ハイウエストのスカートを取り入れたコーディネートをまとめました。ウエストを細く、脚を長く見せる効果が期待できるハイウエストスカートの着こなしテクニックをご紹介します。

【目次】

春のハイウエストスカートコーデ


【1】パープルハイウエストスカート×イエローシャツ×コート

【1】パープルハイウエストスカート×イエローシャツ×コート
コート(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)、バッグ・シャツ・スカート・ネックレス(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

注目すべきは、肩の部分に手作業で染料をスプレーし、オフホワイトからピンクへとニュアンスをつけた美しいグラデーションのコートです。さらに、裾と袖にメタルアイレットなどの装飾を配し、個性あふれる一着に。しなやかなカーフスエードならではの素材感を生かして、さっとはおる感覚で着こなしましょう。スカートはパープル、バッグはイエローグリーンのパイソンで、全体を春らしいカラーパレットに!

【2】黒ハイウエストスカート×ブラウス×コート

【2】黒ハイウエストスカート×ブラウス×コート
コート(バーニーズ ニューヨーク〈エイトン〉)、ブラウス(アクアモーレ〈トマソ ステファネリ〉)、スカート(バイ マレーネ ビルガー 青山店〈バイ マレーネ ビルガー〉)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

まろやかな肩のラインと歩くたびに優雅に揺れる程よいゆとりのあるシルエットが優雅なトレンチ。ブラウスもスカートもとろみのある素材だから、その質感を生かせば、たおやかなモノトーンスタイルが完成します。一枚仕立てのコート前を開けてさらりとはおり、ハイウエストを強調して、軽やかに躍動するエレガントな着こなしに。

【3】赤ハイウエストスカート×赤ニット

【3】赤ハイウエストスカート×赤ニット
トップス・レザースカート・ピアス・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

顔の表情をぱっと明るく見せる鮮やか色のトップスは、素肌がほんのりのぞく、透け感のあるポロ襟ニット。カジュアルなアイテムながら、素材感や襟のあき具合でさりげなく女らしさを感じさせるところが、今の気持ちにぴったりです。ハイウエストのスカートまでワントーンでまとめて華やかに仕上げましょう。

【4】ベージュハイウエストスカート×シャツ

【4】ベージュハイウエストスカート×シャツ
ディオール ファイン ジュエリーのリング・ディオール タイムピーシズの時計(クリスチャン ディオール)、シャツ(マディソンブルー ヘッドストア〈 マディソンブルー〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈 シクラス〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

シャツ&スカートをアースカラーの濃淡でまとめて上品に。ゴールドのリングを加えただけで、表情まで華やかに仕上がります。

【5】ベージュハイウエストスカート×白シャツ

【5】ベージュハイウエストスカート×白シャツ
スカート・シャツ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、時計・バングル/・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ハリのあるシルクオーガンジー素材で軽やかさをまとった、コクのあるキャメルベージュのスカートが、着こなしを刷新。みずみずしく、かっこいい、今理想の女らしさを手に入れましょう。

白ハイウエストスカートコーデ


【1】白ハイウエストスカート×グリーンニット

【1】白ハイウエストスカート×グリーンニット
ニット・スカート・バッグ・イヤリング・リング(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

往年のジャッキースタイルを彷彿させる、タートルネックニットとAラインスカートの着こなし。スカートにあしらわれたダブルGのバックルは、グッチの新時代のステートメントです。グリーン×白のビビッドな配色を品格漂うスタイルで楽しみましょう。

【2】白ハイウエストスカート×白ブラウス

【2】白ハイウエストスカート×白ブラウス
ブラウス・スカート・ピアス・バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

一見、ごくシンプルな着こなしにも見えますが、深めのネックラインやオーバーサイズなど計算し尽くされたシルクブラウスが逸品。歩くたびにひらりと揺れるラップスカートも同色でそろえたら、仕上げにクロコダイルのバッグでキレ味を出しましょう。丁寧に染め上げたブルーグラデーションの色調がワントーンスタイルの精度をぐっと上げてくれます。

タイトハイウエストスカートコーデ


【1】タイトハイウエストスカート×白シャツ

【1】タイトハイウエストスカート×白シャツ
靴(セルジオ ロッシ)、シャツ(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、スカート(エストネーション)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、時計(オメガ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

働く女性が信頼を寄せるセルジオ ロッシのスティレットヒールパンプス。人気の7.5㎝ヒールに昨年仲間入りしたポインテッドトウパンプスが、すでに新名品との呼び声高く、ファッションの目利きたちの熱い視線を集めています。しっとりとなめらかで、透きとおった肌のような、ラムナッパレザーのヌードベージュなら、同系色で女性らしいミモレ丈のスカートにも自然になじみ、全身の透明感がぐっと高まります。

【2】タイトハイウエストスカート×黒ニット

【2】タイトハイウエストスカート×黒ニット
ケイトのニット・リカのスカート(ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店)、サングラス(オリバーピープルズ・東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

プレーンな黒を組み合わせる着こなしは、異なる素材をミックスし、アクセントを効かせて。スカートのゴールドボタンやサングラス、ジュエリーでリッチ感もアップさせましょう。

フレアハイウエストスカートコーデ


【1】フレアハイウエストスカート×黒ニット

【1】フレアハイウエストスカート×黒ニット
ニット(ルシェルブルーカスタマーサービス〈アイレネ〉)、スカート(wb)、ネックレス(ADORE 六本木ヒルズ店〈タタボレロ〉)、バッグ(ザ シークレットクロゼット二子玉川〈ペラン〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

きゅっと絞ったウエストからランダムに入れたタックでボリュームを加えたスカートは、ふくらはぎにかかるくらいのミモレ丈。情熱的な朱赤を落ち着いて見せるメリハリある配色も、黒の分量を控えめに、また全身にちりばめることで、優しく親しみやすい雰囲気になります。

【2】フレアハイウエストスカート×黒半袖ニット

【2】フレアハイウエストスカート×黒半袖ニット
スカート(オールウェイズ〈M・Fil〉)、ニット(スローン)、マリハのネックレス・ヒロタカのバングル(show room SESSION)、バッグ(クリスチャン ルブタン ジャパン)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

シンプルニット×ハイウエストのふんわりスカートは、大人かわいい着こなしの基本形。丈に前後差をつけたデザインと大胆に施されたタックによるボリューム感で、佇む姿さえも愛らしい。フィット&フレアのシルエットを極めれば、全身黒を重ねても、シャープすぎず、好感度も高い装いがかないます。

【3】フレアハイウエストスカート×グレーブラウス

【3】フレアハイウエストスカート×グレーブラウス
シルクブラウス(ウィム ガゼット青山店〈ロバート フリードマン〉)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

いつもならシックな黒やベージュに合わせていたグレージュのシルクブラウスも、ボトムをきれい色に変えるだけで、表情まで生き生きと新鮮になります。合わせたきれい色はしっとりとやわらかな質感を生かしたミモレ丈のフレアスカート。深みのあるオレンジだから華美になりすぎず上品。トップスをインして、共布のベルトでウエストマークすれば、スタイルアップ効果も狙えます。

ロングハイウエストスカートコーデ


【1】ロングハイウエストスカート×カーキブラウス

【1】ロングハイウエストスカート×カーキブラウス
ブラウス(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、ピアス・リング(ストラスブルゴ〈スティーブン デュエック〉)、バッグ(PredPR〈プロエンザ スクーラー〉)、靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フルレースのコットンブラウスは、カットワークの柄も、五分袖のボリュームスリーブも清楚な女らしさが魅力。トレンドのシックカラー、カーキでまとめれば、こなれ感も生まれて、ただならぬ存在感と上級センスが漂う着こなしが完成します。

【2】ロングハイウエストスカート×ピンクブラウス

【2】ロングハイウエストスカート×ピンクブラウス
ブラウス(ブラミンク)、スカート(アマン〈アンスクリア〉)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、帽子(ドゥロワー 丸の内店〈アルバータス・スワンポエル〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

身につけると気分が高まる鮮やかピンクなら美人度が上昇。今季新鮮さが漂うピンクの筆頭は、目の覚めるようなフューシャピンクです。顔映りもよく若々しい色のパワーを味方につけて、クラス感を演出しましょう。