今年発売のラグジュアリーウォッチから、40~50代にふさわしい逸品をカテゴリーごとに選出する「Precious Watch Award」。今回で3年目を迎えます。今年も高い審美眼をもつ8人のプロフェッショナルが、華やかに出そろったニューモデルのすべてを吟味し最高の一本を決定しました。

最新『Precious』1月号では「Precious Watch Award」を総力特集。この記事では、その中からジェンダーレスウォッチ賞を受賞した、オーデマ ピゲ「リマスター01 オーデマ ピゲ クロノグラフ」をご紹介します。

並木浩一さん
腕時計ジャーナリスト、桐蔭横浜大学教授
(なみき こういち)1990年代より、スイスの時計フェア・S.I.H.H.(ジュネーブサロン)、バーゼルワールドほかを取材・研究し続けている日本の腕時計ジャーナリストの草分け。著書に、『腕時計一生もの』(光文社新書)、『腕時計のこだわり』(ソフトバンク新書)などがある。
安藤優子さん
フリーキャスター
(あんどう ゆうこ)長く報道に携わるキャスターの第一人者。仕事柄、手元が目立つため、多くの時計を所持し使い分けている。特に大物へのインタビューや格式あるパーティでは、相手に敬意を示せるよう品格を備えた時計選びに心を砕く。時計界の動向にも関心が高い。
岡村佳代さん
ジュエリー&ウォッチジャーナリスト
(おかむら かよ)スイスの時計フェアの取材歴は日本屈指のキャリアを誇り、女性に機械式時計の魅力を啓蒙した第一人者として知られている。マニアックになりすぎないわかりやすい筆致で、女性誌、男性誌、専門誌から新聞まで、幅広い媒体で執筆活動を展開。

20年ほど前から徐々に浸透していった「女性があえてメンズウォッチをつけることがクール」というスタイル。その風潮は年々醸成され、近年ではメンズ、レディスのボーダーを取り払ったジェンダーレスなモデルがすっかり定着してきました。

そんな今のムードを如実に映すこの部門を制したのは、名門オーデマ ピゲが伝説のクロノグラフに現代的解釈を加えた「リマスター01 オーデマ ピゲ クロノグラフ」。確立された「名品」は不朽ということを再認識させてくれる一本です。

「1940年代の名品を『復刻』ではなく『リマスター』した、かなり高度なおしゃれ番長的クロノグラフは、男性からの視線を釘づけにすること請け合いです」(並木浩一さん)

時計_1,高級時計_1
「リマスター01 オーデマ ピゲ クロノグラフ」¥5,550,000 ●ケース:SS×PG ●ケース径:40mm ●ストラップ:カーフスキン ●自動巻き(オーデマ ピゲ)※世界限定500本、アリゲーターの替えストラップ付き、ブティック限定発売

1943年、わずか3本のみ製作され、語り継がれてきた幻のクロノグラフ「Ref.1533」。ロゴやフォントをはじめ、印象的なオリジナルデザインの主要部分は忠実に受け継ぎながら、ケースサイズはアップさせ、レトロモダンで洗練された雰囲気を構築。

この40mmというケースは、女性がつけると、手首を華奢に見せてくれるマジックを発揮する。

時計_2,高級時計_2
まるで「経年美化」を果たしたようなゴールドの文字盤に、オリジナルモデルのヴィンテージクロノグラフのデザインコードが際立つダイヤル。
時計_3,高級時計_3
搭載されているのは、自社製ムーブメント「キャリバー 4409」。ゴールドのローターには、美しい「クル・ド・パリ」装飾が施されて。
時計_4,高級時計_4
ふくよかなケースサイドも懐かしい雰囲気。

「クロノグラフ好きにはたまらないトラディショナルなデザインは、レトロ感が逆に新しい。パートナーとシェアするのも素敵」(安藤優子さん)

「時計好事家の男性たちからも非常に高い評価を得た、2020年を代表するクロノグラフ。実際につけましたが、女性でも違和感なくなじむサイズ感で、本当に欲しくなりました」(岡村佳代さん)

※掲載した商品は、税抜です。

※文中の表記は、PG=ピンクゴールド、SS=ステンレススチールを表します。

問い合わせ先

オーデマ ピゲ ジャパン 

TEL:03-6830-0000

PHOTO :
戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー)
STYLIST :
関口真実
COOPERATION :
安里昌悟
EDIT&WRITING :
岡村佳代、長瀬裕起子、中村絵里子(Precious)