ニューヨークのティファニー本店

15年ぶりとなる新作フレグランスが発売に!

2017年10月18日(水)、「ティファニー」から15年ぶりとなる新作フレグランス「ティファニー オードパルファム」が登場します。香りはもちろん、ボトルやパッケージにまでたっぷりとブランドの世界観が踏襲された、新フレグランスの魅力に迫ります。

ティファニー オードパルファム 30ml ¥8,500・50ml ¥12,000・75ml ¥15,000(すべて税抜) 2017年10月18日(水)発売

力強くも女性らしい、大人に似合う香り

トップノートのグリーンマンダリンに続き、ミドルノートに現れるのは、「アイリスフラワー」。19世紀以降、ティファニーがジュエリーに頻繁に取り入れてきたこの花をメインの香りに採用しています。アイリスの香りを加えることで、力強くも女性らしく、そして上品な印象に仕上げています。

このアイリスフラワーとティファニーの結びつきは強く、ブランド創設初期のジュエリーのスケッチにも見て取ることができるほど。そして、1900年のパリ万博にてグランプリを受賞したのが「アイリス ブローチ」です。

ウッディーになりがちなアイリスの香りを独自の蒸留法で抽出。調香を手がけたダニエラ・アンドリエにより、透明感があり弾けるようなフローラルムスク調に仕上げています。ラストには、パチョリをムスクの香りが包み込み、肌に優しく寄り添います。

ティファニーに貯蔵されているアイリスのイラスト

ボトルデザインにも「ティファニー」の世界観を踏襲

ジュエリーのようにきらめくボトルデザインは、ティファニーのアイコニックなダイヤモンドカットから着想を得ています。ボトル底部分には、128.54カラットの「ティファニー ダイヤモンド」を連想させるファセットカットをデザイン。

128.54カラットの「ティファニー ダイヤモンド」

 幾何学的なショルダーラインには、「ルシダ」と呼ばれるティファニーオリジナルのカットを施したダイヤモンドエンゲージメントリングのデザインを反映しています。また、キャップの内側にあしらわれたメタルプレートには、ティファニーのロゴ「Tiffany & Co.」が刻印されるなど、一見シンプルに見えながらも細部にいたるまでこだわりが凝縮されています。ジュエリー同様に、ブランドを象徴するブルー ボックスに収められたその佇いにも洗練が漂います。

ティファニー オードパルファム

そして、「ティファニー オードパルファム」の世界観を楽しめるショートムービーも公開中。
 

気温と湿度の下がる秋〜冬は、フレグランスの美しい香り立ちを堪能できる季節。新調したジャケットやコートの内側にそっと香りを忍ばせて、颯爽とお出かけしてみるのはいかがでしょうか。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
八木由希乃