レディース赤トップス着こなしまとめ。赤ニットや赤ブラウスなど、この冬試したい赤やワインレッドのトップスコーデを12選集めました。この冬のおしゃれに、赤トップスをぜひ取り入れてみてください。

レディース冬の赤トップスコーデ


【1】赤ニット×赤カーディガン×グレージュパンツ×ストール

【1】赤ニット×グレージュパンツ×ストール
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ワインレッドの発色の美しさに惹かれたトップス。グレージュのパンツが、グレーやベージュよりもしっくりきます。ニュアンス色のなじませ効果で、存在感のある色がソフトに転ぶということを発見。エトロのストールが、コーディネートのつなぎ役&洗練スパイスになってくれます。

【2】赤ニット×赤ジレ×赤スカート

【2】赤ニット×赤ジレ×赤スカート
ジレ・ニット・スカート・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

トレンドの赤をキーカラーに打ち出した、マックスマーラのコレクションのランウェイに登場した、今季らしいコーディネート。異なる質感で赤をレイヤードしたスタイルは、落ち着きのある色味と上質な素材感のハーモニーで洗練を印象づけます。

【3】赤ニット×赤マント×パンツ

【3】赤ニット×赤マント×パンツ
マント・ニット(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(アオイ〈マントゥ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・ペンダント(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

グレイッシュな冬空の下、ひときわエレガントな存在感を放つバーガンディー。全身をワントーンでまとめても野暮ったくならずキレのよさがかなうのは、肩からさらりとかけるだけで、体になじむような美しいフォルムを生むマントのおかげです。歩を進めるたび風をはらみ、気負いのない凛々しさを放ちます。

【4】赤ブラウス×赤ワイドテーパードパンツ

【4】赤ブラウス×赤ワイドテーパードパンツ
パンツ(アマン〈ベルウィッチ〉)、ブラウス(キートン)、ピアス(ケイテン)、ベルト(yoshie inaba)、バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

秋色カラーを代表するボルドーは、仕事で通用するカラーパンツの代表格。ウエスト周りにボリュームのあるタック入りのワイドテーパードは、ジャケットをはおらない日ほど活躍させて! 艶やかなシルクブラウスの華やぎを味方につけて、おしゃれ偏差値の高さも見せつけてしまいましょう。

【5】赤ニット×ピンクジャケット×マフラー

【5】赤ニット×ピンクジャケット×マフラー
ジャケット・ニット(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

おしゃれの心意気なしには選べない、鮮やかな赤のダブルブレストジャケットは、裾や袖のフリンジがアクセントになっったショート丈。写真は8色のカシミヤ糸によるエクスクルーシブファブリックを表面に、付属の同柄ストールを合わせたクチュール感漂う装い。ひとたび裏返しにしてみると、防水・防風機能を携えた驚きのリバーシブル仕様です! しかもロロ・ピアーナ定番のマイクロファイバー素材で驚くほど軽く、シワになりにくいという点も、賢い女性の心に響く理由。

【6】赤ニット×ムートンコート×ブラウンパンツ

【6】赤ニット×ムートンコート×ブラウンパンツ
コート(VINCE 表参道店)、ニット(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット名古屋〈シクラス〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ピアス(showroom SESSION〈マリハ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

落ち着きのあるグレージュと旬のオーバーサイズ感で、たちまちこなれて見えるムートンコート。ルージュのようなブラウン系レッドとのメリハリに華やぎが満ちています。

【7】赤ニット×赤スカート

【7】赤ニット×赤スカート
靴・バッグ(JIMMY CHOO)、ニット・スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ピアス・ネックレス(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ふんわりと広がるAラインスカート×フラットシューズの王道コンビをブラッシュアップするなら、旬のベルベット素材が適役。特有の光沢が、シンプルな着こなしにリッチ感をもたらして。ボルドーでまとめたワントーンに、小物でボトルグリーンを投入! ベーシックスタイルをワンランクアップさせる、こっくりカラー同士の組み合わせは、注目の配色コンビです。JIMMY CHOOの人気シリーズ『ROMY』も、旬のベルベット素材ならまた違った表情に! 落ち着きのあるボトルグリーンは取り入れやすく新鮮です。

【8】赤ブラウス×赤タイトスカート×ストール

【8】赤ブラウス×赤タイトスカート×ストール
ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、トップス(アオイ〈マントゥ〉)、スカート・グローブ(キートン)、ペンダント・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

色そのものが女性らしいバーガンディー。華やかなボリュームブラウスやタイトスカートなど、エレガントな合わせで楽しむときは、バッグや靴でかちっと端正な印象を加味すると、都会的な大人の装いに仕上がります。

【9】赤ニット×ストール

【9】赤ニット×ストール
ニット・椅子に置いたバッグ(Nobuko Nishida)、ストール(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(カメオ)、チェーン・リング(アルテミス・ジョイエリ)、万年筆(銀座・伊東屋〈アウロラ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

読書を楽しむ日に着たいのは、気持ちまでのびやかになるような、軽くてやわらかな着心地の服。旬のバーガンディカラーでまとめたら、ラフになりすぎず、シックにまとまります。

【10】赤ブラウス×コート×グレースカート

【10】赤ブラウス×コート×グレースカート
ドゥロワーのコート・グーセンスのブローチ(ドゥロワー青山店)、ブラウス・スカート(スーパー エー マーケット〈アトランティックアスコリ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

シックなニュアンスカラーが美しいムートンにボルドーのラムレザーを施したノーカラーコートは、起毛面とスムース面の両面が楽しめるリバーシブル仕様。胸元につけた大ぶりのブローチが大人かわいいワンポイントになってくれます。

【11】赤カーディガン×赤マフラー

【11】赤カーディガン×赤マフラー
カーディガン・マフラー・ネックレス・リング(プラダ ジャパン〈プラダ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

甘ずっぱい記憶を呼び起こしてくれる、どこか懐かしい果実色のニット。モヘアのカーディガンは天然のアザミで仕上げてふんわりと、マフラーはなんと手編みで、プラダが誇るイタリアの手仕事が光ります。スモークトパーズを大胆に用いたアンティーク調のリングで、辛口なエッセンスを忘れずに。

【12】赤ブラウス×グレージレ×グレーパンツ

【12】赤ブラウス×グレージレ×グレーパンツ
ロングジレ(レリアン)、ブラウス(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(アオイ〈ポール カ〉)、ネックレス(リンクス オブロンドン青山店)、バッグ(ピエール アルディ 東京〈ピエールアルディ〉)、靴(伊勢丹新宿店〈マローン ソリエ〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

先染めのグレンチェックが採用されたマニッシュなジレには、華やかなブラウスを投入して、女らしく仕上げるのが今季の気分です。