時計&ジュエリーブランドが年に一度、新作を大々的に発表する、時計の世界的な祭典S.I.H.H.(ジュネーブサロン)とバーゼルワールド。現地取材から見えてきた2017年の女性向けウォッチのトレンドは「ムーンフェイズ機能搭載」「暖色ならピンクやレッド」「寒色ならブルー、ブラウン」「ダイヤモンドぎっしり」「二重、三重巻きのストラップ」の5つの傾向でした。各キーワードごとに、現地でキャッチしたウォッチメーカーの新作をお見せしてゆきます。

■1:詩的なディテールが女心をくすぐる、「ムーンフェイズ」搭載のジュエリーウォッチ

月の満ち欠けを知ることができる月齢表示、「ムーンフェイズ」を搭載したジュエリーウォッチをまずご紹介します。「ムーンフェイズ」とは「実際の月の満ち欠け・周期を、三日月、半月などの月の形でわかりやすく文字盤上に再現した機能」のこと。

この数年間、「女性好みの複雑機能」として増えつつあったムーンフェイズですが、2017年はマニュファクチュールからジュエラーまで、多くのブランドが月齢表示を備えた新作を発表! これまでは「ムーンフェイズといえば機械式ムーブメント」というイメージがありましたが、クオーツモデルでも見受けられるようになっています。身構えず楽しめるムーンフェーズ時計の選択肢が、ぐんと広がりました。

■1-1:縦長レクタンギュラーケースの小さなムーンフェイズ

『HW アヴェニューC ミニ・ムーンフェイズ』¥2,350,000(ハリー・ウィンストン) ケース:WG、ケースサイズ:縦32.3×横15.6mm、ストラップ:アリゲーター、ムーブメント:クオーツ ※10月発売予定

アイコンコレクション『HW アヴェニュー』のなかでも、小ぶりな縦長レクタンギュラー形ケースがエレガントな『HW アヴェニューCミニ』。初めてとなるムーンフェイズは、至高のダイヤモンドの輝きと呼応し、このうえなく優美な表情を見せています。

問い合わせ先

■1-2:ダイヤモンドに囲まれた愛らしいムーンフェイズ

『ヴィルレ デイトムーンフェイズ』¥1,630,000(ブランパン) ケース:SS、ケース径:29.2mm、ストラップ:アリゲーター、ムーブメント:自動巻き このミッドナイトブルーを含む、全5種類の替えストラップ付き

スイスの名門ウォッチブランドのなかでも、ひときわ長い歴史を誇るブランパン。ムーンフェイズやセンター表示のカレンダーによってロマンティックな雰囲気をまといながら、搭載しているのは新開発の自動巻きムーブメントという、本格的な機械式時計です。

問い合わせ先

■1-3:美しい紺色の文字盤に、きらりと輝く月光

『モンブラン ボエム パーペチュアルカレンダー ジュエリー リミテッドエディション 88』¥2,634,000(モンブラン) ケース:WG、ケース径:36mm、ストラップ:アリゲーター、ムーブメント:自動巻き ※世界限定88本

うるう年の調整も不要なパーペチュアルカレンダーという機能を搭載した、ハイコンプリケーションウォッチながら、ダイヤルのアヴェンチュリンの輝きによって、女性らしく艶やかな表情に。

問い合わせ先

以上、月の満ち欠けを腕元で知ることができるという、ロマンチックな仕掛けが魅力のムーンフェイズの時計3本をご紹介しました。小さな夜空に浮かぶ月が、優美なデザインとともに、忙しい毎日にささやかな癒しを与えてくれそうです。


■2:シックな装いに大胆なインパクトを加えるなら「ピンク&レッド」の時計を

パリやミラノで発表されるモードの世界と同様、ラグジュアリーウォッチにもその年のトレンドカラーが存在します。2017年のレディスウォッチにおけるトレンドカラーは、その色味に限りなく近い濃厚なピンクと、鮮やかな赤。それも、本格時計ブランドの端正な機械式時計における、あえてのピンク&レッドというのが、口紅だけ、あるいはネイルにだけ赤を差すような媚びない色気を感じさせます。ちなみに2017年秋冬の流行色のひとつも、「リップスティックレッド」といわれています。レザーストラップに、文字盤に、数字部分に大胆なカラーリングが施された、本格時計ブランドによる端正な機械式時計を4本、ご紹介します。

■2-1:ストラップの鮮やかなピンクが、さりげなくインデックスにもあしらわれて

『クイーン・オブ・ネイプルズ ミニ 8928』予価 ¥3,910,000 (ブレゲ) ケース:WG、ケースサイズ:縦33×横24.95mm、ストラップ:アリゲーター、ムーブメント:自動巻き ※今夏以降発売予定(ブレゲブティック銀座)

ブレゲを象徴する卵形フォルムのジュエリーウォッチ。新しくアラビア数字になったインデックスの影部分にも、アリゲーターストラップと同じピンクの色をリフレインして使うことで、奥行き感と色っぽいニュアンスが生まれています。

問い合わせ先

■2-2:ピンクのグラデーションが美しい、極薄時計の60周年記念限定モデル

『アルティプラノ』¥2,850,000 (ピアジェ) ケース:WG、ケース径:34mm、ストラップ:アリゲーター、ムーブメント:手巻き ※世界限定360本(ピアジェ コンタクトセンター)

極薄時計の名品『アルティプラノ』の誕生60周年を記念する限定コレクションです。自慢の極薄ムーブメントを搭載した「6.3mmという薄さ」のケースが、身につけた女性の手元を華奢に見せ、エレガントに彩ります。ダイヤルのピンクのグラデーションの美しさも絶品!

問い合わせ先

■2-3:青とゴールドのムーンフェイズと、赤いストラップの甘美な出逢い

『マスター・ウルトラスリム・ムーン』¥2,225,000(ジャガー・ルクルト) ケース:PG、ケース径:34mm、ストラップ:アリゲーター 、ムーブメント:自動巻き(ジャガー・ルクルト)

月の満ち欠けを表現する複雑機能、「ムーンフェイズ」を搭載した『マスター・ウルトラスリム・ムーン』に、ケース径34mmという待望のレディスサイズが登場! 艶やかでいながら、どこかシックなレッドのアリゲーターストラップと、ムーンフェイズ表示を抱くダイヤルとのコントラストが、さりげないリッチ感を印象づけています。

問い合わせ先

■2-4:ストラップと文字盤を彩る、炎のようにエモーショナルな鮮烈レッド

『エリート レディ ムーンフェイズ』¥810,000(ゼニス)ケース:SS、ケース径:33mm、トラップ:アリゲーター、ムーブメント:自動巻き(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)

文字盤やストラップだけでなく、ムーンフェイズまでも真紅に。炎のようにエモーショナルな表情をたたえた腕時計です。裏返すと、裏蓋はガラス状のシースルーバックになっており、ゼニスの誇る薄型ムーブメント「エリート」の美しい鼓動を愛でることができます。

問い合わせ先

以上、大胆なカラーリングが印象的な、本格時計ブランドによる「ピンク&レッド」の機械式時計を4本、お見せしました。女性らしい色気を感じさせつつ、装いのアクセントにもなる。肌見せ感の多いドレスや、シックな黒の装いの際のワンポイントとして、活躍してくれそうです。


■3:カジュアルリッチに、こなれて見せられる「ブルー&ブラウン」のスポーティウォッチ

華やかなピンク&レッドが台頭する一方で、再び注目を集めたのがブルー&ブラウン。スポーティーなデザインが、「ブルー&ブラウン」というシックなカラーに身を包むことで、カジュアルでありながらも、高級感ある雰囲気に仕上げられています。オンでもオフでも着こなしの「外し役」となり、大人のこなれ感を演出してくれる4本をご紹介します。

■3-1:ダイヤルにも「ベルベット」を用いて表現した、絶妙なニュアンスブルー

『ビッグ・バン ワンクリック イタリア インディペンデント ダークブルーベルベット』予価 ¥2,110,000(ウブロ) ケース:ブラックセラミック、ケース径:39mm、ストラップ:ベルベット×ラバー、ムーブメント:自動巻き ※世界限定100本(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ)

ニュアンスのあるブルーを実現したのは、ストラップ、そしてダイヤルの素材としては珍しいベルベット。意外かつ大胆な、ウブロらしい素材使いの妙が光ります。

問い合わせ先

■3-2:静謐なブルーを引き立てる、リッチな涼感のダイヤモンド

『ギャラクティック 32 スリーク エディション』¥935,000(ブライトリング) ケース:SS、ケース径:32mm、ブレスレット:SS、ムーブメント:クオーツ (ブライトリング・ジャパン)

ブライトリング=タフ、という既成概念を覆す、32mm径の小顔ケースがエレガント。インデックスやベゼルのダイヤモンドと、ブルーの文字盤とが、互いを引き立て合うように輝き、手元にリッチな涼感を添えて。

問い合わせ先

■3-3:光の角度により表情を変える、マザー・オブ・パールで表現された美しいブラウン

『マネロ ペリフェラル』予価 ¥1,200,000(カール F. ブヘラ) ケース:SS、ケース径:40.6mm、ストラップ:アリゲーター、ムーブメント:自動巻き ※今秋発売予定(ブヘラジャパン)

来年創業130年を迎える由緒正しいスイスブランド、カール F. ブヘラ。ブラウンの文字盤はマザー・オブ・パール素材で、光の角度によって変わる表情が美しい。一見シンプルながら自慢の自社製ムーブメントを内包する本格派の一本。

問い合わせ先

■3-4:ブランドを代表するモデルを、ブラウンのカラーリングにより大人の表情へ

『モナコ レディ ダイヤモンド』予価 ¥245,000(タグ・ホイヤー) ケース:SS、ケースサイズ:縦37×横37mm、ストラップ:カーフ、ムーブメント:クオーツ(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー)

タグ・ホイヤーを代表するラグジュアリー・スポーティーウォッチのレディースモデル。やや大ぶりなケースのカジュアル感をシックなカラーリングが中和し、大人の表情に。

問い合わせ先

以上、「ブルー&ブラウン」のカラーリングにより、スポーティーな印象のデザインの時計も、大人にふさわしい一本となっていることがおわかりいただけたのではないでしょうか? オンオフどちらにも対応できる万能カラーで、着こなしの幅がさらに広がること請け合いです。


■4:シンプルなお仕事スタイルの外し技に使いたい「二重、三重巻きストラップ」時計

二重、三重巻きで楽しむファッショナブルなストラップの時計。エルメスが二重ストラップの「ドゥブルトゥール」を発表して約20年間が経過した2017年、大きなトレンドとして再び注目を集めています。それぞれのブランドがもち味を生かした素材や色で個性を主張。シャツやワンピ―すなどの手元が目立つ装いの日のハズし技として、活躍してくれること間違いなしのデザインです。

■4-1:エルメスらしさを感じる、上質なカーフの「ドゥブルトゥール」ストラップ

『ナンタケット』¥283,000(エルメス) ケース:SS、ケースサイズ:縦23×横17mm、ストラップ:カーフ、ムーブメント:クオーツ(エルメスジャポン)

ステンレススチールのケース×二重巻きストラップ「ドゥブルトゥール」のモデル。エルメスらしい、ナチュラルカラーのバレニアカーフにホワイトのステッチが効いた「ドゥブルトゥール」ストラップが、大人のカジュアルスタイルをリッチに彩ります。

問い合わせ先

■4-2:アイコンの「ウェブ ストライプ」が映える、三重巻きのトリプルループストラップ

『G‐フレーム』¥100,000(グッチ) ケース:SS、ケースサイズ:縦25×横14mm、ストラップ:ナイロン×レザー、ムーブメント:クオーツ(ラグジュアリー・タイムピーシズ ジャパン〈グッチ〉)

これまでより小ぶりになったレクタンギュラーケースに、グッチのアイコンである「ウェブ ストライプ」のストラップとリンクさせたダイヤル。三重巻きのトリプルループストラップとの相乗効果で、手元から大人のニュアンスマリンを盛り上げて。

問い合わせ先

■4-3:ビビッドカラーが新鮮! まるでリボンのようなダブルストラップ

『ラ ミニ デ ドゥ ディオール』各 ¥513,000(ディオール) ケース:SS、ケース径:19mm、ストラップ:パテントレザー、ムーブメント:クオーツ (クリスチャン ディオール〈ディオール タイムピーシズ〉)

人気ウォッチコレクション『ラ ミニ デ ドゥ ディオール』から登場した二重巻きのダブルストラップは、文字盤と同色のビビッドカラーが新鮮! 小ぶりのケースに合わせた細めのストラップによって、まるで手首にカラフルなリボンを巻いているかのようなポップな雰囲気があふれて。

問い合わせ先

以上、さまざまな素材やカラーにより、アクセサリーのように手元を彩る二重、三重巻きのストラップの時計を3本ご紹介しました。小ぶりのケースと細いストラップは、腕を華奢に見せたいという女性の最良のパートナーとして活躍してくれることでしょう。


■5:パーティーで身につけたい、名門ブランドによる至高の「ハイジュエリーウォッチ」

長い歴史と伝統に育まれた、ハイジュエラーの創造性、技術力…そして、選び抜かれたトップクオリティの宝石たちによって、今年も贅を尽くしたハイジュエリーウォッチが出そろいました。卓越した宝飾技術によって生まれた美しきタイムピースは、成熟した女性の、特別な時間を刻みます。

■5-1:「セルペンティ」の頭部にダイヤルが隠された、センシュアルなシークレットウォッチ

『セルペンティ ミステリオーシ』予価 ¥18,267,000 (ブルガリ)ケース:PG、ケースサイズ:縦36mm、ブレスレット:PG、ムーブメント:クオーツ ※受注生産品(ブルガリ ジャパン)

ヘビの頭部がダイヤルを隠すシークレットウォッチ。20カラットという大粒のタンザナイトに、合計0.6カラットのエメラルドの目、時計全体にセッティングした277粒、13.4カラットのダイヤモンドが、官能的に輝きます。

問い合わせ先

■5-2:蔦をエメラルド、朝露をダイヤモンドで表現した、自然がモチーフのハイジュエリーウォッチ

『グリーン カーペットコレクション』予価 ¥33,690,000(ショパール) ケース:WG、ケースサイズ(全体):縦43.5×横38.2mm、ストラップ:アリゲーター、ムーブメント:クオーツ ※発売時期未定(ショパール ジャパン プレス)

ダイヤモンドの朝露を抱いたエメラルドの蔦がダイヤルを取り巻くよう。自然モチーフのデザインに長けたショパールらしいハイジュエリーウォッチ。エメラルド12.47カラット、ダイヤモンド0.42カラットを贅沢に。

問い合わせ先

■5-3:贅を尽くしたダイヤモンドで表現した、歴史あるブランドの定番モチーフ

『リエール ドゥ パリ』¥38,400,000(ブシュロン) ケース:WG、ケースサイズ(全体):7×8cm、ブレスレット:WG、ムーブメント:クオーツ、受注生産品(ブシュロン カスタマーサービス)

ブシュロンが最初のブティックをオープンした、パリのパレ・ロワイヤルのアーケードに自生していたことから、歴代のコレクションにたびたび登場してきたアイビー(ヘデラ)のモチーフ。そのアイビーを豪奢なダイヤモンドで表現した、シークレットウォッチ。

問い合わせ先

以上、2017年に時計の見本市で、時計の最先端をけん引するウォッチメーカーから発表された数々の時計のなかから、40代50代の女性の手元にふさわしいトレンドを5つ、選りすぐりました。

いずれもきりっと仕事に臨む日や、余裕のある女性に見せたいとき、休日カジュアルを盛り上げるとき、パーティーに…と、キャリア女性ならではのシーンに合わせて活躍してくれる時計ばかりです。

※掲載した商品の価格は、すべて税抜です。

関連記事

PHOTO :
武田正彦
EDIT&WRITING :
岡本治子、岡村佳代、吉川 純(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦