2021年、働く大人の私を語る「バッグイン小物」理想形|【外資系メーカー広報部長】

最新『Precious』1月号で、「2021年、働く大人の私を語る『バッグイン小物』理想形」と題した特集を展開しています。

年の初めに見直すことの多い、バッグの中身。キャッシュレスやペーパーレス、さらには生活の変化で、お財布やポーチの選びが以前と変わることも増えています。2020-21年の今ならではの、バックに入れて携帯するのに理想的な小物について、6人の働く女性のスタイルからイメージして、ご紹介しています。

その特集の中から、今回ピックアップするのは、「外資系メーカー広報部長」が持っていそうなイメージの小物たちをご紹介します。

部下から「素敵!」の声が上がる小物たち

会社を代表して、社内外の方とお会いするから、すべてに大人のエレガンスを伝えるものを厳選。上質のレザーアイテムなら信頼も厚くどんなときも心強い。出すぎることなく、きちんと見えるようカラートーンもクリーンに。

小物_1,バッグ_1,財布_1,サングラス_1
1. 三つ折り財布『30 MONTAIGNE』[縦7.5×横9.5×マチ3.5cm]¥69,000(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)、2. 長財布『エッセンシャルズ』[縦10×横19×マチ2.5cm]¥83,000(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉)、3. 櫛¥9,000(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)、4. カードホルダーネックレス[縦7.1×横10×マチ0.3㎝]¥39,000(ロエベ ジャパン)、5. 財布『コンスタンス』[縦10×横12.5×マチ3cm]¥310,000(エルメスジャポン)、6. サングラス¥42,000/参考価格(トッズ・ジャパン)

1. Dior(ディオール)の三つ折り財布『30 MONTAIGNE』

財布はミニタイプとロングウォレットをシーンに合わせて使い分け。ミニタイプは、外付けの小銭入れと札入れに機能を絞った三つ折りを。繊細でエレガントなカーフスキンの「マイクロ カナージュ」が、ミニ財布を使う場の華やかな気分を高める。

2. Celine(セリーヌ)の長財布『エッセンシャルズ』

メインの長財布は、12か所のカードポケットに両面札入れ、広い小銭入れと充実の機能を備えたジップアラウンド。シルバーのグレインドカーフスキンはキズなどが目立ちにくく優秀。

3. OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)の櫛

コームもバッグにしのばせ、急な取材などにも慌てず対応。

4. LOEWE(ロエベ)のカードホルダーネックレス

洗練デザインが部下からも好評の社員証入れ。シックな配色、手なじみのいいレザーに「ロエベ」らしさを感じて。

5. HERMES(エルメス)の財布『コンスタンス』

職業柄、上質で美しいプロダクトに関心が高く、つくり手の技と心意気には人一倍に敏感。細部にまで行き届く仕上がりに惚れ込み、ウォレットをオンタイムのさまざまな小物入れとして活用。

バッグ_2
【CLOSE UP!】名刺入れや大切な小さな物入れになるカードケースが内部に! 付属ベルトを使いウエストポーチにすることも。

6. TOD'S(トッズ)のサングラス

車通勤の必需品。

バッグはこちら!

バッグ_3
白カーフが贅沢な大ぶりトート。バッグ『セレリアFFトート ミディアム』[縦28×横38×マチ13cm]¥333,000(フェンディ ジャパン)

※掲載された商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
唐澤光也(RED POINT)
STYLIST :
小倉真希
EDIT&WRITING :
長瀬裕起子、古里典子(Precious)