春服としておすすめのコーディネートをまとめました。三寒四温、朝晩の寒暖差が大きいこの季節にぴったりの働く女性のためのコーディネートを紹介します。

【目次】

オフィスにおすすめのスカートコーデ


ピンクジャケット×タートルニット×タイトスカート

ピンクジャケット×タートルニット×タイトスカート
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット・スカート(キートン)、ピアス・バングル・時計・リング(シャネル)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

装飾を省いた極めてミニマルなデザインながら、大きめテーラードカラーのデザインが豊かで女らしい表情を引き出してくれるジャケット。驚くほど軽いファブリックは触り心地なめらかなカシミヤ100%です。タートルニット×タイトスカートは最愛のブラックでまとめ、小物は知的なスクエア形で統一してクールな印象に。やわらかなピンクとのコントラストが、かえって女らしさを際立ててくれます。

ブルネロ クチネリのロングジャケット×スカート

ブルネロ クチネリのロングジャケット×スカート
ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス( フレッド) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

着丈はヒップラインを覆う72㎝のジャケット。ダブルブレストの本格サルトリアルジャケットながら、スパンコールで描かれたウィンドーペンやコットンリネンのさらっとした着心地がジャケット特有の堅さを払拭してくれます。メンズライクなロングジャケット×とろみスカートの新鮮なコンビネーションの足元は、ヒールで女らしくまとめるのが正解です。

黒ニット×黒スカートで異素材の着こなし

黒ニット×黒スカートで異素材の着こなし
ケイトのニット・リカのスカート(ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店)、サングラス(オリバーピープルズ・東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バングル/(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

プレーンな黒を組み合わせる着こなしは、異なる素材をミックスし、アクセントを効かせて。スカートのゴールドボタンやサングラス、ジュエリーでリッチ感もアップさせましょう。オールブラックの迫力が強すぎるから、パンプスはローヒールを選んでこなれ感を演出。

白シャツ×キャメルベージュのスカート

白シャツ×キャメルベージュのスカート
スカート・シャツ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、時計・バングル/・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ハリのあるシルクオーガンジー素材で軽やかさをまとった、コクのあるキャメルベージュのスカートが、着こなしを刷新。みずみずしく、かっこいい、今理想の女らしさを手に入れましょう。

ベージュのコート×ブルーのニット×ツイードスカート

ベージュのコート×ブルーのニット×ツイードスカート
コート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(エストネーション〈エストネーション〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ、アルマーニ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

上品なベージュのノーカラーコートに、ピュアなブルーのニットが映えて。ゴールドラメが光る白のツイードスカートで、快活な印象に仕上げましょう。

白シャツ×タイトスカート

白シャツ×タイトスカート
靴(セルジオ ロッシ)、シャツ(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、スカート(エストネーション)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、時計(オメガ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

働く女性が信頼を寄せるセルジオ ロッシのスティレットヒールパンプス。人気の7.5㎝ヒールに昨年仲間入りしたポインテッドトウパンプスが、すでに新名品との呼び声高く、ファッションの目利きたちの熱い視線を集めています。絶対的な美しいフォルムと履き心地のよさに加えて、『sr1』コレクションの特徴である、フロントのシルバープレートが、足元にエッジの効いたセンスを光らせます。しっとりとなめらかで、透きとおった肌のような、ラムナッパレザーのヌードベージュなら、春の明るい色の装いにも自然になじみ、つま先までブライトアップして、全身の透明感がぐっと高まります。

ドルチェ&ガッバーナのジャケット×スカート

ドルチェ&ガッバーナのジャケット×スカート
ジャケット・スカート・バッグ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

贅沢な総レース仕立て、内側にボーンを入れたグラマラスシルエット…。この特別感を軽やかに楽しめる55㎝着丈が、気分です! チュール素材に施されたマクラメレースの軽い着心地と、襟や前身ごろ中央の裏からのぞく白で、春らしい爽やかさと抜け感を演出しましょう。

ジョルジオ アルマーニのジャケット×スカート

ジョルジオ アルマーニのジャケット×スカート
ジャケット・スカート・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ銀座タワー) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットのきちんと感とブラウスのたおやかさが調和したオーガンジー×シルクサテン仕立て。グレーと白のツイードスカートやミントグリーンのバッグ…と淡色でまとめた着こなしに投入して、ラグジュアリーかつクールな印象に導きましょう。

ノーボタンの白ジャケット×フレアスカート

ノーボタンの白ジャケット×フレアスカート
ジャケット(Theory luxe)、ニット(八木通商〈ルトロワ〉)、スカート(三喜商事〈イレブンティ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、スカーフ(MOGA)、ピアス・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ〉)バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはノーボタン、センターベントで動きやすくて、今らしい一着。カーディガン感覚でふんわりスカートに合わせれば、リラックスした女らしさを表現できます。

シトラスイエローのニット×ピンクのスカート

シトラスイエローのニット×ピンクのスカート
ニット(オルドス ファッション ジャパン)、スカート(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

いつもなら同じトーンのベージュピンクで無難になじませるところを、今春は瑞々しく明るいイエローを選択して、遊び心あふれる色合わせに。シトラスイエローの爽やかさが際立って、スタイリッシュな着こなしがかないます。バッグと靴は、全身をつなげる役目のベージュが正解です。

オフィスにおすすめのパンツコーデ


マックスマーラのジャケット×ブラウス×パンツ

マックスマーラのジャケット×ブラウス×パンツ
エス マックスマーラのジャケット・マックスマーラのブラウス・パンツ・バッグ・ストラップ(マックスマーラ ジャパン)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレスとして使用したブレスレット・ネックレス・チェーンブレスレット・バングル・リング(ティファニー·アンド·カンパニー·ジャパン·インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アンゴラ混ウール地のダブルフェースの、低めのスタンドカラーがスタイリッシュなアウターが主役。ジャケットの着丈が長いぶん、ハイウエストを意識した着こなしに。

ネイビーのジャケット×黒ニット×白ワイドパンツ

ネイビーのジャケット×黒ニット×白ワイドパンツ
ストラネスのジャケット・バンフォードのニット(三喜商事)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス( シャンテクレール東京店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) 撮影/水田学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろの縦シーム、ビッグポケット、高めの位置に配されたダブルボタンなど、スタイルアップのための工夫が随所に散りばめられたジャケット。イタリア産のコットン混ナイロン生地は、しなやかでストレッチ性の高い着心地が魅力です。とろみのあるオフ白のワイドボトムが軽快さをもたらしてくれます。

ジャケット×パンツのセットアップスタイル

ジャケット×パンツのセットアップスタイル
ジャケット・パンツ(マディソンブルー)、カットソー(スローン)、ピアス・ネックレス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ウエスト位置を高めで絞ったジャケット、ヒップラインを美しく見せるパンツ…。こんなさりげない女らしさを感じさせる、シルエットのきれいな黒のセットアップこそ、特別な日に限定せず、日常に取り入れましょう。

ブルーのアンサンブル×黒パンツ

ブルーのアンサンブル×黒パンツ
パンツ(REYC)、カーディガン・ニット(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(SUPER A MARKET〈CULT GAIA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

センタープレス入りのパンツは、シルクシャンタンを思わせる光沢が美しい、ベーシックでもニュアンスのある一着。万能の黒パンツは、きれい色と相思相愛だから、鮮やか色もシックに楽しめます。

コート×ニット×パンツ

コート×ニット×パンツ
コート(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ニット(ブラミンク)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)、バッグ(フェンディ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

全身を白でまとめた着こなしも、キャメルのバッグやベージュの靴を合わせることで、着こなしにリッチな奥行きが生まれます。足どり軽く オフィスに向かえば、一枚仕立てのコートが春風にたわむれる感触も心地いい!

ブルーのブルゾン×白ニット×ベージュパンツ

ブルーのブルゾン×白ニット×ベージュパンツ
ブルゾン(三喜商事〈マレーラ〉)、ノースリーブニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、時計(パテック フィリップジャパン)、リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、靴(ピエール アルディ 東京)、ノートカバー・ノート(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベージュを着る日はワントーンでまとめて優しく、あるいは×ブラックできりっと…というのが王道。さらに今季は、ベージュにきれいな春色を合わせる配色コーディネートがおすすめです。ブルーを合わせてみずみずしく、イエローを合わせてチャーミングに…と、ベージュの装いに奥行きが出ること間違いなし。そして、「ベージュ×春色」のコーディネートを成功させる鍵は、実は「少量の白」にあるのです。

モカベージュのブラウス×ベージュのワイドパンツ

モカベージュのブラウス×ベージュのワイドパンツ
シルクブラウス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉)、パンツ(J&M デヴィッドソン 青山店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

仕事の日にもおすすめの、ハンサムな「透け感ベージュ」の装い。モカベージュのブラウスと淡ベージュのパンツを軸に、小物まですべてワントーンでまとめると、洗練された着こなしがかないます。

イエローのジャケット×ノースリーブニット×クロップドパンツ

イエローのジャケット×ノースリーブニット×クロップドパンツ
ジャケット(ebure)、ノースリーブニット(エストネーション〈エストネーション〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)ピアス・ブレスレット(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

明るい陽差しが心地よい日は、イエローのジャケットに挑戦する好機。ドロップショルダーのシルエットやカーキのパイピングが、ノーカラージャケットを新鮮な印象に。繊細なラメが光るニットとクロップドパンツを、トップベージュでつなげれば、ワークシーンにもふさわしい、品のよさが生まれます。

シルクサテンのブラウス×ベージュのワイドパンツ

シルクサテンのブラウス×ベージュのワイドパンツ
ブラウス(VINCE 表参道店)、パンツ(アングローバル〈イレーヴ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ストール(チェルキ〈クラウディオ クトゥーリ〉)、フィリップ オーディベールのピアス・バングル・ランドシヌールのリング(アストラット 新宿店)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

肌艶を美しく見せるシルクサテンのブラウスは、ぜひともワードローブに常備しておきたいアイテム。胸元に香るセクシーなシャープ感、ドロップショルダーのリラックス感、上品な素材感に漂うエレガンスを絶妙なバランスで集約した一枚です。トーンを合わせたベージュパンツで、上品にまとめましょう。

黒のカーディガン&ニット×コーラルピンクのパンツ

黒のカーディガン&ニット×コーラルピンクのパンツ
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、カーディガン・ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ネックレス(エミリオ・プッチ ジャパン)、バングル(showroom SESSION〈マリア ブラック〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ボディーにつかず離れずでフィットするノータックのテーパードパンツを主役に。素材はシワになりにくいポリエステル・レーヨン。パッと目に飛び込んでくる鮮やかなコーラルピンクのパンツを、引き締め役の黒ニットと白の小物でメリハリをつけましょう。