身につけるだけで知的で気品のあるオーラで包んでくれる絶妙カラー、「グレージュ」。「グレー」と「ベージュ」の「いいところ」を受け継いでいるこのベーシックカラーは、大人の女性をいちばん美しく見せてくれる色でもあります。Preicious.jpでは、過去の雑誌『Precious』掲載記事を振り返りながら、「グレージュ」の魅力をシリーズでお届けしています。今回は、カシミヤやファーといった、これからの季節ならではの極上素材による「グレージュ」にフォーカス。幸福な着心地と、美しい質感が魅力の6スタイルをご紹介します。

極上の冬、「グレージュ」に包まれる幸せ

冬は、カシミヤやファーといった極上素材をまとう季節。そのため、ニュアンスカラーの魅力がさらに高まる季節でもあります。幸福な着心地と、美しい質感に癒やされる、極上の冬素材に包まれて、ひときわ魅力を増す冬の「グレージュ」。ニュアンスを重ねる楽しさも、心を豊かにしてくれるのです。

■1:カシミヤとファー。 上質な冬素材を重ねて、豊かなグレージュを楽しむ

ダブルフェースカシミヤのマント風コート・カシミヤシルクのニット(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ファーストール(マックスマーラ ジャパン〈エス マックスマーラ〉)、パンツ(マックスマーラ ジャパン〈スポーツマックス〉)

サンドベージュのマント風カシミヤコートで冬の海へ。胸元には、グレイッシュなふわふわのファーストールを。温もりをくれる上質な冬素材だからこそ、幸福感あふれるグレージュの世界が堪能できるのです。

■2:グレーのニュアンスを生かした、青みグレージュの男前なグラデーション 

ウールキャメル混のカーディガン(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ワンダナイロン〉)、帽子(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー バイ ケイコササキ〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル プレスルーム〈Amb〉)

青みの強いグレージュは、都会的で知的なイメージ。ほんのり淡色重ねにメリハリをつけるため、ハンサム小物や、ロング&リーンのシルエットを取り入れましょう。

■3:ほっこりアルパカニットにパールとファーの艶を添えて、異素材ミックスを丁寧に…

ファーショール(ヴァルカナイズ・ロンドン〈カール ドノヒュー〉)、ビジュー付きニット(コロネット〈エルマンノ シェルヴィーノ〉)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)

色の微差を効果的に際立たせるのは、質感の違い。アイテムひとつひとつを、丁寧に選びましょう。暖かなアルパカニットは、ゆるっとした編み目にパールをあしらった大人カジュアルの主役。そこにあしらうファーは、カーキグレーのケープ状ショールで、小さめに、軽やかに…がポイントです。パンツの白で、ニュアンスカラーをクリアに仕上げます。

■4:心惹かれる小物使いも、グレージュなら洗練された大人仕様に! 

シルクストール・バックパック・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブーツ(三崎商事〈マロ〉)、ニット/私物

大好きな本を持って週末旅へ…そんな知的な大人のカジュアルには、上品なインパクトのあるグレージュ小物が欠かせません。気になっていたリュックは、グレージュ&ファーなら羨望の的に。ふわふわの手触りとやわらかな色が、安らぎと幸福感を運んでくれます。大判ストールも、サンドベージュとモカベージュのリバーシブルで、深みをプラス。黄みグレージュを重ねたら、ムートンブーツの青みグレージュで表情を引き締めます。

■5:レザーの美しさを引き出す、「エトゥープ」という洗練グレージュ 

ラムスキンとツイルレーヌニットの手袋・ニットキャップとネックウォー マーのセット(エルメスジ ャポン)、ニット/私物

エルメスならではのニュアンスカラーが人気の「エトゥープ」。黄みと青みのバランスが絶妙なこっくりとしたグレージュで、レザーのしなやかさ、上質感を伝えてくれる色です。そのため、手袋に小さく差すだけでも、圧倒的な洗練が! どんな色とも相性がいいのも美点のひとつですが、贅沢なオフホワイトとの組み合わせには、とろけるような優しさがかないます。

■6:ラグジュアリーな冬のレイヤードスタイルを、グレージュが成功に導く!

ムートンのリバーシブルジャケット・フォックスファーをトリミングしたフード付きカシミヤニットジレ・カシミヤニット・パンツ(ロロ・ピアーナ ジャパン)

極上のカシミヤニットに、ふっくらと毛並みが整った美しいファー。ミラノマダムを思わせる迫力のレイヤードスタイルは、素材のニュアンスを損なわないグレージュで、さりげなく重ねるのが洗練の極みです。あえてスポーティなディテールで、みずみずしい感性をまとって。 

 

以上、カシミヤやファーといった、冬ならではの極上素材による「グレージュ」の6つの着こなし例をご紹介しました。ニュアンスカラーの魅力がさらに高まるこれからの季節に向けて、幸福な着心地と、美しい質感に癒やされる、極上の冬素材をコーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか。

PHOTO :
浅井佳代子
STYLIST :
大西真理子
HAIR MAKE :
Tomo Tamura(Perle)、三澤公幸(3rd)
MODEL :
立野リカ(Precious専属)
EDIT&WRITING :
藤田由美
RECONSTRUCT :
難波寛彦