日本各地で育まれてきた高度なものづくりの技術と、若き匠たちの美意識や情熱が結びついた「新時代のジャパンラグジュアリー」を体現する逸品を、ギフトという形で提案しているスタイリストの河井真奈さん。

今回ご紹介いただくのは、愛知県瀬戸市の北東部の山間に位置する小さな瀬戸焼の街“しなの”で、家族経営を続けるアトリエ「眞窯(SINGAMA)」の器です。

食器_1,和文化_1,プレゼント_1
「眞窯」のマグカップMとオーバルプレート

里山と田園に囲まれた長閑な風景のなかで生み出される「眞窯」の磁器は、美しい曲線を描くモダンなフォルムと、ほっこりと心安らぐ手描きの染付が特徴。長く愛用したくなる“心地よさ”を追求した温もり感あふれるハンドメイドの逸品です。

なかでも河井さんが「母の日におすすめ」というマグカップ&プレートを中心に、その魅力を教えていただきます。

河井真奈さん
スタイリスト
(かわい まな)女性誌、CM、ドラマのスタイリング、トークショー、商品開発アドバイザーなど幅広く活躍。2016年、ギフトに特化したWEBサイト「futo」をローンチし、2019年6月には初の実店舗を南青山にオープン。著書に『絶対 美人アイテム100』(文藝春秋)、『服を整理すれば、部屋の8割は片付く』(立東舎)。https://futo.jp/

美しい自然の“豊かさ”に育まれた、「眞窯」の磁器

「繊細な作家ものが多い陶器は、割れやすくもあるので普段使いの食器として買い求めるのが難しいですよね。その点、磁器は食洗器にかけても大丈夫で、毎日気軽に使っていただける器として贈り物にも最適です。

とはいえ、やはり何か“気の利いた”今風のデザイン性もほしいところ。磁器というと真っ白なものや和風の柄が多いのですが、ほどよくモダンなものを…と探していたところ、親しくしている器コーディネーターの安田亜紀さんが『河井さんは絶対気に入るはず』と紹介してくれたのが、『眞窯』の器でした」

食器_2,和文化_2
一点ずつ丁寧に手作業で成形されている「眞窯」の器

「1919年創業の『眞窯』は、“染付窯屋”をコンセプトに、多くの製品を生み出してきた窯元。瀬戸産の陶土の味わいを生かした白色の素地に、呉須(ごす)と呼ばれる顔料で文様を描き、ガラス質の釉薬をかけて焼成して文様を藍色に発色させるという“瀬戸染付”にこだわっています。

アトリエがあるのは、絵に描いたような美しい田園風景のなかにある小さな集落。父・母・娘での完全家族経営で、せわしない都会の日常とはまったく違う、のんびりと穏やかな空気に包まれているのが素敵です」

食器_3,和文化_3
「眞窯」のアトリエ

アトリエに隣接したおしゃれなカフェもあり、そちらも娘さんが経営しています。なんだかフランスやイギリスの片田舎を彷彿させ、自分たちの生活に満ち足りている…そんな“豊かさ”を感じました」

優しいタッチのコントラストで魅せるボタニカルモチーフ

「『眞窯』では、より美しい白と藍色のコントラストを実現するために、土・釉薬・呉須選びにこだわっているそう。“ねらし”と呼ばれる瀬戸地方独特の焼成方法を取り入れ、高温で一定時間温度を保つことで生まれる潤いをもったブルーも、その特徴の一つです。

絵付けには、絵柄に合わせてさまざまな筆を使います。オリジナルで作った筆や、太く大きな筆。太い筆を使った “濃み(だみ)”という技法は染付特有で、美しい濃淡を描き出します。色々な技法や道具を使いながら、藍一色の濃淡だけで多彩な青が表現されているのは、墨絵にも通じるものがあります」

食器_4,和文化_4
“濃み(だみ)”の技法で絵付けを施す、「眞窯」の四代目・加藤真雪さん

「今回ご紹介するマグカップとプレートを手がけているのは、2021年2月に伝統工芸士にも認定された、四代目の加藤真雪さん。『眞窯』の染付の伝統を大切にしながらも、新しい可能性に挑戦している彼女の繊細な筆致にはファンも多く、私もすっかり一目ぼれしました。

絵柄のモチーフとなっているのは、彼女の生活の身近にある“アネモネ”“コブシ”“麦”の植物たち。手描きゆえに、形やグラデーションなどの違いによって一点ずつが異なる表情をもっているのも魅力です」

食器_5,和文化_5
「眞窯」のマグカップMとオーバルプレート

「ソーサーなしでも使える小ぶりのマグカップは、シンプルなフォルムながらも取っ手のフォルムがスタイリッシュな印象。わずかにオーバルな形状になったプレートも単独で使うことができますが、マグカップをのせればソーサーになります。

写真のようにマグカップをのせると少し空間ができるので、お茶うけのスイーツをのせるのもおしゃれですよね。futoでは同じ柄のマグカップとプレートをセットで展開しています」

日常に心地よく寄り添ってくれる、「眞窯」の器3選

■1:マグカップMとオーバルプレートセット

食器_6,和文化_6,プレゼント_2
「マグカップMとオーバルプレートセット」各¥5,720・2客セット¥11,000【マグカップ:約250cc・約120(取っ手込み)×85×高さ75mm、プレート:H18×195×170mm】

本記事で詳しくご紹介したマグカップとオーバルプレート。カップの内側にまで描かれたモチーフもポイントです。お得な2客セットも要チェック!

詳しくはこちらから

■2:マグカップL

食器_7,和文化_7,プレゼント_3
「マグカップL」各¥3,630【約350cc、約130(取っ手込み)×87×高さ100mm】

リモート会議中などで使う頻度が増えたという人が多いマグカップ。こちらはしっかり容量があるLサイズです。Mサイズと同じく“アネモネ”、“コブシ”、“麦”の3種類がラインナップ。

詳しくはこちらから

■3:八角鉢3枚セット

食器_8,和文化_8,プレゼント_4
「八角鉢」(3枚セット)¥8,700【大:約190×190×高さ43mm、中:約143×143×高さ38mm、小:約110×110×高さ35mm】

伝統的な文様の「麻の葉」が描かれた、入れ子にできる八角鉢。幾何学的なシルエットと文様により、和食はもちろん洋食とも相性抜群。洋の東西を問わず、縁起がいいとされている八角形の器は、お祝いごとの贈り物にもぴったりです。

詳しくはこちらから


今回は、瀬戸染付のアトリエ「眞窯」の器をご紹介しました。

2021年の母の日は5月9日(日)。直接会うことが難しい時代だからこそ、日常使いにぴったりなアイテムを、心を込めたギフトとして贈ってみてはいかがでしょうか?

※掲載した商品の価格は、すべて税込みです。
※新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下では一部情報が変更となる可能性があります。公式HPなどでご確認ください。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
谷 花生