美しいボディをキープするためには、良質なたんぱく質を摂取することは大切ということで、肉食を楽しむ女性が増えています。でも、大人ならスマートに楽しみたいですよね。そんなマチュアな世代にぴったりのお店がまたひとつ東京に増えました。

2017年8月25日(金)、西新橋に開店した「YAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.」は、 2015年5月にニューヨーク17番街にオープンした「YAKINIKU FUTAGO NYC」の世界観を体験できるラグジュアリーな焼肉店。

店舗の入り口を入ると、バーカウンターとラウンジスペースがあり、焼肉をいただくお店とは思えない佇い。そこから秘密の入口を通って、店内へ。

店舗デザインのイメージは、古きよき禁酒法時代のアメリカ。

まるで店舗のバックヤードを通るように演出された通路でまず出合うのが、オーナーズビーフのミートセラー。こちらのお店では大きな塊肉を購入し、ミートセラーで最長3か月キープし、好きなタイミングでいただけるサービスを実施。下の写真のものひとつで20人分くらいで、購入者は別の日に訪れた友人に分けてあげることもできます。

熟成度合いなど、自分好みの食べ方を、同じお肉で段階的に楽しむことができます。

メニューにもこだわりが満載。焼肉をメインにしたフュージョン料理で、器のプレゼンテーションや味わい方など、焼肉という概念をくつがえすエンタテイメントなメニューは、コースでいただくのがおすすめです。

「YAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.」のアミューズ

アミューズの「THE garden」では、小石に見立てたトリュフ入りのメンチカツをわっぱの器で提供。蓋を開けた瞬間、目でも香りでの驚きをぜひ体験してほしい一皿。

お肉はなんと宝箱に入って登場!
テーブルに設置されたロースターでお好みで焼いていただくスタイル。こちらはサーロイン。
「YAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.」のデザート。

こちらのデザートの「美味しくてごめんなChai」という名前など、メニュー名にはどうやって読むの? とクイズのように頭をひねってしまうものが並んでいます。もちろん味はいうことなし。

店内のさらに奥には秘密の個室(最大6人での利用)もあり。「常に驚きと感動をもっておもてなししたい」ということからメニューは2か月ごとに変わります。

現在のメニューは、お肉をキープしている方のみがオーダーできる特別コース「Owner’s (オーナーズ)」(¥6,000)のほか、アミューズからサラダ、シメの冷麺「-196℃冷麺」にデザートまでのコース「Union Square (ユニオンスクエア)」 (¥7,000)、「Chelsea (チェルシー)」 (¥10,000)のほか、アラカルトでもオーダーできます。

ドレスアップして訪れたい、新感覚の焼肉店の登場です。

問い合わせ先

  • YAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.  TEL:03-6550-8725 ※完全予約制
  • 営業時間/17:00~24:00、金・祝前日17:00~27:00
  • メニュー/コース¥7,000、¥10,000、オーナーズビーフ専用コース¥6,000
  • 住所/東京都港区新橋2‐11-10 HULIC &New SHINBASHI 2F

※価格はすべて税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子
EDIT :
安念美和子