街行く人々の間で、ブラックやグレーなど、ダーク系の装いが増える冬。そんな季節に、遠目にも「かっこいい女らしさ」を際立たせるのが「美しいシルエット」。かっこよくて女らしい大人のおしゃれを楽しみたいとき、注意すべきは装いのシルエットだったのです。今回は、シンプルシックな着こなしにもメリハリの効いたシルエットを与え、極上のエレガンスへと導いてくれる「ウエストマーク」をご紹介。スタイルアップ効果も抜群なことから注目を浴びている「ウエストマーク」は、ワンピースだけでなく、カーディガンやコートの上からもマークするのが新常識に。冬コーデの主役アイテムと組み合わせた、4つの洗練着こなしをお届けします。

「ウエストマーク」から生まれるメリハリシルエットが、凛とした女性らしさを印象づける

大人の女性なら、極上のエレガンスを生むこの流行を味方につけない手はありません。ベルトでマークするだけで、エレガンスが際立つだけでなく、スタイルアップ効果も抜群。ワンピースだけでなく、カーディガンやコートの上からもマークして、凛とした女性らしさを印象づけましょう。

■1:ベルトを効かせて、切れ味のいいモダンな女性らしさをプラス

ニット・スカート・ベルト・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン〉)、 ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)

キャメルのニットと黒スカートというシンプルな着こなしが、エナメルベルトの効果でぐっと洗練されて。ウエストを強調するベルトマークは女らしさを高めてくれるだけでなく、全体のシルエットにメリハリを生み、すっきりとスタイルよく見せてくれる効果もあるのです。

■2:優しいグレートーンの装いに、切れ味のよさと気品を加えるウエストマーク

ポンチョ・ニットワン ピース・ベルト・バッグ・ 靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・ブレスレット(チェルキ〈ギャレッタ〉)

シンプルなノースリーブのニットワンピースに、ニットポンチョを重ねた着こなし。ベルトマークでメリハリを加えると、リラックスしたなかにも凛とした美しさが生まれます。さりげなくビジューが煌くベルトなら、ラグジュアリー感もアップ!

■3:ビッグサイズのカーディガンを、ウエストマークで優雅な印象に

カーディガン・スカート・ベルト・バッグ・靴(ドリス ヴァン ノッテン〉)、ブラウス(三喜商事〈イレブンティ〉)

麗しいパープルのベルベットのベルトを、ポイントに効かせて。ミドルゲージのカーディガンとチェックのスカートというクラシックな装いにベルトを加えたら、断然ノーブルな印象へと導いてくれます。と同時に、ウエストマークがつくるメリハリによって、スタイルアップ効果も生まれるのです。

■4:スタイルアップ効果抜群な、コートの上からのウエストマーク

コート(プレインピープル丸の内)、ワンピース(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、ベルト(yoshie inaba)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(JIMMY CHOO)

穏やかな美しさをたたえたグレーのコートに、きりっとした表情を加える黒ベルト。ロングコートの上からベルトでマークするだけで、こんなにもかっこいい女らしさが生まれます。

 

さまざまなアイテムと組み合わせられる、「ウエストマーク」の4つの着こなし、いかがでしたでしょうか。ベルトでマークするだけで、凛とした女性らしさがかなう、メリハリのあるエレガントなシルエットが完成するのです。

PHOTO :
水田 学(NOSTY)
STYLIST :
戸野塚かおる
HAIR MAKE :
野田智子
MODEL :
高橋里奈(Precious専属)
EDIT&WRITING :
川村有布子、遠藤智子、安村 徹
RECONSTRUCT :
難波寛彦