新感覚! デジタルアートで体感する巨大な名画の世界

葛飾北斎1
会場は写真撮影OK! 名画バックなら映えること間違いなし!?
すべての写真を見る >>

この展覧会では葛飾北斎の『冨嶽三十六景』をはじめ、歌川広重の『東海道五拾三次』、俵屋宗達と尾形光琳が描いた2つの『風神雷神図屏風』の競演、さらに伊藤若冲の代表作『仙人掌群鶏図』など、誰もが一度は目にしたことのある名画45作品を、横幅が3面45メートルの巨大スクリーンに映し出された20億画素の超高精細デジタル画像で鑑賞することができます。

いま明らかになる、浮世絵の真実

展覧会_1,東京_1,富嶽1
 

実際はどのように見えるの? という皆さまにこちら。
例えば浮世絵の傑作、葛飾北斎の『冨嶽三十六景 凱風快晴』を巨大映像で詳しく見てみると……。

富嶽2
 

ご覧ください! 3Dデータとして組み上げることで、超高精細なデジタルリマスター化を実現し、北斎が表現した微細な凹凸などの技巧も見てとれるように!
また江戸時代の和紙の質感がくっきりと浮かび上がり、繊維の1本1本(0.05mm程度)が立体的に再現されています。最新のデジタル技術と画像処理だからこそ味わえる、北斎がこだわった繊細で緻密なまでの色遣いをとくとご鑑賞ください。巨大映像で明らかにされる名画の真実が、ここにあります。

アンバサダーは歌舞伎俳優の尾上松也さん

尾上松也1
尾上松也さん

展覧会のアンバサダーに就任したのは、歌舞伎俳優の尾上松也さん。これから公式サイト内のスペシャル動画や特別番組を通して、巨大映像で鑑賞する日本美術の魅力をPRされるとのこと。こちらも必見です!

〜尾上松也さん 体験コメント〜

絵の中に入り込んだような体験だ。
絵の中の全ての色、毛の一本一本、鎧の線の一つひとつに、
絵師の魂や思いを感じる。
どうやって描いているのか、想像もつかない。
実物大ではわからない凄さと迫力だ。

尾上松也さん
歌舞伎俳優
(おのえ まつや)1985年1月30日生まれ。
歌舞伎の舞台の他、『半沢直樹』などのテレビドラマや『エリザベート』などのミュージカルでも活躍中。

YouTubeで公開中「尾上松也と日本美術講座」

展覧会で上映される作品の魅力を解説するスペシャル動画が、現在公開中です。公式YouTubeチャンネルに毎月2本ずつ追加されていくそうなので、会場を訪れる前にぜひチェックして。

会期中は奇数日、偶数日で公開される作品が変更となる「ダブルプログラム」方式となります。見たい作品に合わせてチェックするもよし、全作品をコンプリートするのもよし! 新感覚のアート展、その迫力に酔いしれてみてはいかがでしょうか。

『巨大映像で迫る五大絵師』−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−

期間/2021年7月16日(金)〜9月9日(木) 
時間/10:30〜19:30(入館は閉館の30分前まで)□会期中無休(変更の場合あり。事前に公式サイトでご確認ください)
観覧料/一般¥2,000、大学生・専門学生¥1,500、中学生・高校生¥1,000
満70歳以上、また小学生以下、障がいのある方(付き添いは原則1名まで)は入場無料 (来場の際に身分証明書、または学生証をご提示ください)
※チケット販売開始は5月中旬予定。詳細は4月下旬に公式サイト内で発表
会場/大手町三井ホール
住所/東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi One 3F

主催/フジアール、フジテレビジョン、BSフジ、ニッポン放送
後援/千代田区、千代田区教育委員会
協力/アルステクネ・イノベーション/アルステクネ、キャノン 綴プロジェクト 
特別協力/山梨県立博物館、岡田美術館、大阪浮世絵美術館、大本山 建仁寺、小曽根山 西福寺、金刀比羅宮

※外出時には新型コロナウィルスの感染対策を十分に講じ、最新情報は公式HPなどでご確認ください。

問い合わせ先

『巨大映像で迫る五大絵師』

TEL:03-5520-1914

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
TAGS: