ホワイトカラーのワイドパンツを使ったコーディネートのまとめです。脚のラインを気にしてスカートを選びがちな方でも、ワイドパンツならスカートに近い感覚で着られるのでおすすめです。

【目次】

春夏白ワイドパンツコーデ


【1】白ワイドパンツ×黒ブラウス×バッグ

【1】白ワイドパンツ×黒ブラウス×バッグ
ブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(L'AVENTURE martinique〈L'AVENTURE martinique〉)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

大人の愛らしさが漂うパフスリーブのブラウスを、この春はきれ味よく。すっきりとしたデザインのものを選び、白のワイドパンツで颯爽と着こなしましょう。

【2】白ワイドパンツ×白ブラウス×レーストレンチ

【2】白ワイドパンツ×白ブラウス×レーストレンチ
オリヴィア・パレルモ ©Getty Images

肩からふんわりはおったネイビートレンチは、エレガントなレース素材。優しいオフホワイトのセットアップを合わせた好感度の高さは、さすがオリヴィア・パレルモ。大ぶりのジュエリー使いが、おしゃれ上級者の証です。

【3】白ワイドパンツ×白カットソー

【3】白ワイドパンツ×白カットソー

「色の魔術師」と言われるほど独創的な着なしを得意としている、ファッションディレクターのキャロライン・イッサ。 珍しくホワイト一色で登場した際のコーディネートが、こちら。一見シンプルなスタイリングに見えますが、実はアイテム選びで差をつけていることにお気づきでしょうか? 今回注目すべきは、それ一枚でも個性的に見えるシャープな襟元と大振りポケットが印象的なデザインシャツ、それにワイドパンツを合わせてトレンディーに仕上げている、上級ともいえるテクニックです。さりげなくセンスのよさを感じさせるなら、ファッションショーのフロント・ローの常連者から学んで。

【4】白ワイドパンツ×黒チュニック×スカーフ

【4】白ワイドパンツ×黒チュニック×スカーフ
チュニック・パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、イヤリング(アルテミス・ジョイエリ)、スカーフ(マッキントッシュ青山店)、ブレスレット(プレインピープル丸の内)、バッグ・靴(JIMMY CHOO)

ヒップが隠れるロング丈の黒ニットに、しなやかな白のワイドパンツを合わせた今年らしい装い。さらに、白×黒ストライプのスカーフや白小物を加えていくと、着こなし全体に奥行きが生まれ上級センスを演出できるので、初夏らしいエレガンスが香り立ちます。

白ワイドパンツに合わせたい春コートコーデ


【1】白ワイドパンツ×ネイビートレンチ×白ブラウス

【1】白ワイドパンツ×ネイビートレンチ×白ブラウス
コート・ブラウス・パンツ・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ボウブラウスとセミワイドパンツをオールホワイトでそろえて華やかに。ネイビーのミドル丈トレンチコートが、全体を引き締めつつ着こなしをすっきりとまとめてくれます。ヒールパンプスは紺をリンクさせてパテント素材の艶をトッピング。マットゴールドのチェーンバッグをアクセントカラーに加えたのもポイントです。

【2】白ワイドパンツ×黒ジャケット×シャツ

【2】白ワイドパンツ×黒ジャケット×シャツ
ジャケット・シャツ・パンツ・リング・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

落ち感があり、ブルゾン感覚ではおれるジャケット。深い黒、そしてゴールドボタンのダブルブレストでアメリカン・トラッドとは一線を画す、洗練された雰囲気はランバンならでは。白のワイドパンツを合わせて、しなやかさを取り入れるのも、ジャケットスタイルをアップデートさせる極意です。

【3】白ワイドパンツ×キャメルラップコート×トップス

【3】白ワイドパンツ×キャメルラップコート×トップス
コート(キートン)、トップス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ティビ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、ブレスレット・リング(ピアジェ)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

一枚仕立てで軽やかさを出した、スエード素材のラップコートはコクのあるキャメルカラーがトレンチ風のたたずまい。白のガウチョパンツで軽快にまとめましょう。

【4】白ワイドパンツ×キャメルカーディガン×ニット

【4】白ワイドパンツ×キャメルカーディガン×ニット
ラルフ ローレンコレクションのカーディガン・ニット・パンツ・ラルフ ローレンのバッグ(ラルフ ローレン)、ピアス・パールネックレス(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ファッションアイコンたちが時代を超えて愛してきたアンサンブルニットやパールネックレス。コンサバティブだからこその安心感も、多くの人に親しまれる理由のひとつです。そんな王道名品を退屈に見せず、絶えず旬を感じさせるのが、おしゃれの楽しさ。長めでゆったりとしたカーディガンに、ロングネックレスで、今年らしい着こなしに仕上げましょう。

【5】白ワイドパンツ×黒ブルゾン

【5】白ワイドパンツ×黒ブルゾン
ブルゾン・パンツ・バッグ(トム フォード ジャパン)、バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

甘さを排除した黒×白のメリハリ配色には、小物もモノトーンを合わせるのが常。でもここにキャメルをプラスすると…その華やぎ効果は抜群! リネン混キャンバス地のショートブルゾンにワイドボトムを合わせたスポーティーな着こなしも、キャメルレザーのコクによって、ゴージャスなリッチ感が生まれます。

白ワイドパンツとの組み合わせにおすすめなコート


【1】ブルネロクチネリのスエードフーテッドコート

【1】ブルネロクチネリのスエードフーテッドコート
コート(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

従来のスポーティーアイテムは、一歩間違えるとメンズすぎる傾向が。その点、このアウターは極薄スエードのしなやかさも、少し長めの丈感もエレガント。コーディネートを邪魔しない控えめなシルバービジューもいいバランスです。ワイドパンツにボリューム靴、トップスはシンプルなものを合わせて。全体をニュアンス色のワントーンで、ラグジュアリーにまとめましょう。

ブルネロ クチネリのスエードフーテッドコート

白ワイドパンツに合わせたい春靴コーデ


【1】ローファー×白ワイドパンツ×ネイビージャケット

【1】ローファー×白ワイドパンツ×ネイビージャケット
ストラネスのジャケット・バンフォードのニット(三喜商事)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス( シャンテクレール東京店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろの縦シーム、ビッグポケット、高めの位置に配されたダブルボタンなど、スタイルアップのための工夫が随所に散りばめられたジャケット。イタリア産のコットン混ナイロン生地は、しなやかでストレッチ性の高い着心地が魅力です。とろみのあるオフ白のワイドボトムが軽快さをもたらしてくれます。

【2】ヒールサンダル×白ワイドパンツ×黒ジャケット

【2】ヒールサンダル×白ワイドパンツ×黒ジャケット
ジャケット(ディースクエアード 東京〈ディースクエアード〉)、ブラウス(アパルトモン青山店〈ティビ〉)、パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ベルト・バッグ(バリー 銀座店〈バリー〉)、ネックレス・ブレスレット・バングル(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フォーマル感を重視するなら、モノトーンをベースにするのがおすすめ。キャメル色の小物が、辛口配色に女らしさと軽やかさを授けてくれます。

【3】ゴールドパンプス×白ワイドパンツ×ノーカラージャケット

【3】ゴールドパンプス×白ワイドパンツ×ノーカラージャケット
ジャケット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ニット(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア〈シンクロ クロッシングズ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バングル(ドレステリア 二子玉川店〈ヴィタフェデ〉)、バッグ(サン・フレール〈マイスエリ〉)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2016年

清潔感のある同色のワントーンコーデなら女性らしく、セットアップ風の旬な着こなしが楽しめます。

白ワイドパンツとの組み合わせにおすすめな靴


【1】マノロブラニクのBBペールグレースエード

【1】マノロブラニクのBBペールグレースエード
靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

これから夏にかけて活躍間違いなしの、淡いグレーのスエード。とろみのあるネイビーのワンピースやワイドパンツとも好相性です。ほっそりとしたポインテッドトウが、スエード素材をカジュアルに見せないのも魅力。