仕事効率化にもひと役買ってくれる文房具という存在。40代・50代の働くキャリア層にとって身近なアイテムでありつつも、買い替えのタイミングを逃している人も多いのでは。新年に向けてデスク周りを整えたら、新しいステーショナリーを迎え入れて、心持ちも軽やかに仕事をスタートさせてみるのはいかがでしょう。

今回注目したいのは、アーカイブからインスパイアされながらもアップデートを続ける、ルイ・ヴィトンの文房具。レザーにこだわった品格あるラインナップは、パートナーとおそろいで使ったり、これから訪れる成人祝いや卒業シーズンのギフトにも最適です。

開運を願って手に入れたいルイ・ヴィトンの文房具

■仕事効率化にひと役買う、スリムなペンケース

ペンケース「トゥルース・エリザベット」各¥45,000(税抜)

アーカイブを受け継ぎながらモダンにアップデートされたモノグラム・エクリプス キャンバスと、レザーのコンビネーションで、モダンに仕上げられたペンケース。ブランドのエスプリを感じさせる逸品は、ミニマルながら収納力にも長けたディテールが、仕事シーンでもスマートにサポートしてくれそう。こだわりを感じさせる文房具選びで、いつでも素敵な自分を演じて。

■パートナーと使いたい品格ある鉛筆

鉛筆 左から「クレヨン・ジューン」¥20,000・「クレヨン・アンリ」¥20,000(ともに税抜)

レザーで丁寧にコーティングされた鉛筆は、どことなく温もりを感じさせてくれ、改めて「手書きする重要性」と向き合わせてくれるような、そんな魅力があります。手紙を書く相手を思いやる気持ちを思い出させてくれる鉛筆は、大切な人とシェアして使うことで、繋がりを深めるきっかけを与えてくれそうです。

■インテリアとしても最適なスマートなペン立て

ペン立て「ポ・クレヨン ガストン」各¥60,000(税抜)

鉛筆とセットで使いたいのは、内側にメゾンのシグネチャーであるモノグラム・キャンバスがライニングされたエレガントなペン立て。置くだけで空間をランクアップさせてくれるアイテムは、インテリアとしても彩りを添えてくれます。存在感あるアイテムは、祝いごとのギフトにも喜ばれそうです。

身の回りを整えるだけで、心の中もすっきり、デトックスされた気分になりませんか? 2018年は、幸運を運んでくれそうな文房具を迎え入れて、素敵な日常へと導かれてください。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
石原あや乃