洋服の大量廃棄のニュースを耳にしたことはないだろうか?大量生産の背景によって起こる売れ残り商品は、焼却における二酸化炭素の排出の問題だけでなく、その生産過程で使われる化学薬品の使用や、森林伐採、畜産などあらゆる面で環境へ与える影響が計り知れないのである。アパレル業界が目下課題としている『サスティナブル』は、生産者側だけの意識ではなく、日頃から洋服を着る私たち消費者も再認識が必要なのだ。

近年注目されている『サスティナブル』をいち早く取り入れたブランドが、2005年にフランスで設立された「ヴェジャ」だ。「ヴェジャ」のスニーカーに用いられる素材には、フェアトレードのオーガニックコットン、ゴムの木から樹液を採取した天然ゴム、リサイクルペットボトルなどが挙げられる。ただ、それを使ったからといってそこで終わっては意味がない。その上で多くの人たちに受け入れられる機能性やデザイン性、そして、その取り組みへの理解が必要なのである。モダンでシンプルな「ヴェジャ」のスニーカーは、ファッション業界人だけでなく、多くの人にそれを浸透させることが可能な、未来の鍵となるブランドであろう。

大人でも履きやすいシンプルなスニーカー

クロムフリーレザーを使用したスニーカー

スニーカー¥19,000(エンメ〈ヴェジャ〉)
スニーカー¥19,000(シードコーポレーション〈ヴェジャ〉)

革製品の多くに行われるクロム鞣し(※原皮を腐らないようにクロム剤を使用して加工する工程)に変わる鞣し加工によりできたクロムフリーレザーをアッパーに使用したレザースニーカー。従来のクロム鞣しと比較すると、化学薬品の使用だけでなく、水の使用量を約40%、塩の使用量80%を削減可能とした。クロムフリーレザー自体も非常に柔らかい。 

ペットボトルが素材!

スニーカー¥18,000(エンメ〈ヴェジャ〉)
スニーカー¥18,000(シードコーポレーション〈ヴェジャ〉)

「B-Mesh」と呼ばれるリサイクルペットボトルを100%使用したポリエステルを使用したスニーカー。ペットボトル3つ分を使用して作られるスニーカーは軽量なだけでなく、通気性や防水性などの機能面にも長けている。

レトロ顔のスニーカーだってエコ!

スニーカー¥18,000(エンメ〈ヴェジャ〉)
スニーカー¥18,000(シードコーポレーション〈ヴェジャ〉)

オーガニックコットン70%とリサイクルペットボトル30%を素材としてつくられるヘキサメッシュを用いたスニーカー。スエード部分にはヴィーガンスエードを使用。通気性に優れ、コットンキャンバスよりも柔らかいフィット感が特徴的だ。

ファッションにおけるエコが一般的とは言い難いが、転換期を迎えたのかもしれない。環境への取り組みを謳ったアイテムは数多あるが、生産背景が明快でクオリティが高い「ヴェジャ」のスニーカーを選んでみてはどうだろうか。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

シードコーポレーション

TEL:03-6709-966

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊
TAGS: