ネクタイの結び方のひとつ、ダブルノットをご存知だろうか。決してダブルブレストスーツ専用の結び方ではなく、ノットを2個つくるわけでもない(できたら凄いが……)。ダブルノットとはプレーンノットの変形で、大剣を二重に巻いて結ぶやり方である。「セミウィンザーノットほどのボリュームはいらないけれど、プレーンノットではバランスがいまいち」というときに、これが役立つのだ。

ダブルノットはネクタイの種類によって向き不向きがある

ネイビーを基調としたシンプルなコーディネートだが、カラークリップを挿すことでより立体的に華やかさが増す。スーツ¥147,000(トレメッツォ<タリアトーレ>)、タイ¥16,000(バインド ピーアール<ステファノ ビジ>)シャツ¥29,000<バルバ>、チーフ¥5,800・カラークリップ¥5,000<バーニーズ ニューヨーク>(すべてバーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

 ネクタイには芯材が入っていることをご存知かと思う。ところが、生地や幅によっては、ダブルノットでもボリュームが出過ぎてしまうことが往々にしてある。対して、相性がいいのは、芯材を使っていないセッテピエゲやフレスコタイなど。これら薄手のネクタイは、スカーフのような柔らかで優雅な仕上がりを楽しめる反面、プレーンノットではボリュームが足りない。そこで、ダブルノットの出番なのである。上の写真では、芯材のないフレスコタイを使い、さらにカラークリップを用いることで、より立体感のあるVゾーンをつくりだしている。
 上手に結ぶ際のポイントは、プレーンノットに比べやや大剣側を長めにとることと、巻きつけた大剣の通す箇所を間違えないことだ。

長さをバランスよく調節する意味でも便利!

 ダブルノットには、ネクタイの長さを調整する効果もある。そもそもネクタイを結んだときの格好のいい長さのバランスとは、大剣がベルトの上に少し乗っかるくらいとされている。ところが、ネクタイの長さはまちまち。プレーンノットでは長すぎて、セミウィンザーノットでは短すぎる。そんなときにもダブルノットは有効だ。ノットのボリュームと長さのバランスで困ったときは、ぜひダブルノットで伊達なVゾーンを構築していただきたい。

結び方の手順

1)小剣を短めに、大剣を長めにとる。
2)小剣を下に、大剣を上にクロスさせる。
3)大剣を前から裏に回す。
4)ふたたび、大剣を前から裏に回す。
5)1回目と二回目のループの間に大剣を上から通す。
6)形を整え、小剣を引っ張りながらノットをあげれば完成!

※価格はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
MOVIE :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊