今やビジネスにパソコンは必須。大人の働く女性も、ノートパソコンを持ち歩くシーンが多くなりました。その際に問題なのが、重さ。大きめのレザートートに荷物と一緒に入れたり、パソコンバッグと2個持ちしたり、選択肢はいろいろありますが、なんといっても楽ちんなのはバックパック(リュックサック)。両手が自由になる便利さを知ると、なかなか手放せなくなります。

この数年は、ビジネスシーンでもバックパックを持つ人が増えているものの、問題は大人の女性が持つには、カジュアルすぎるものが多いということ。ハイブランドのバックパックをリサーチしてみたところ、レディース向けのものは、ほとんどパソコンが入りません。

ルイ・ヴィトン、プラダ、サンローラン、ヴァレンティノのメンズで見つけたおすすめバックパック

そこで見つけたのが、ハイブランドのメンズ向けバックパックです。女性も持ちやすいユニセックスなデザイン、かつパソコンが入って機能的。そんなメンズのリュックサックを4ブランドから厳選! 実際に13.3インチの薄型パソコンを入れてみました。

■1:ルイ・ヴィトン
ダミエ・パターンのエンボスレザーのすっきりデザインが魅力!

オールブラックなのに、個性が際立つルイ・ヴィトン

レザーにエンボス加工でダミエ・パターンを施した、ダミエ・アンフィニレザーを使用したバックパック。上に向かって薄くなる台形のマチ使いで、見た目の圧迫感がなく、すっきり持つことができます。

背中まで抜かりなく美しいデザイン

肩にやわらかくフィットするレザーストラップは、長さの調節が可能。背中部分には「V」マークが隠れています。

パソコンの角があたらないぴったりサイズ

内側のポケットには、iPadや13.3インチのパソコンもすっきり収まります。

アヴェニュー・バックパック¥294,000
[幅×高さ×マチ]31×38×21cm
[カラー展開]黒、グレー、ダークグレー、青、オレンジ

問い合わせ先

■2:プラダ
進化し続けるナイロンバックパックの先駆け!

愛され続けるナイロンバックパックの完成形!

時代に合わせて進化し続けている、定番のナイロンバックパック。部分使いした「サフィアーノ」カーフやロゴがエンボスされたネームタグがエレガント。シンプルなのに洗練されつくしたデザインは、進化の証です。

デザインのアクセントになるネームタグも付属

背中の蒸れを防ぐメッシュ使いに、パッド入りで使い心地は抜群。出し入れしやすいサイドポケット付き。

フラップ構造は雨の日も内側に水が入りにくい(防水ではありません)

開けやすい金具の内側はドローストリングで開閉。内側のポケットはふたつあります。

バックパック¥146,000(予定価格)
[幅×高さ×マチ]27×45×17cm
[カラー展開]黒のみ

問い合わせ先

■3:サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ
スナップボタンのアクセントで軽快に

シルバーのスナップボタンが利いています

光沢レザーでエレガントに、すっきりしたデザインで軽やかに持てるレザーバックパック。外側のミリタリーポケットがアクセントになっています。

クッション入りのストラップ

細めのストラップは女性の肩にもフィット。背中はナイロン仕様で、イヤホンを通す穴も開いています。

ポケットの多さも魅力です

パソコンが入るほか、モバイル用ポケットも。キークリップ付き。

シティ ミリタリー バックパック¥165,000
[幅×高さ×マチ]31×41×22cm
[カラー展開]黒のみ

問い合わせ先

デザイン性のあるポケットで収納力アップ

太めのファスナーやフラップポケット、ミリタリーポケット、スタッズなど、遊びを利かせたリュックサック。コーディネートの辛口なアクセントにも。

スタッズ使いはヴァレンティノ ガラヴァーニならでは

背中もストラップも潔くオールレザー。ストラップのスタッズがポイント。

パソコンと書類、ポーチなどの私物、と入れ場所を分けられる

ふたつに分かれたメイン収納で、物が探しやすい設計に。パソコンはポケットに収納可能。

バックパック¥321,000
[幅×高さ×マチ]33×41×21cm
[カラー展開]黒のみ

問い合わせ先

パソコンが入るサイズのバックパックという条件で、こんなにいろいろなタイプを発見することができました。それぞれデジタル機器の持ち運びを意識し、機能性にもこだわっているのは、メンズならではの利点。ユニセックスなデザインのものなら、パートナーと共有することも可能です。クリスマスのプレゼントに贈って、自分も使わせていただくという手も…!?

※掲載した商品はすべて税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
小川久志
EDIT&WRITING :
安念美和子