ゲランの『アベイユ ロイヤル アクティヴ ローション』

今までも「とろみ系ローション」というものは、数多くあったけれど、重みがあるわりには潤いを感じなかったり、妙な膜感ができてしまったり…。美容液の浸透を妨げるような気もして、好みではありませんでした。でも、今年になって続々と登場した「とろみ系ローション」は予想外!

まるで美容成分をギュギュッと詰め込んだような手応えがありながら、重さなし。肌にのせたとたんシュルッと入っていく浸透のよさは、何度も重ねづけしたくなるほどです。

なかでも、こんなにコクがあるのになじみやすい、シワ消しにいい! と感動したのがゲランの『アベイユ ロイヤル アクティヴ ローション』。

まっさらな肌にこのローションをつけると、もう美容液はいらない?と思えるほどハリの手応えが。肌の内側からジワジワとふくらませてシワの溝が浅くなるよう。さらに、pHバランスを整えて肌を落ち着かせる機能など、繊細な大人肌に寄り添う配慮も大好きな理由です。

 

■表皮細胞DNAのダメージの蓄積は「エイジングサイン」につながる、という点に着目したシリーズ。蜂由来成分がもつ高い治癒効果をエイジングケアに応用し、シワができにくいハリに満ちた、なめらかな肌に変えていく。

 

この記事の執筆者
1961年生まれ。外資系化粧品会社の販売・教育トレーナー・広報PRを経て独立。美容業界30余年、現在は女性誌・テレビ・ラジオにて美容コメンテーター、また企業の研修会や講演会にて、美容・接客・販売の講師も務める。著書に『美しいものを売るために大切なこと』(WAVE出版)がある。 好きなもの:フレディ・マーキュリー(12歳のころから超超激愛、当時から来日時は“追っかけ”してました)、初期の『SEX and the CITY』、中原淳一、オーブリー・ビアズリー、古い日本映画、グスタフ・クリムト、野天風呂、芥川龍之介、アクリル絵の具、百貨店の化粧品売り場、谷崎潤一郎、美容室、矢沢永吉、タイのホアヒン、西伊豆土肥の夕日、冷房の効いた夏の部屋、化粧品、秋と冬、楳図かずお、日本茶
クレジット :
撮影/戸田嘉昭(パイルドライバー) 文/野毛まゆり