルゴ〈インコテックス〉)、ピアス・ブレスレット(フレッド)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

スポーティなカーキのダウンコートは、ポケットにあしらわれたフォックスファーと、フード内側のラビットファーで、ラグジュアリーな雰囲気が漂う一着。ウエストの絞りや太もも丈で、もたつかずきれいめに着こなせるのもうれしい限り。

【2】カーキコート×黒ニット×黒パンツ

コート(カオス丸の内〈カオス〉)、ニット(Theory luxe)、デニム(エージー ジャパン)、ピアス・リング(TASAKI)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブラミンク〈ジャコメッティ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(カオス丸の内〈カオス〉)、ニット(Theory luxe)、デニム(エージー ジャパン)、ピアス・リング(TASAKI)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブラミンク〈ジャコメッティ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

色味の違うカーキのコンビネーションが印象的なコート。光沢感のある梳そ毛もう素材を使用しているので、適度な艶があり、ミリタリーとは一線を画す一枚。ビッグポケットやドロップショルダー、ゆったりとした身ごろなど今年らしいシルエットも手伝って、黒のタートルネックニット×ブラックデニムの定番の着こなしがモードにシフト。

冬のカーキトレンチコートコーデ


【1】カーキトレンチコート×グレーニット

コート・ニット・リング・バッグ『トリオンフ』/すべて予定価格(セリーヌ ジャパン) 撮影/CHITO BY:『Precious1月号』小学館、2020年
コート・ニット・リング・バッグ『トリオンフ』/すべて予定価格(セリーヌ ジャパン) 撮影/CHITO BY:『Precious1月号』小学館、2020年

きりりとした細身・端正なカーキのトレンチコートと、ゴールドのクロージャーが華麗なクラス感を添えるグレーバッグが競演。

【2】カーキトレンチコート×黒ニット×白スカート

コート・スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ニット(デミルクス ビームス新宿〈スローン〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ブーツ『マヘサ』(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ニット(デミルクス ビームス新宿〈スローン〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ブーツ『マヘサ』(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ウール素材のトレンチコートをはおって、颯爽とした着こなしに。ドライな色味でハンサムな印象のコートだからこそ、足元は安定感のあるヒールのロングブーツでエレガントに。どこかクラシカルなムードが漂う、スクエアトウのフォルムが、端正な印象をもたらします。

【3】カーキトレンチコート×黒ニット×グリーンパンツ

トレンチコート(バブアー 二子玉川店)、ニット(RHC ロンハーマン〈RHC〉)、パンツ(ブラミンク)、エメラルドグリーン×白のスカーフ(エミリオ・プッチ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
トレンチコート(バブアー 二子玉川店)、ニット(RHC ロンハーマン〈RHC〉)、パンツ(ブラミンク)、エメラルドグリーン×白のスカーフ(エミリオ・プッチ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

カーキのトレンチとオーガニックグリーンのパンツという装いに、エメラルドグリーン×白が鮮やかなスカーフをプラス。グリーン系の柄を加えるのも、華やかなこなれ感を生むテクニックです。

【4】カーキトレンチコート×カーキワンピース

コート・ワンピース・バッグ・ストール(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス・キーチャーム・ネックレス・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート・ワンピース・バッグ・ストール(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス・キーチャーム・ネックレス・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ほのかな光沢とアッシュのニュアンスが潜む、絶妙なオリーブカーキがエレガントなトレンチコート。ストールのブライトイエローと、ティファニーのゴールドのキーチャームネックレスを指し色にして、ゴールド×カーキという新鮮カラーでリッチに盛り上げて。

【5】カーキトレンチコート×ボーダーTシャツ×ライトブルーパンツ

コート・Tシャツ・デニム・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート・Tシャツ・デニム・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ヴィンテージブルーデニムがトレンチのクラシカルなムードにマッチ。スパンコールのボーダー模様Tシャツや真紅のパテントバッグで強い光沢をちりばめて、モダンに仕上げて。

【6】カーキトレンチコート×カーキニット×ベージュスカート

コート(ザ シークレットクロゼット二子玉川〈シクラス〉)、ニット(ウィム ガゼット 青山店)、スカート(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、サングラス(アイヴァン PR)、ネックレス(ドレスアンレーヴ〈253ビジュー〉)、ベルト(エリオポール代官山〈メゾンボワネ〉) 手袋(真下商事〈デンツ〉) バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート(ザ シークレットクロゼット二子玉川〈シクラス〉)、ニット(ウィム ガゼット 青山店)、スカート(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、サングラス(アイヴァン PR)、ネックレス(ドレスアンレーヴ〈253ビジュー〉)、ベルト(エリオポール代官山〈メゾンボワネ〉) 手袋(真下商事〈デンツ〉) バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

目面(めづら)の美しい、なめらかなウールメルトン生地のカーキのトレンチコート。淡いカーキのニットにベージュのスカート、茶系のハンサムシューズと、アースカラーをグラデーションさせた曖昧カラーで、美しく凛とした雰囲気に。

冬のカーキコートコーデの関連記事