マント/MIKAKO NAKAMURA ニット/ユニクロ パンツ/バーニーズ ニューヨーク バッグ/フェンディ 靴/セルジオ ロッシ サングラス/マックスマーラ

身長の低さを目立たせないために
上半身と下半身を分断させないこと、
人の目の動きが、頭の先からつま先まで
なるべくスムーズに流れるように…と
コントラストを抑えた、ワントーンの着こなしを
心がけるようにしています。

この日も、まさにそう。白マントとニットの
上半身に合わせたパンツは
ベージュとグレーがメランジ調になったパンツ。
かなり明るい色合いなので、
トップスから自然につながっていきます。
足を少しでも長く見せたいので
少し短め丈のすそからのぞく肌を
ベージュ系のパンプスでつなぎました。
ちなみに「この寒いのに素足?」とよく聞かれますが
さすがに真冬は無理! 限りなく素足に見える
ランバンのストッキングをはいております
(地黒の私の愛用カラーは“ボレーヌ”)。

セールでよく買うもののひとつが、手袋です。大物を一着買うよりも、小さくてもコーディネートに威力を発揮してくれて、コストパフォーマンスがいいように思うのです。そんなわけで年々増え続ける手袋は、シンプルな白、グレージュ、赤が“Sermoneta”のもの。白のみ内側がカシミヤですが、色違いのグレージュと赤はシルクに。より手にぴったりとフィットして、エレガントです。

ワントーンの着こなしが、すっきり見えるのは
確かだと思うのですが、ときにはそれが
寂しく感じられたり、手抜き印象を与えたり…。
そこで私の場合は、小物に色をもってきます。
特に冬は、帽子や巻き物、手袋など、防寒を兼ねた
小物が増えて、おしゃれが楽しくなるもの。

特に手袋は大好きなアイテムで、しているだけで
女らしく、エレガントに見える気がしませんか?
買うときは、手持ちのバッグや靴の色と合わせると
全身コーディネートの表情になってくれます。
今日のように明るめのワントーンのときは
引き締め色のブラウンの手袋とバッグをリンク。
反対に、濃色の着こなしには、
白バッグと白手袋をリンクさせたり…。
もちろんアウターやインナーと色をそろえても素敵。
“おそろい”って、ただそれだけで、きちんと
おしゃれをしている感じを出してくれるものですね。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

エディターJが編集に携わっている雑誌「Precious」最新3月号はこちら
【身長152cmの着こなし】シリーズはこちら

この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。