加齢とともに、髪が1本1本細くてやわらかくなってくると、根元を立ち上げてもすぐにペタッとなりがち。自分ではプロ並みの仕上がりはできない…なんてあきらめは、禁物です。コツさえつかめば、誰でも「長もちする根元立ち上がりヘア」が実現できます!

【お悩み】すぐにペタッとなるトップの髪をず~っとふんわりさせたい!

ショート代表:三方重美さん(56歳/主婦)のお悩みを解決するには…

■髪型:全体のシルエットが菱形になるようにトップにボリュームをつくる

完成
サイド
バック

三方さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ(細→太) ★★
  4. うるおい(乾→潤) ★★★
  5. 白髪の量(多→少) ★★

髪がとてもやわらかいため、ボリュームが出にくい三方さんの髪。「根元の立ち上がりをつくりやすくするために、レイヤーを入れています。ボリュームゾーンを上に持たせるため、襟足部分をタイトにまとめているのもポイント」(air-GINZA店長・長門政和さん)

■スタイリング:ブロッキングしてサイドはカール、トップは立ち上げるようにブロー

長門さんが提案するスタイリングの道具は、クルクルドライヤー(カールドライヤー)1本。「サイドはふんわりさせたいので、内巻きになるようにブローします。トップの髪は根元を立ち上げるようにドライヤーを動かしてください」(長門さん)

スタイリング前

■1:頭頂部の髪をピンなどで留め、サイドの髪を内巻きになるようにブロー。終わったら逆サイドも同様に

カールドライヤーでブロー

■2:頭頂部は握りこぶし1個分の毛束をとり、根元から大きな円を描くようにドライヤーを動かす

カールドライヤーで根元を立ち上げる

■3:ワックスを手に取り、手のひら全体になじませる

ワックスを手のひらになじませる

■4:髪の「内側から中間あたり」を揉み込むようにしてワックスをなじませる

ワックスを髪の内側に

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. スタイリングの前に必ずブロッキングして、頭頂部とサイドに分ける
  2. ワックスは必ず手のひら上でのばし、水分を飛ばすこと
  3. ワックスは髪の表面ではなく内側になじませる

「髪がやわらかい方には、ちょっと固めのワックスがお薦めです。三方さんにはビューティエクスペリエンスの『メイクアップワックス4.0』を使っています」(長門さん)

ワックスをそのまま髪につけると水分が多すぎるため、せっかく立ち上げた髪がペタ~ッとなってしまうとか。「手のひら上で擦り合わせるといい具合に水分が飛ぶので、このひと手間を忘れないでください。なじませるのは髪の内側です。根元のふんわり感をキープするように揉み込んでください」(長門さん)

air-GINZA店長・長門政和さん。体を動かすのが大好きとか。「週2回は出勤前にジムへ通っています。休日は仲間とフットサルをするのが楽しみですね」

問い合わせ先

  • air-GINZA
    住所/東京都中央区銀座1-2-4サクセス銀座ファーストビル3F
    TEL:03-5524-0202
    営業時間:平日・土11:00~21:00 日祝10:00~19:00
    定休日:火曜
卓越した技術力はもちろんのこと、常に最新の美容を取り入れた本物のヘアケアを提案してくれる。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑