フェラーリは、いつも我々の心を熱くする。日本でも既にお披露目された「ポルトフィーノ」は、だがしかし、未だに公道で見かけることはない。それもそのはずで、発表(受注開始)から納車まで、長い期間を要するのが、ラグジュリアリーの常識なのだ。ディーラーに行っても「即納車アリ!」なんてことは、まずない(言い切れないが)。というわけで、いち早く海外でハンドルを握ったエディターの山口幸一氏に、その味をリポートしていただこう。

圧倒的に洗練されていた! フェラーリ「ポルトフィーノ」

モダンになったスタイリング。特に屋根を収納する後方の盛り上がりが抑えられ、流麗な印象だ。

 フェラーリの創業者、エンツォ・フェラーリが、もともとアルファ・ロメオのワークスドライバーだったことをご存じの方は多いだろう。彼は、レースで勝つためにフェラーリを興した。だから、フェラーリのホームグラウンドはサーキットなのである。

 しかし、ことプロダクトカーについては、官能的とさえいえる優美なフォルムをまとったグラマラスなクーペを創業時より手がけ、世界中の富裕層を魅了しつづけてきた。スティーブ・マックイーンの元妻、ニール・アダムスが、マックイーンに贈ったことで知られる「250GT ベルリネッタ ルッソ」や、ジョン・レノンが所有していた「330GT 2+2クーペ」のように。

 イタリア北西部のリグーリア海に面した、風光明媚な高級リゾート地、ポルトフィー。その名を冠した最新のオープントップ2+2シーターも、まさにそんな先達の流れを汲むラグジュアリーなGTである。

 最大の特徴は、先代モデルである「カルフォルニアT」でフェラーリが初めて採用したリトラクタブルハードトップにより、流麗なファストバッククーペとエレガントなスパイダー、2つのボディタイプを1台に融合させていることだ。

 今回、試乗会場となった南イタリア・バーリのリゾートホテルで対面したポルトフィーノは、カリフォルニアTと比して、圧倒的に洗練されたデザインをまとっていた。

 つぶさに観察すると、Aピラーから流麗な曲線を描きながらリアデッキに溶け込むルーフラインや、繊細な面構成で明暗のコントラストを浮かび上がらせるボディサイド、そしてアスリートの筋肉を思わせるボリューム感あふれるリアフェンダーまわりなど、一段とデザインに磨きがかけれていることに気づく。その姿は、クーペとスパイダーいずれの状態でも、息を飲むほどに美しい。

まるで「タキシードとアンコンジャケットの融合」

赤いヘッドはフェラーリの伝統。ここで生まれる爆発的なパワーと美しい音色(マフラー含む)を日本で味わえるようになるまで、しばらくの辛抱だ。

 走り出すと、まず印象的なのが車内に横溢する上質感だ。例えば3.9リッターV8ターボは、シャープな吹け上がりと天井知らずのパワーを誇りながら、タウンスピードでは最高出力600psの超高性能ユニットであることを忘れてしまうほどにジェントルな振る舞いを見せる。

 上質な走りに一役買っているのが、乗り心地の良さだ。試乗コースの路面は概して荒れていたのだが、剛性が高められた新設計のボディとしなやかな足回りが、路面からの入力を適度におさえてくれるのだ。

 特筆すべきは、オープンエアドライブ時の快適性である。例えば、アウトストラーダを制限速度の130km/h程度で走っても車内への風の巻き込みはわずかで、助手席の人との会話も楽しめるほどに静かなのだ。これならば、アルミ製の優美なルーフを積極的に開け放ちたくなるだろう。

メーター周りのデザインも変わった。アクセルの動きに瞬時に反応するタコメーターは、まるで生き物のよう。 

 一方、走りの舞台がワインディングロードに変ると、フェラーリの名に恥じない胸のすく刺激的な走りを披露してくれる。フェラーリのラインナップではGTカテゴリーに属する優美なポルトフィーノだが、サーキットを出自とするブランドのDNAは息づいているのだ。 

かなり狭いが後席も備える。荷物置き場とするのが自然だが、屋根を開けて、仲間を乗せてクルージングするのも粋である。

 ラグジュアリーなGTと、第一級のスポーツカー。ポルトフィーノは、その二役を見事に演じきる。あるときは洒脱なスーツに身を包む華麗なる大富豪を、あるときはレーシングドライバーを演じるスティーブ・マックイーンのように。たとえば、フェラーリをドライブするのは、いわゆるハレの行為だが、ポルトフィーノは、上質な走りやイージーなドライブを受け入れる懐の広さなど、高い日常性も備えている。いわば、ブリオーニのタキシードと、ボリオリのアンコンジャケットを1着に融合させたような、極めて希有な1台なのだ。

 スティーブ・マックイーンは、日々どこへ行くにも前述した250GT ベルリネッタ ルッソのステアリングを握ったという。ポルトフィーノもまた、時には早朝のワインディングロードへ、また時にはラグジュアリーな海辺のリゾートへと、シーンを問わずステアリングを握ってこそ、その真価が発揮されるのだ。

問い合わせ先

この記事の執筆者
「NAVI」「エスクァイア日本版」にて主にクルマとファッションの分野を担当。『Web Magazine OPENERS』編集長を経てフリーランスのエディター/ライターに。クルマを社会や文化との関わりから捉える記事や企画を得意としているが、NAVI編集部時代は筑波9時間耐久をはじめとするレースにも参戦するなど、ドライビング好きでもある。