「華やかなシーンは、ワンピースと決めている」という大人の女性にこそ、提案したいのが「パンツでのドレスアップ」です。「カジュアルすぎる? マニッシュなのでは?」という心配はご無用。実は工夫しだいで新鮮な着こなしがかなうのです!

たとえば、しなやかなシルク素材や鮮やかな色のトップスで華やかさをプラスしたり、トップスとパンツを同系色に統一しワンピース風に仕上げたり……。パンツ自体が辛口なぶん、思いきって遊べるのが最大の特徴。

シルエットは、基本のテーパードと定番・ガウチョがおすすめ。華やぎ+モードな装いで、ワンパターンになりがちなドレスアップシーンを新鮮に盛り上げてみませんか?

■1:クールな黒パンツ×「女らしいディテールの白」で華やぎを

パンツ・ブラウス・バッグ・靴(ランバン ジャパン)、ピアス(シャンテクレール 東京店)

繊細な織り柄を施した、センシュアルなシルクのブラウス。

しなやかなボウやドレープのそで口が印象的な甘口デザインだから、シンプルなテーパードパンツが好相性。パンツを合わせることで、フェミニンになりすぎず、洗練された女性らしさが演出できるはず。

ほっそりとしたボトムのシルエットは、ボリュームのあるトップスともバランスがよく、すっきり着こなせそう。足元は、黒のメリージェーンでモードなエッセンスを加えて。

■2:ワンピース級の華やぎを楽々まとう「セットアップ」に頼る

パンツ・トップス(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ファースヌード(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、バッグ(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ネックレスチェーン・チャーム(シャンテクレール 東京店)、リング(アルテミス・ジョイエリ〈マッティオリ〉)、靴(セルジオ ロッシ)

優雅に広がり、歩くたびに揺れ動くエレガントなガウチョパンツ。

同素材のトップスを合わせ、全身をIラインにつなげることで格段に着こなしやすく、華やかさも倍増します。気負いなく赤をまとい、ドラマティックな夜を存分に楽しみたい。

■3: 色は控えめ、シルエットで甘さを加えた「知的なフェミニン」で

パンツ・シルクのブラウス・バッグ(フェンディ ジャパン)、ピアス(ケイテン)

そでやそで口に透け感素材で切替をあしらった、ふんわりスリーブのブラウス。ボリューム感のあるガウチョパンツと合わせることで、グラマラスなシルエットを演出し、ドレスに匹敵する華やかさをアピール。

着こなしのポイントは、パンツINにしたブラウス。ウエストをしっかりマークすることでメリハリ感が生まれ、すっきりとした縦長ラインを強調してくれるはず。

耳元に揺れ動くシャンデリア調のピアスのみをアクセントに、シックカラーをドラマティックに装いたい。

■4:「カラー×カラー」で視覚的な華やぎを表現

パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、トップス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ジャケット(三喜商事〈バンフォード〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、ブローチ各(ADORE)

トレンドのカーキ色が新鮮な美脚シルエットのパンツ。いつもなら、同系色でシックにまとめたくなるけれど、艶やかなイエローを投入し、ドレスアップを意識したい。

カーキ×イエローの斬新さに加え、バッグは深みのあるレッドを合わせるなど、洗練された配色の妙がコーディネートのポイント。アクセサリーはクラシックなブローチを重ねて顔周りを華やかに。

■5:まろやかな色調としなやか素材でつくる「大人のガウチョ」スタイル

パンツ(サポートサーフェス)、トップス(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ファースヌード(ADORE)、バッグ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ネックレス[ロング]・[タッセル付き](ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(アマン〈ペリーコ〉)

しなやかに揺れ動く、とろみ素材のガウチョパンツ。ワントーンでまとめセットアップ風に着こなすのが新しい!

トップスにはドレープが美しいポンチョ風プルオーバーを合わせ、しなやかな動きをリフレイン。ワントーンのシンプルなコーディネートだから、華やかなファーやパールの艶感で表情を豊かに仕上げて。

■6:トラッドな印象のパンツと「透け感レースで女度」をアップ    

パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、シルクのブラウス(イザベルマラン〈イザベル マラン〉)、ベルト(ADORE)、バッグ(ストラスブルゴ〈マウロ・オリエッティ・カレラ〉)、ネックレス・リング(ブシュロン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)

センシュアルな透け感と、ロマンティックなシルエットで女らしさを香らせる黒レースのブラウス。正統派シルエットなら華やぎトップスをバランスよく攻略できそう!

端正なチェック柄のストレートパンツも、トップスに甘さを加えることで、女らしさを際立たせてくれます。黒をベースカラーに、知性あふれるエレガンススタイルを演出して。

 

以上、パンツでドレスアップする技を6つ、お届けしました。マニッシュなパンツも、トップスとの合わせ技でひと味違った新鮮な女らしさを表現できます。この冬、ぜひお気に入りのパンツスタイルでドレスアップしてみてはいかがでしょうか?

PHOTO :
熊澤 透
STYLIST :
戸野塚かおる
HAIR MAKE :
重見幸江(gem)
MODEL :
高橋里奈
COOPERATION :
マンダリン オリエンタル 東京 バックグラウンズファクトリー
EDIT&WRITING :
土橋育子、遠藤智子(Precious)