髪が細くなると根元が丸見えになるため、地肌も、伸びてきた白髪も目立ちがち。「頻繁に染めると髪が傷みそうだし、時間もない…」と悩んでいるなら、染め方にひと工夫を。さらに根元を隠すような髪型なら、カラーリングの回数もグッと減らすことができます。

【お悩み】ボリューム不足で白髪も目立つ髪を何とかしたい!

ショート代表:元良麻衣子さん(40歳/会社員)のお悩みを解決するには…

■髪型:頭が張り出している「鉢あたり」にレイヤーを入れてボリュームをアップ

完成
サイド
バック

元良さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬) ★★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ(細→太) ★
  4. うるおい(乾→潤) ★★
  5. 白髪の量(多→少) ★★

髪が細いため、ボリュームが出にくい元良さんの髪質。「頭が一番張り出している鉢のあたりにレイヤーを入れ、毛先に動きをつけるとボリューム感が出ます」(六本木美容室 西麻布店 スタイリスト 西家直志さん)

全体の10%くらい白髪が生えてきた…という人におすすめなのが、ハイライトとローライトで染め分ける方法。「白髪染めをしなくても、色のトーンを変えるだけで白髪が目立たなくなります。ハイライトが白髪となじみ、目立たなくさせるんです。1色で染めるよりも立体感が出るので、ボリュームアップしたように見えます」(西家さん)

■スタイリング:あえて顔を出すスタイリングで若々しさを演出!

頭頂部をカーラーで巻き、根元を立ち上げてボリュームをアップ。「あごのラインをほっそり見せるには、髪型で菱形をつくることが重要です。髪で顔を覆うのではなく、耳のあたりの髪を膨らませると理想のラインになります」(西家さん)

菱形をつくるには頭頂部の髪を立ち上げるのがポイント。「頭頂部の根元からカーラーで巻いて、ボリュームを出します。カーラーを外したら手ぐしでクシャクシャっと他の髪となじませるだけで、自然な立ち上がりが生まれます」(西家さん)

スタイリング前

■1:頭頂部の髪を根元からカーラーで外巻きに

カーラーで外巻きに

■2:ウェーブが付いたらカーラーを外し、指を左右に振りながら髪を散らす

指で髪をちらす

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■頭頂部を立ち上げて若見えラインの菱形をつくる
  2. ■ハイライトとローライトの2色染めで髪をボリュームアップ
  3. ■ハイライトに白髪を溶け込ませて目くらまし効果を狙う

「今回はハイライトにベージュ味のあるグレージュを使用しています。肌の色にもよりますが、白髪をカバーするのにぴったりの色です」(西家さん)

六本木美容室 西麻布店スタイリスト・西家直志さん。「ここ最近ゴルフにハマっていて、月1回はコースに出ています。今は100の壁を越えるのが目標です」

問い合わせ先

落ち着いたシックな雰囲気がセレブたちに愛される大人のサロン。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑