ネイビー色のパンツを取り入れたコーディネートをまとめました。ダークトーンでも黒ほど重くなりすぎないネイビーカラーはこの春の大人コーデにぴったり。

【目次】

春のレディースネイビーパンツコーデ


【1】ネイビーパンツ×ネイビーニット×白ジャケット

【1】ネイビーパンツ×ネイビーニット×白ジャケット
ジャケット・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、眼鏡(バーバリー アイウェア)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ(ヴァレクストラジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは春の陽差しが透ける、極薄ウールのダブルフェース。身ごろにつながる襟は、高めに立てると華やかな表情に。春には少々重めなネイビートーンをクリアな白がワントーン明るく見せてくれます。あえて細身のスティックパンツに合わせてジャケットをゆったりとはおるのも、ボディーラインを華奢に見せるテクニックです。

【2】ネイビーパンツ×ネイビーカットソー×ネイビーコート

【2】ネイビーパンツ×ネイビーカットソー×ネイビーコート
コットンストレッチのトレンチコート・トップス・パンツ・靴(コロネット〈ザ ロウ〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈キョーコ ホンダ ニューヨーク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

人気のトレンチコートは、迫力のロング丈で最旬の美人オーラを漂わせましょう。全体には細身ながら、程よいハリと、たっぷりとしたロング丈による贅沢な布さばきが魅力の一着。インに着たのは、上質なジャージー素材の深Vトップスとパンツのセットアップ。ネイビーでまとめると表情も引き締まって、凛としたかっこよさがアップします。

【3】ネイビーパンツ×ネイビーニット

【3】ネイビーパンツ×ネイビーニット
ネックレス・ブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ニット・パンツ(ステラ マッカートニー ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

シンプルで知的に映るネイビーニットは、大人の定番。けれど今日は華やぎたいという日には、物足りないことも…。そんなとき加えたいのが、ゴールドジュエリーの洗練オーラ。ゴールドの煌きらめきを重ねることで、ドキッとさせるほどの美人オーラが生まれるのです。ゴールドジュエリーは1点だけ身につけるより、組み合わせの相乗効果で華やぎ感やこなれ感を演出しましょう。

【4】ネイビーパンツ×ネイビーブラウス×白ロングジレ

【4】ネイビーパンツ×ネイビーブラウス×白ロングジレ
バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ボウタイノースリーブブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ベーシックなクロップドパンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ロングジレジャケット(三崎商事〈マロ〉)) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

きちんと感を意識して、トップスとボトムをネイビーで統一。知的なワントーンに沿うよう、白のロングジレを合わせた額縁効果で、心なしか鏡に映った自分がいつもよりスリムに見えるかも…? 旬のカジュアル感に加えて、品格も備えたジレは、クールな春夏のオンスタイルの新戦力になります。合わせるバッグも、小ぶりでクリアな白を選んで色数を抑え、クールな女性像を目指しましょう。

春のレディースネイビーワイドパンツコーデ


【1】ネイビーワイドパンツ×ネイビーストライプシャツ

【1】ネイビーワイドパンツ×ネイビーストライプシャツ
シャツ・パンツ・ベルト・バッグ(マイケル・コース ジャパン〈マイケル・コース コレクション〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

襟とカフスの白が目にまぶしい、クラシックなクレリックシャツ。トラッドはいつの時代も、清潔感や初々しさを表現してくれます。特にネイビーに注目が集まるこの春夏は、大人のマリンスタイルのアップデートをおしゃれの優先課題にしてみては? ドレスシャツにワイドパンツをゆったりと合わせれば、はっきりとした配色のかわいさに、しなやかな女らしさが加わって、とびきり好感度がアップします。

【2】ネイビーワイドパンツ×黒ニット×白ジャケット

【2】ネイビーワイドパンツ×黒ニット×白ジャケット
ジャケット・ストール(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ニット(エンフォルド)、パンツ(Theory luxe)、ベルト(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND〉)、サングラス(バーバリー アイウェア)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

成熟した女性のジャケットスタイルは、一歩間違えると相手を圧倒してしまう威圧感が悩みの種。むしろ女らしさを意識したほうが好印象を与えます。しなやかなラインをつくるよう、ジャケットもボトムも、とろみのある素材や、流れるようなシルエットを選ぶと効果的です。

【3】ネイビーワイドパンツ×ストライプシャツ

【3】ネイビーワイドパンツ×ストライプシャツ
コットンのシャツ・パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、バッグ(ドゥロワー 丸の内店〈イニス〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ピッチの異なるストライプが今年らしいシャツ。一見シンプルでメンズライクなシルエットなのに、袖口に向かって広がるボリュームスリーブが、これまでになく新鮮。白く大きなカフスもエレガンスを強調してくれます。ネイビーのパンツに合わせて、爽やかな知的美人を演出しましょう。

【4】ネイビーワイドパンツ×白シャツ

【4】ネイビーワイドパンツ×白シャツ

白&ネイビーという鉄板の洗練配色をモダンにアップデートしたのは、濃紺のベーシックパンツを軸に重ねた、濃淡の違うネイビーカラーのレイヤードテクニックでした。エレガントなアニマルスキンのワンハンドルバッグと、クラシックなシルクサテン素材をカジュアルに刷新したスリッポンタイプのシューズ選びが、マリンコーデの新境地を開拓。ユニークなサングラス選びなど、ベーシックスタイルを個性的に着崩すワザを、今すぐデイリーに取り入れましょう。

ネイビーパンツに合わせたい靴


【1】ネイビーパンツ×ネイビーヒールパンプス

【1】ネイビーパンツ×ネイビーヒールパンプス
コート(SANYO SHOKAI〈SANYO〉)、カーディガン(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、ネックレス/ピアスとセット価格(チェルキ〈ルーナ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

前立てのボタンが縦ラインを強調して端正なシルエットが際立つ一着。やわらかなコットンが着くずしたときにしなやかな表情を演出してくれます。ニット+パンツの端正スタイルを非凡に仕上げているのが、流行のブライトイエローのニットの見せ方。コートの袖をラフにロールアップしてニットをのぞかせるひと技で、カジュアルを極めた大人のセンスを香らせて。パンツとパンプスをネイビーでそろえるだけで、上品さも漂います。

【2】ネイビーパンツ×白スニーカー

【2】ネイビーパンツ×白スニーカー
パンツ(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、ジャケット(三崎商事〈マロ〉)、トップス(アストラット 青山店〈アストラット〉)、バッグ・ショルダーストラップ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ペンダント・リング・時計・ストラップ(ピアジェ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

バッグのストラップの鮮やかなイエローを差し色に効かせた、きれいめパンツスタイル。

【3】ネイビーパンツ×グレーパンプス

【3】ネイビーパンツ×グレーパンプス
ジャケット(三喜商事〈Tジャケット〉)、インナー・パンツ(VINCE 表参道店〈ヴィンス〉)、サングラス(ストラスブルゴ〈オリバー ゴールドスミス〉)、バングル(インターナショナルギャラリー ビームス〈ビルウォールレザー〉)、モローパリのバッグ・バーニーズニューヨークの靴(バーニーズ ニューヨーク) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ミドルゲージのニットにも関わらず、袖を通せば、驚くほど構築的なシルエットとTシャツのような軽やかさを実現。オールネイビーの着こなしでも軽快に見せてくれます。