キャリア女性から絶大な支持を得ているスタイリストの犬走 比佐乃さんが、お仕事服の選び方やコーディネート術をご紹介する連載。第6回目のテーマは「Hirotaka(ヒロタカ)のイヤーカフで楽しむ重ねづけ」。犬走さんの私物を披露いただきながら、その魅力をお伝えします!

イヤーカフ_1
犬走 比佐乃さん
スタイリスト
(いぬばしり ひさの)本誌をはじめ数々の女性誌や女優のスタイリングを手がけ、「マダム犬走」の愛称で多くのファンをもつ。30年以上を誇るキャリアと卓越した審美眼で、セレクト&スタイリングする自身の着こなしも、注目を集める。

【スタイリスト・犬走 比佐乃さんの“顔周り”のおしゃれ術とは?】ヒロタカのイヤーカフを自由に自分らしく重ねづけ!

アクセサリー_1
犬走さんが愛用するヒロタカのイヤーカフ

顔周りを華やかにするアクセサリーの代表選手といえば、フープピアス。しかしマスクを頻繁に取り外す生活の中で、引っ掛かりが気になる女性も多いのでは? そんな中で犬走さんがお勧めするのが、ヒロタカのイヤーカフの重ねづけです。

耳元で遊び心をプラスするのが今っぽい

「意外とイヤーカフってしている人が少ないですが、重ねづけをすると顔周りがぐっと明るくなります。主張のあるネックレスを重ねるよりは、耳元で重ねづけを遊んだ方が、今っぽいコーディネートになると思いますね。洋服をベーシックにして、耳元で遊んで自分らしさや個性を出すのが素敵です!」(犬走さん)。

イヤーカフなら、ピアス穴を開けなくても楽しめますし、イヤリングと違って耳たぶ以外の場所にも自由に着けられます。

アクセサリー_2
ダイヤモンドのピアスに2つのイヤーカフを重ねて。「耳元が華やかになると上に視線がいくので、スタイルよく見える効果もあります」(犬走さん)

「その人の耳の形などによって重ねづけの良いバランスは変わるので、とにかく実際に着用してみて調整していくのがいいと思います。ひとつコツをお伝えするとしたら、片耳に3個とか、奇数の方がバランスを取りやすいですね」(犬走さん)。

アクセサリー_3,春コーデ_1
後ろ姿も洗練されて。今回はゴールドでまとめましたが、シルバーとミックスするのもお勧めだそう

ヒロタカはニューヨーク発のブランドで、スタイリストやモデル、ハリウッドセレブなど感度の高い人から絶大な支持を得ています。

「比較的お手頃なお値段で、デザインのバリエーションがとにかく豊富なのが好きです。小さい頃におもちゃを集めたみいたいな感じでどんどん収集してしまいます(笑)」(犬走さん)。

犬走さんの愛用品を実際に購入可能。ひとつひとつにクローズアップ!

犬走さんが愛用中のヒロタカのイヤーカフをご紹介。存在感のある秀逸なデザインで、重ねづけはもちろん単独でも顔周りをエレガントに彩ります。

■1:アーティスティックでモダンなデザイン

アクセサリー_4,春コーデ_2
イヤーカフ¥39,600

ホアン・ミロの抽象画にインスパイアされたイヤーカフ。細く揺れるゴールドの環がエレガントです。「どちらを前にしても楽しめるデザインも魅力です」(犬走さん)

■2:美しい曲線とダイヤモンドがエレガント

アクセサリー_5,春コーデ_3
イヤーカフ ¥ 50,600

シグネチャーライン“ボウ”のイヤーカフ 。一粒ダイヤモンドのアクセントが、横顔を華やかに演出します。

■3:一粒パールが可憐な表情をプラス

アクセサリー_6,春コーデ_4
イヤーカフ ¥ 50,600

一粒のパールがあしらわれた可憐なデザイン。見る角度によって印象を変えるディスク状のフレームで、単品でも存在感を放ちます。

■4:キャビアパールをぐるりと並べてゴージャスに

アクセサリー_7,春コーデ_5
イヤーカフ ¥ 58,300

キャビアパールを並べたフープタイプ。パールの柔らかな表情と、なめらかな地金のボリューム感のコントラストが印象的です。
※こちらは犬走さんの私物とは異なります。類似商品となりますので、あらかじめご了承ください。


スタイリスト・犬走比佐乃さんによる、大人のためのファッション講座。第6回目では、犬走さんが重ねづけを楽しんでいるという、ヒロタカのイヤーカフに着目しました。ニューノーマル時代でマスクが必需品となる中、引っ掛かりが気になる人も多いフープピアス代わりに取り入れてみるのもお勧めです!

※掲載した商品は、すべて税込みです。

問い合わせ先

ヒロタカ 丸の内店

TEL:03-6273-4511

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
黒石 あみ(小学館)
STYLIST :
犬走比佐乃
EDIT :
石原あや乃
EDIT&WRITING :
高橋京子