モードの世界は早くも次なる秋冬へ!

バリーの2017年秋冬プレタポルテコレクションが、ミラノの国立図書館で発表されました。

バリー(BALLY)の2017年ミラノ秋冬コレクションは、'70年代のN.Y.がイメージソース

象徴的なものといえば、ギャンブル、シガーの煙、ウィスキー、ポーカー。

デヴィット・ボウイとミック・ジャガー。ダイヤモンドハートがきらめくブラックチョーカーを飾った、ビアンカ・ジャガーの首元…。

バリーの2017年秋冬コレクションがイメージソースとしたのは1970年代、ニューヨーク

シティの紳士クラブに漂っていたグラマラスなムード。

長らく男性限定の社交場だった紳士クラブに、女性の入会も許されてきた時代を背景に繰り広げられる、華やかなイブニングドレスとモダンなスポーツウェアのコントラスト。

そんなドラマティックな光景を映したような、刺激的なコレクションが展開されました。

■'70年代を切り取ったスタイル

バリー(BALLY)の2017年ミラノ秋冬コレクションは、'70年代のN.Y.がイメージソース

ダブルのコート、イブニングブレザー、Aラインのスカートやコート、チェック柄のスーツ。

70年代を思わせるアイテムを多用しながらも、パターンや素材の取り合わせで現代的にアップデート。

■インパクトの強いアニマルプリント

バリー(BALLY)の2017年ミラノ秋冬コレクションは、'70年代のN.Y.がイメージソース
バリー(BALLY)の2017年ミラノ秋冬コレクションは、'70年代のN.Y.がイメージソース

キーカラーはアイビー、パープル、ダークレッド、メルロー、レモン。コレクションを通じてリフレインされるタータンチェック柄のほか、レオパード、カウ、ジラフといったインパクト強めのアニマルプリントも豊富です。

■懐かしくも新しい、テクノロジーを駆使したレザー加工

バリー(BALLY)の2017年ミラノ秋冬コレクションは、'70年代のN.Y.がイメージソース

ひときわ目を引くのは、なんといってもこだわりの加工技術でバリエーションを出したレザーアイテム!

繊細なヴィンテージ加工を施したナッパレザーや、メタリック加工で表情を出したやわらかなラムナッパレザー、プリーツ加工でコントラストを強めたレザー、カシミアタッチのカーフスエード、ジャージに使われたボンデッドレザーetc.…。

レザーのほかにもストライプのベルベットジャカード、シルクタフタなども贅沢に用いられていました。

■バリーといえば!のシューズ&バッグ

バリー(BALLY)の2017年ミラノ秋冬コレクションの靴&バッグ

ウィメンズで人気を集めるフラットなバブーシュJanelloシリーズから新色のほか、3cm、5cmヒールの各モデルやスリッポンもお目見え。アーカイヴからヒントを得たという、モダンなスクエアバックルがアクセントに。

バリー(BALLY)の2017年ミラノ秋冬コレクションの靴&バッグ

アイコンバッグで知られるSommetの新作に、本コレクションで大注目のタータンチェック柄が登場。

2017年秋冬にチェックすべきキーワード満載のルックの数々、いかがでしたか?
大人だからこそ着こなせるモードのヒントを見つけてくださいね。

■お問い合わせ先

バリー 銀座店

TEL:03-6264-5471

BALLY.JP


 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。