このフェンディのミニ ピーカブーは、前面のバックルを開けると、はっとするほど意外な色&素材が内側から顔をのぞかせる、粋なデザインになっています。シーズンによって組み合わせが変わるので、私は理想のタイプの登場をひとまず待つことに。そして待つこと待つこと、待つこと数年。ようやくMyベストワンが現れたのです。

ごくシンプルな黒の表革から、レオパード柄がのぞくマッチング。ベーシックにロックな女っぽさを加味する私のスタイル像にもはまり、自分が使う姿がすぐにイメージできました。後悔あっては一利なし。出会いのチャンスを待つこともまた、一生ものを手にするポイントかもしれません。

バッグ『ミニ ピーカブー』[縦18×横23×マチ12㎝/ショルダーストラップ付き]¥371,000・フォックスファーチャーム¥44,000・キーケース¥40,000・手帳¥45,000(すべて税抜)

■フェンディのミニ ピーカブー。辛口なライトグレーから一変、内側にはあでやかなレッドカラーを配して。荷物を取り出すたびに、秘めたる女性らしさを呼び覚ます。

問い合わせ先

※この情報は2015年10月29日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。※バッグは現在、取り扱いを終了しております。

この記事の執筆者
TEXT :
望月律子さん スタイリスト
2017.8.25 更新
雑誌『Domani』など、女性ファッション誌を中心に活動中。ベーシックでいながら洗練されたスタイルが人気。トークイベントやブランドとのコラボアイテムの開発など、活躍の場を広げている。著書『望月律子のBASIC THEORY』(ワニブックス)が好評発売中。
公式サイト:公式ブログ「Ritsuko's Styling Theory」
クレジット :
撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) スタイリスト/三好 彩 文/岩谷知美