仕事服は数パターンの着回しをローテーションしているだけという人は多いもの。トレンドを押さえた、おしゃれなオフィルスタイルをつくるにはどうすればいいのでしょう?

スタイリストの犬走比佐乃さんは、流行のボリュームボトムを積極的に取り入れることを提案しています。トップスまでトレンドを追いかけてしまうと若づくりに見られるため、トップスはベーシックに徹するのが正解!

犬走比佐乃さん
スタイリスト
文化女子大学短期大学部被服専攻科を卒業後、SUNデザイン研究所に入社。主にファッションショーのスタイリストとして高田賢三、イヴ・サンローラン、クリスチャン・ディオールなどのコレクション制作に携わる。フリーランスのスタイリストとして独立し、現在では女性誌『Precious』を中心に、多くの女優やCM、ドラマや舞台など、幅広い分野で活躍する。

ボトムで旬の要素をプラスすることで「新しい情報に敏感な女性」というポジティブな印象を与えられることができるのです。本記事では、ミモレ丈ラップスカートとハイウエストワイドパンツのコーディネートをご紹介します。

■1:ボリューム加減が絶妙なラップスカート

スカート¥85,000(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ブラウス¥19,000(ルック〈スキャパ〉)、カーディガン¥26,000(Theory luxe)、眼鏡¥42 ,000(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティ〉)、時計¥490,000(和光〈クレドール〉)、ドキュメントケース¥145,000(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴¥80,000(JIMMYCHOO)

「うっすら透けるウールを、巧みなバイアス使いでかなえたラップスカートは、仕事服にふさわしいピンストライプ柄。ふくらはぎの一番太い部分が隠れるミモレ丈なので、パンツ派の女性にも挑戦してほしい」(犬走さん)

■2:スタイルアップを狙える!ハイウエストのタイトスカート

スカート¥36,000(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ブラウス¥33,000(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス¥39,800(セシル・エ・ジャンヌ)、バッグ¥140,000(和光〈マウロゴベルナ〉) バッグに巻いたスカーフ¥6,900(アマン〈フィナモレ〉)、靴¥70,000(JIMMY CHOO)

「ベルト付きのハイウエストスカートは、年齢とともに気になるお腹周りをすっきりカバーしてくれる、優れもの。ラップタイプなので、脚さばきもスムーズ。白ブラウスが、仕事にふさわしい緊張感を与えてくれます」(犬走さん)

■3:ボディラインを拾いすぎない!ボルドーカラーのワイドパンツ

パンツ¥29,000(アマン〈ベルウィッチ〉)、ブラウス¥160,000(キートン)、ピアス¥1,040,000(ケイテン)、ベルト¥22,000(yoshie inaba)、バッグ¥151,000(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、靴¥46,000(アマン〈ペリーコ〉)

「秋色カラーを代表するボルドーは、仕事で通用するカラーパンツの代表格。ウエスト周りにボリュームのあるタック入りのワイドテーパードは、ジャケットを羽織らない日ほど活躍させましょう。艶やかなシルクブラウスの華やぎを味方につけて、おしゃれ偏差値の高さも見せつけて」(犬走さん)

■4:シンプルだけど華やか!カーキのハイウエストワイドパンツ

パンツ¥26,000(オンワード樫山〈ベイジ,〉)、ニットジャケット¥29,000・ストール¥13,00(0 SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ノースリーブトップス¥21,000(トヨダトレーディン グ プレスルーム〈チルコロ1901〉)、ベルト¥19,000(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ¥39,000(バーニーズ ニューヨーク〈ボルドリーン セレリア〉)、靴¥29,000(DESPRÉS丸の内店〈DES PRÉS〉)

「落ち感が優雅なワイドパンツで、カジュアルなカーキもエレガントな雰囲気に。ハイゲージのニットジャケットも、仕事では応用力抜群です」(犬走さん)

最近仕事服にマンネリを感じている方は、ボトムにトレンドを取り入れることで、新鮮なおしゃれを楽しめます。犬走さんおすすめのボリュームボトムで、周りと差をつけるオフィススタイルを手に入れましょう。

関連記事

PHOTO :
水田 学(NOSTY/人物)、小池紀行・池田 敦(パイルドライバー/静物)
STYLIST :
犬走比佐乃
HAIR MAKE :
森野友香子(Perle)
MODEL :
RINA
EDIT&WRITING :
兼信実加子、佐藤友貴絵(Precious)