物心つく前から私たちを魅了し続ける特別な色、赤……。DNAにも組み込まれた、無条件に心を刺激する色は、おしゃれを活性化させる特効薬。

着こなしがよりシンプルになった今こそ、バッグや靴など面積の小さな赤を差し色使いしてみましょう。いつものシック配色に赤をひとつ加えるだけで、眠っていた個性や隠れていた女性らしさが息吹き始めるのです。

ただし、かわいいだけの赤に陥らないように注意も必要です。そこで、大人の女性がこの冬、選ぶべき色香のある赤小物をPrecious目線で厳選しました。赤を楽しむ勇気こそが、日常にドラマをもたらします!

「正統派の実力」を備えた赤で、秘めたおしゃれ心が目覚める

上から時計回りに/1:サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、2:財布[縦12.3×横19.2×マチ3.5cm]・3:ネックレス(シャネル)、バングル4:[細]・5:[中]・6:[太](ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)、7:イヤリング(セリーヌ ジャパン)、8:スカーフ(ラルフ ローレン)

■1:ボッテガ・ヴェネタのサングラス

まずは目元から赤を。サングラスは透明感のある赤フレームで、ぽっと蒸気したような肌色を演出できます。

■2:シャネルのチェーン付き財布

携帯やリップも収納できるチェーンウォレットは、小旅行のお供にもぴったりです。

■3:シャネルのネックレス

コーディネートの仕上げには、キャンディのような赤のラインストーンとコスチュームパール、そして「ダブルC」のアクセントが女心を刺激するネックレスで胸元に彩りを。

■4〜6:ボッテガ・ヴェネタのバングル

太さの異なる3種類のバングルは気分によって使い分けて。赤のネイル感覚で手首に艶やかさを添えます。

■7:セリーヌのイヤリング

ローズの花びらにも似た耳元のイヤリングは、躍動的な美しさが印象に残りそう。

■8:ラルフ ローレンのスカーフ

なめらかなシルクに、ロゴがリズミカルなアクセントなスカーフは、シックになりがちな冬服に鮮やかに映えます。


ざっくりニットやデニムに、「トラッド感と遊び心」が光る赤

上から時計回りに/9:時計(フェンディ ジャパン)、10:バッグ/奥[縦22×横31.5×マチ11cm](グッチ ジャパン)、11:バッグ/手前[縦13×横18×マチ9cm](ルイ・ヴィトン)、12:靴(プラダ ジャパン〈プラダ〉)

■9:フェンディのファー付き時計

手元には、肌を覆い隠すほどにボリュームのあるファーで十分なインパクトを。ファーを取り外し、赤のバンド時計として楽しむこともできます。

■10:グッチのハンドバッグ

どこか懐かしいトラッド感が漂う赤のバッグは、アイコニックな「ストライプ ウェブ」とゴールドチェーンのあしらいが素敵。

■11:ルイ・ヴィトンのショルダーバッグ

キャンバスのような真っ白なエピ・レザーに浮かぶ、赤のクロス刺しゅうが愛らしい魅力を放ちます。

■12:プラダのパンプス

端正なポインテッドトウのパンプスは赤で鮮度よく。きらめく街を軽快に歩きたくなります。


「美人オーラを授ける」こっくりとした赤で、色香を添えて

上から下に/13:帽子(エルメス ジャポン)、14:バッグ[縦17.5×横25×マチ4.5cm](クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 、15:香水(イセタンサローネ〈セルジュ・ルタンス〉)、16:バングル[エナメル]・17:[レザー](エルメスジャポン)、18:バングル(ブシュロン)

■13:エルメスのハット

丸みのあるつばのシルエットが優美な影を落とす、品格ボルドーの帽子。自然に、しぐさまでしなやかになれそう。

■14:ディオールのハンドバッグ

パスポートやチケットをきちんと収納できるバッグで、トラベルシーンをスマートにまとめたい。

■15:セルジュ・ルタンスの香水

美しいカシス色が、香りだけでなく視覚までも刺激します。リッチなエッセンスをさりげなくまとって。

■16〜17:エルメスのバングル

定番のバングルは、グレーやベージュになじむ、シックな赤がそろいます。

■18:ブシュロンのゴールドバングル

鏡のように光を反射するピンクゴールドのボディとルビーの瞳を授かった、幸運のシンボルで手元に遊びを。まぶしいオーラで包んでくれます。


憧れの女性像に近づける「魅惑的」な赤の虜に

上から下に/19:バッグ/奥[縦12×横20×マチ5.5cm](ヴァレンティノ インフォメーションデスク〈ヴァレンティノ ガラヴァーニ〉)、20:サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ポメラート〉)、21:バッグ/手前[縦11.5×横18×マチ4.5cm](イヴ・サンローラン〈サンローラン〉)、22:スカーフ(イヴ・サンローラン〈サンローラン〉)、23:ルージュエクスタシー 402(ジョルジオ アルマーニ ビューティ)、24:リング(バカラショップ 丸の内〈バカラ〉)

■19:ヴァレンティノ ガラヴァーニのハンドバッグ

華奢なゴールドスタッズを用いることで、ハードになりすぎる心配を払拭できます。

■20:ポメラートのサングラス

宝石のような心躍るピュアな赤が、漆黒の夜に艶やかに際立ちます。 

■21:サンローランのショルダーバッグ

ゴールドのフリンジでエッジを効かせて。鮮やかな赤もバッグなら品のある個性を演出できます。

■22:サンローランのスカーフ

ベイビーキャット柄のシルクスカーフをキュッと効かせれば着こなしが単調になりません。

■23:ジョルジオ アルマーニ ビューティのリップ ルージュエクスタシー 402

シンプルな着こなしに、パッケージまでも赤に包まれた美人顔ルージュで仕上げをほどこして。

■24:バカラのリング

砂糖菓子のような可憐なリングはマリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックとのコラボレーションから生まれたもの。

以上、印象的な赤小物を集めてみました。この冬、いつもの着こなしにスパイシーな赤小物を加えて、颯爽と出かけてみてはいかがでしょうか?

PHOTO :
戸田義昭(パイルドライバー)
STYLIST :
小倉真希
HAIR MAKE :
重見幸江(gem)
EDIT&WRITING :
川口夏希、遠藤智子(Precious)