髪のクセやうねりは「あってほしくない」部分に出現しがち。強制的に伸ばしたり、逆方向に巻いたり、悪戦苦闘していませんか? 逆転の発想で、うねりやすくなった細い髪質を生かしたヘアスタイルにすれば、髪が落ち着くのだそうです。悩める40代女性のミディアムヘア、どうすればいいのか?を教わりました。

【お悩み】細くてクセが出やすい髪に、ふんわりボリュームがほしい!

ミディアム代表:中島菜々子さん(40歳/役員秘書)のお悩みを解決するには…

■髪型:「顔周りだけにレイヤー」を入れた重めスタイルでうねりを封印

完成
サイド
バック

中島さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬) ★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ(細→太) ★
  4. うるおい(乾→潤) ★
  5. 白髪の量(多→少) ★★★

クセが出やすく、ブローをしてもすぐにペタ~ッとなってしまう中島さんの髪。「全体をワンレングスにすると印象が重くなってしまうので、顔周りだけレイヤーを入れて軽やかさを出しました。前髪は眉にかかる程度の長さでも、厚めにしておくとクセが出にくくなります」(Rougy ヘアデザイナー 二階堂雪さん)

■スタイリング:クセが出やすい前髪は「軽く引っ張りながら」乾かす

前髪にクセやうねりが出やすい人は、「スタイリングするとき、手ぐしで前髪を軽く下に引っ張るようにして、ドライヤーで乾かすと落ち着くはず」(二階堂さん)。サイドやバックの髪は「カールアイロンで毛束の真ん中あたりを挟んだら、髪の根元を起こすように引っ張りながら滑らせるのがポイント。髪を巻くというより、軽く引っ張りながら髪を上に伸ばすイメージですね」(二階堂さん)

スタイリング前

■1:髪を濡らしたら、指でとかしつけるように軽く引っ張りながら乾かす

ドライヤーで引っ張りながら乾かす

■2:カールアイロンで毛束の真ん中あたりを挟み、根元を起こすようにアイロンを滑らせる

カールアイロンで根元を起こす

■3:毛先にワックスを揉み込んだら、毛束をつまみ上げて振り下ろすと、ふんわり感が出現

ワックス後に毛束をつまみ上げる

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■レイヤーを入れすぎるとうねりやすいので、入れるなら顔周りだけ
  2. ■短め&厚め前髪でクセを抑える
  3. ■髪を振り下ろすテクニックで、ボリューム感を演出

「カールアイロンで髪を伸ばした後、髪に空気を入れるようにちらしてください。このひと手間でふんわりウエーブができるので、ペタッとした髪でも一気にボリュームアップします」(二階堂さん)

Rougy ヘアデザイナー・二階堂 雪さん。バッグには常に本が2冊入っている読書好き。「いつも図書館で10冊は借りています。読み終わったら、すぐ次の本が読みたくなるほど活字中毒です」

問い合わせ先

  • Rougy
  • 住所/東京都港区南青山3-10-32 Aoyama Morita bldg1F
  • TEL:03-6804-6082
  • 営業時間:火~木11:00~20:00 金12:00~21:00 土・日祝10:00~19:00
  • 定休日:月曜、第1・3火曜(月曜が祝日の場合は火曜に振り替え)
ひとりひとりの髪質や個性を生かしたスタイリングを提案してくれる大人の隠れ家的サロン

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑