ブトン ドール コレクションから、カラフルな新色が登場

フランスのハイジュエリーブランド、ヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)から、ブトン ドール(Bouton d’or®)コレクションの新色が6月1日より発売予定。ターコイズやラピスラズリといった色鮮やかな宝石を使った、ネックレスやリングがそろいます。

スパンコールがモチーフとなったブトン ドール コレクション

  • 1936年、ベル ブレスレットの作品カード ©ヴァン クリーフ&アーペル コレクション アーカイブズ
  • 1947年、バレリーナ クリップの作品カード ©ヴァン クリーフ&アーペル コレクション アーカイブズ

ジュエリーに息づく詩的な世界観と、高い技術力からグランサンク(パリの5大ジュエラー)のひとつに数えられているヴァン クリーフ&アーペル。2016年に発表されたブトン ドールは、1936年にメゾンのネックレスとクリップに初めて用いられた、パイエット(スパンコール)のモチーフから生まれたコレクションです。1947年には、ブランドを代表するバレリーナ クリップのチュチュにも、ルビーやターコイズとともにパイエットを採用。立体感のある、美しいシルエットをもたらしました。ブトン ドール コレクションには、ヴァン クリーフ&アーペルが長きにわたって愛してきたこのパイエットが、モダンに再解釈され取り入れられているのです。

ターコイズやラピスラズリが用いられた色鮮やかな新色ジュエリー

ブトン ドール コレクションのイヤリングとペンダント

新色に用いられているのは、ターコイズ、ラピスラズリ、イエローゴールド、そしてダイヤモンド。ターコイズとラピスラズリの対照的なふたつのブルーを、イエローゴールドの温かみのある輝きが引き立てます。そして、その中央にはダイヤモンドが煌めき、4つすべてが上品に調和。異なる素材を大胆に組み合わせることで新たな色調と輝きを実現した、女性らしくエレガントなジュエリーとなっています。

ブトン ドール ネックレス¥13,600,000

パイエットモチーフの無数の凹凸が印象的なネックレス。流れるようなしなやかさで、デコルテを上品に飾ります。

ブトン ドール ペンダント¥4,100,000

大ぶりなトップが印象的なペンダントは、存在感も抜群です。

ブトン ドール イヤリング¥3,800,000

しなやかに揺れ動くイヤリングは、静謐なブルーと温かみのあるイエローゴールドが顔周りを明るく演出。

ブトン ドール ブレスレット¥6,400,000

見事なグラデーション美しいブレスレットは、手首にもインパクトをプラスしてくれます。

ブトン ドール リング¥2,525,000

ひとつひとつ慎重にセッティングされたパイエットが美しいリングは、花のような立体感が楽しめます。

美しい輝きを生み出すのは、選び抜かれた最高級の宝石たち

  • ターコイズ
  • ラピスラズリ

今回の新色に用いられているターコイズとラピスラズリは、色の均一さや濃さなどを独自の厳格な基準により選抜。さらに、基準を満たしたものも、個々の色合いや不透明度を完璧に調和させるため、再度注意深く選定されていきます。中央にセットされるダイヤモンドも同様に、高い基準を満たしているものだけが選ばれ、これによりブトン ドール コレクションならではの美しい輝きを実現しているのです。

比類なき美しさを実現する、ハイジュエラーならではの卓越した職人技

手作業で製作されるパイエット モチーフ

ブトン ドールの作品に命を吹き込むのは、メゾンに代々受け継がれる、極めて高度な技術をもつ職人たち。パイエット モチーフとジュエリーは手作業により成形後、繰り返し研磨を実施。これは、独特の凹凸が特徴的なパイエット モチーフにとってきわめて重要な工程です。素材の輝きを引き立てつつ、モチーフの形状を崩さぬよう、細心の注意が払われます。

そして、作品のしなやかさを保つため、数百、数千もの部品をつなげる作業も手作業で行います。この非常に複雑な工程を可能にするのが、ヴァン クリーフ&アーペルならではの卓越した職人技。完成したジュエリーは、その品質や仕上がりが厳格な基準を満たしているかを入念にチェックされ、初めてブトン ドール コレクションとして世に出ることができるのです。

ヴァン クリーフ&アーペルの伝統と高度な技術により生み出される、ブトン ドール コレクション。その神々しいばかりの特別な輝きを、ぜひご自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
難波寛彦