まとうだけで洗練された着こなしへと導いてくれると人気の「グレージュ」。その魅力を、Precious.jpでは、過去の雑誌『Precious』掲載記事を振り返りながらシリーズでお届けしています。今回ご紹介するのは、流行色を取り入れた、新しいグレージュの着こなし。女性らしさと大人っぽさを併せもつ「スモーキーピンク」のアイテムを使った、6つの着こなしに注目です!

グレージュ×スモーキーピンクの「甘さが残る大人グラデーション」を極めて

女性らしさと大人っぽさの両方を併せもつ、「スモーキーピンク」。落ち着きのある表情豊かな色調は、「グレージュ」に自然と溶け込み、さらに奥行きのある着こなしを生み出します。少しくすみがかった「ピンク」から、上品な「グレージュ」への色の変化はなんともリッチ。決して甘くなりすぎず、華やかさも演出してくれる最強の配色コンビを試さない手はありません!

■1:上質なカシミアでつくるグレージュ×ピンクの贅沢グラデーション

コート・カーディガン・カットソー(ブルネロ クチネリ ジャパン)、パンツ(キートン)、時計・リング・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店)

グレージュ〜ピンクをカシミア素材でつないだリッチな配色。メンズライクなテーラードコートに女性らしい軽やかさをプラスするのは、ツイード調のピンクボトム! ひざ下がフレアになっているので、足さばきもよく、優雅な佇いをかなえてくれるのです。

■2:ピンクトーンの繊細なレイヤードで、品格のあるスタイルに

ロングカーディガン(クルチアーニ 銀座店)、ブラウス(三喜商事〈イレブンティ〉)、スカート(ブランドニュース〈ハクジ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)

マットなピンクに品が漂う、ハイウエストのタイトスカートによる着こなし。カシミア×ウールのロングニットや、シルクブラウスのような少し赤みのあるグレージュなら、ピンクとも違和感のない繊細なグラデーションが可能になります。淡いトーンで膨張して見えないよう、辛口なワンハンドルのレザーバッグで上品に引き締めましょう。

■3:硬派なグレージュを携えて、淡いピンクニットの甘さを楽しむ

ニット(三喜商事〈イレブンティ〉)、ワンピース(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ストール(三崎商事〈マロ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店)

モヘア×シルクの混紡糸を使用したふんわりピンクニットを、品のよいウール素材のワンピースに重ねたレイヤード術。フェミニンな印象が強いピンクニットですが、よりダークなグレージュ小物を選ぶことで辛口な印象に。透け感のある極薄のベージュストールが、ピンクとグレーのつなぎ役として活躍してくれます。

■4:カジュアルなのに上品!ムートンファーの繊細グラデーション

ファージャケット(キートン)、ニット(三喜商事〈イレブンティ〉)、パンツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、リング、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店)

長い毛足を生かし、丁寧に染色されたベージュ系ピンクが美しい、贅沢なムートンファージャケットをラフにはおって。そこに合わせるメタリックバッグは、迫力のファーにも負けないアクセントとなります。

■5:一枚でも華やか!異素材ファーの重なりに幸福感を漂わせる

ニット(三喜商事〈アニオナ〉)、パンツ(キートン)、バッグ(トリー バーチ ジャパン)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店)

ウール×カシミア×フォックスファーの贅沢素材が織りなす、絶妙なグレージュ・グラデーションニットを主役に。華やかなファーがメインなので、他のアイテムは同じトーンで統一しましょう。ライトなピンクベージュボトム、グレージュのレザーバッグを合わせることで落ち着きのある配色となり、素材の豊かな表情を楽しめるのもグレージュならではの醍醐味です。

■6:クールなコートスタイルにエレガンスを宿す、可憐なピンクベージュ 

コート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ニット、パンツ(Theory)、バッグ、靴(JIMMY CHOO)

ウール×アルパカ素材のひざ丈コートに、ヒールも隠れるほどのロングボトムを合わせたロング&リーンな着こなし。落ち着きのあるベーシックな色調には、やや大きめサイズのピンクベージュのバッグで女性らしさを強調!メンズライクなコートに、縦のラインを意識したIラインと、どこかに辛口要素をプラスしましょう。これにより、あいまいなグレージュを、キレ味よく着こなすことができるのです。

 

今回ご紹介したのは、女性らしさと大人っぽさの両方を併せもつ、「スモーキーピンク」を取り入れたグレージュの着こなし。ピンクからグレージュという、上品な色の変化によるグラデーションは、なんともリッチ! 甘くなりすぎず、華やかさも演出してくれる最強の配色コンビなのです。

PHOTO :
水田 学(NOSTY)
STYLIST :
大西真理子
HAIR MAKE :
川原文洋(UM)、重見幸江(gem)
MODEL :
生方ななえ、内海誓子
COOPERATION :
Nicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Store
EDIT :
廣田沙羅(HATSU)
RECONSTRUCT :
難波寛彦