くすみの原因のひとつであり、いずれはシワへと育っていく大人の毛穴。肌悩みのすべてに関連しているこの毛穴、「たかが毛穴」と侮ってはいけません! では実際に、毛穴対策をして「毛穴レス」な端正美肌を目指すには? そのためにはまず、「洗顔」「化粧水のつけ方」をマスターすることが重要です。毛穴対策の基本ともいえるこのふたつを、さっそく見直してみましょう。

■1:「洗顔」まずは、正しく洗って正しく潤しましょう!

TゾーンからUゾーンまで「角質ケア」を忘れずに

大人の洗顔は 「角質ケア」がポイント

Tゾーン(写真の青線部分)をしっかり洗うクセはついていても、ほかは適当、という人が少なくないのでは? ところが角質が全体にたまりがちな今は、それだけでは不十分なんです。ゴシゴシと擦る必要はありませんが、頬やUゾーンもきちんと意識して洗いましょう。たるみ始めた大人の毛穴は、額は下へ、それ以外の場所は斜め下に向いているので、たっぷりの泡を下から上へ行き渡らせることがポイントです。

■2:「化粧水のつけ方」化粧水は、毛穴の中に押し込むつもりで下から上へ

化粧水は下から上へ

化粧水をつける際は、せっかくなのでたるみ対策も兼ねましょう。コットンでも手のひらでも問題ありませんが、筋肉に刺激を与えるつもりで軽く圧をかけ、毛穴の流れに逆らって下から上につけていきます。こうすることで、肌表面の代謝を促す軽いマッサージ効果も狙えて、まさに一石二鳥。さらに、保湿力重視の夜用と、毛穴を引き締める機能をもつ朝用のふたつを使い分けるのが理想です。

 

以上、すべての毛穴対策の基本ともいえる、「洗顔」「化粧水のつけ方」をご紹介しました。肌年齢を老化させないための基本テクニック、今日からぜひ習慣化していただきたいです。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious7月号』小学館、2015年
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
鈴木 宏
STYLIST :
富岡百合子
HAIR MAKE :
尾花ケイコ
MODEL :
乾 由佳
EDIT&WRITING :
柳田美由紀、下河辺さやこ(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦