レディースのおしゃれな白パンツコーデを20選ピックアップ。洗練された白・ストライプパンツコーデ、白パンツに合わせる靴や、オフィスコーデにぴったりな白パンツの着こなし方をご紹介します。

【目次】

レディース夏の白パンツコーデ


【1】白パンツ×ライトブラウンシャツ×白ハット

【1】白パンツ×ライトブラウンシャツ×白ハット
靴『シグニチャーローファー』(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉)、シャツ(ビームス ハウス 丸の内〈フィナモレ〉)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(プレインピープル丸の内〈ドラゴン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

白パンツに、エクスクルーシブなスエード素材の白のローファーを合わせたら、カジュアルな着こなしがグレードアップ。フィット感抜群で足に吸いつくような、フレンチクラシックなシューズを厳選しましょう。

【2】白パンツ×黒ブラウス

【2】白パンツ×黒ブラウス
時計『ティファニー イーストウエスト』・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ローファー(トッズ・ジャパン)、ブラウス(アストラット 青山店〈アストラット〉)、パンツ(ストラスブルゴ〈インコテックス〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バッグ(バーニーズニューヨーク〈ヴァシック〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

フェミニンブラウス×かっこいい小物の洗練バランス。モノトーンを小物でアクティブに演出しましょう。

【3】白パンツ×グレーニット

【3】白パンツ×グレーニット
インコテックスのパンツ・ザ ハイアリンのニット・メゾン ボワネのベルト(ストラスブルゴ)、ピアス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、ブレスレット(ケイテン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

インコテックスのマスターピース的ロングセラーモデル『アメリア』は9分丈のシガレットパンツ。脚をスラリと見せてくれるシルエットは、かなり細身ながら、ストレッチがきいているのではきやすさは抜群です。自然な光沢感を浮かべた薄手のロイヤルオックスフォード生地は、クリーンで涼やかなイメージに。

【4】白パンツ×ベージュブラウス

【4】白パンツ×ベージュブラウス
ブラウス(ブラミンク〈ブラミンク〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ストール(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

体の線を強調しすぎないリネンコットンのブラウスをインすれば、テーパードのシャープなシルエットが生きて、すっきりとしたかっこいいスタイルが完成します。パンツの色とリンクした白いパンプスがスリムなラインを強めて。

【5】白パンツ×黒トップス

【5】白パンツ×黒トップス
パンツ・トップス・バッグ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

フェミニンなボリュームトップスは黒を選んで、モノトーン配色で合わせると、パンツとの甘辛バランスがちょうどいい着こなしに仕上がります。パンツはウエストのタックプリーツから、縦のラインがすらりと伸びるハイウエストパンツ。マニッシュな表情も、くるぶしが見えるレングスとゆるやかなテーパードラインに女らしさが香ります。

【6】白パンツ×白ブラウス

【6】白パンツ×白ブラウス
パンツ・ブラウス(エミリオ・プッチ ジャパン)、ピアス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(エストネーション〈カテリーナベルティーニ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

フリル袖にカットワーク刺しゅうを施したコットンブラウスは、昼下がりのパーティーにもぴったり。パンツは足首がのぞく丈ですっきり女らしく。ストレッチのきいたコットン素材なので、細身ながら着席シーンでも快適なはき心地がうれしい逸品です。

【7】白パンツ×水色シャツ

【7】白パンツ×水色シャツ
バングル・バングル・ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン)、トップス・パンツ(エミリオ・プッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

白×ブルーの着こなしに、硬質でひんやりとしたシルバーのバングルを合わせて、辛口で都会的な表情へ導きましょう。さらにバングルとピアスに使われているブラックオニキスが差し色になり、全体にメリハリとシャープさを与えてくれます。風で揺れるピアスは、先端に付いたブラックオニキスが視線を集め、大人っぽく艶やかなたたずまいを強調。

【8】白パンツ×ブルーブラウス

【8】白パンツ×ブルーブラウス
ブラウス・パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、靴(ピエール アルディ東京)、テーブルの上に置いたバッグ(バリー 銀座店) 撮影/竹内裕二 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ロイヤルブルーの目の覚めるような華やぎは、どんな着こなしも一新させるほどのパワーが。白のクロップドパンツですっきりと仕上げれば、主役のブラウスの魅力をさらに引き立ててくれます。足元は、フラットなトングサンダルを合わせ、往年のセレブリティーたちのバカンススタイルを意識しましょう。

夏の白ストライプパンツコーデ


【1】白ストライプパンツ×ベージュノースリーブ

【1】白ストライプパンツ×ベージュノースリーブ
パンツ(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、トップス(feerique)、ピアス(ドゥロワー 青山店〈ソフィ ブハイ〉)、バングル(ドレスアンレーヴ〈ドレスアンレーヴ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

辛口ストライプをエレガントに着こなせるのが「とろみワイドパンツ」の楽しさ。パンツの1色をリフレインしたウエストコンシャスなニットで、すっきり見えて女らしいシルエットを演出しましょう。ピアス、バッグ、パンプス…と縦に黒の小物をちりばめて印象をぴりりと引き締めるのもスタイルアップして見えるポイント。パンツは上品な艶としなやかさを備えたレーヨン素材。前から見ると端正なワンタックパンツだけれど、後ろウエストにゴムを入れているので快適な着用感です。

白パンツに合う靴


【1】白パンツ×水色スニーカー

【1】白パンツ×水色スニーカー
ニット(ブラミンク)、パンツ(wb)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、スカーフ(エルメスジャポン)、バッグ・靴(マイケル・コース カスタマーサービス〈マイケル マイケル・コース〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

夏になると不思議と心惹かれるネイビーニット×白パンツのマリンコーディネート。ただ、ともすると子供っぽくなる配色を、一段明るいサックスの小物をちりばめることで、着こなし全体がまろやかに中和され、優しい印象に仕上がります。

【2】白パンツ×白ローファー

【2】白パンツ×白ローファー
ジャケット(コロネット〈ボリオリ〉)、ニット(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、帽子(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈カミンスキー XY〉)、バングル・バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

一枚仕立てのコットン混のネイビージャケットは、メンズの着こなしを意識した白いパンツスタイルが粋。インナーに優しいベビーサックスのカシミヤニットを合わせることで、今年らしい表情に。色があるのに悪目立ちせず、しかも華やかな印象も手に入ります。

【3】白パンツ×白スニーカー

【3】白パンツ×白スニーカー
バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈カパフ〉)、ニット(Theory luxe)、パンツ(トレメッツォ〈モモニ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スニーカー(三喜商事〈イレブンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

シックカラー×白をベースにした上品カジュアルスタイル。かごバッグ、ホワイトスニーカーと、旬の小物でさらに洗練されたスタイルへと格上げしましょう。

【4】白パンツ×黒パンプス

【4】白パンツ×黒パンプス
パンツ(キートン)、プルオーバー(ブラミンク)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

キートンの確かなサルトリア技術で仕立てた、コットンストレッチの細見え定番パンツ。グレー系アイテムを合わせて、涼感のただよう装いを意識しながら、足元はブラックパンプスで端正に引き締めましょう。

【5】白パンツ×イエローパンプス

【5】白パンツ×イエローパンプス
パンツ・ブラウス・ネックレス(シンクロ クロッシングズ 玉川タカシマヤSC〈シンクロ クロッシングズ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペザノッティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

トリアセテートやレーヨンの混紡素材のしなやかな落ち感が、こなれた雰囲気を演出。そしてステッチで縫い付けたセンタープレスにワザあり! はいていくうちに消えがちなラインがお手入れなしでキープできます。

オフィスに着ていきたい白パンツコーデ


【1】白パンツ×白Tシャツ×白ロングジレ

【1】白パンツ×白Tシャツ×白ロングジレ
トップス(キートン)、ジャケット(三崎商事〈マロ〉)、パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、 バッグ(JIMMY CHOO)、靴(コール ハーン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

清々しい白だけを重ねることでクールな表情に。気を配りたいオンスタイルには、ラフなTシャツはご法度! 知的なブラウスに合わせたロングジレが、ジャケットの役割を果たしてくれます。

【2】白パンツ×ピンクベージュトップス

【2】白パンツ×ピンクベージュトップス
コットンのトップス(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バングル(トッズ・ジャパン)、バッグ(アオイ〈ロートル ショーズ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ニュアンスカラーをクリアに引き立てるのがピュア白の効果。夏はすっきりとしたなじませ配色が、ひとつ上の洗練へと導いてくれます。ピンクベージュのトップスは背中のベルト飾りが高い位置で視線を集める着映えの一着。合わせるのは、きれいな白とリッチなゴールドだけで十分です。

【3】白パンツ×白ブルゾン×グレージュノースリーブ

【3】白パンツ×白ブルゾン×グレージュノースリーブ
ブルゾン(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、トップス(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ブルゾン×フルレングスボトムのようなラクチンコンビは、上下を統一したワントーンがおすすめ。たとえリラックス素材であっても、白を重ねることで生まれるきちんと感は必見です!

【4】白パンツ×白ブラウス×ベージュジャケット

【4】白パンツ×白ブラウス×ベージュジャケット
ジャケット(三喜商事〈イレブンティ〉)、ブラウス(アオイ〈ポール カ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ネックレス・バングル(TASAKI〈TASAKI〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、バッグ『PADDED BAG』(三喜商事〈ボルボネーゼ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

こっくりとしたグレージュのバッグがテーラードジャケットでつくるキャリアスタイルにこなれ感をもたらします。白の分量を多めにして爽やかに見せるのもポイントです。

【5】白パンツ×イエローブラウス

【5】白パンツ×イエローブラウス
パンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ブラウス(コロネット〈ザ ロウ〉)、ピアス・ペンダント・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(ドレステリア 京都店〈イニス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

くびれを強調するハイウエストに、5本タックとハリのあるコットン素材がつくり出すワイドシルエット。大人っぽくシックな表情が魅力です。

【6】白パンツ×黒ブラウス

【6】白パンツ×黒ブラウス
パンツ(三喜商事〈マレーラ〉)、ブラウス(wb)、ピアス・ブレスレット(デペッシュモード恵比寿本店〈ラ・キアーヴェ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

マレーラのカプセルコレクション『ART.365』のシグネチャー素材、ビスコースレーヨンのパンツを主役に。ドライタッチの生地はシワになりづらく、かつ、ウォッシャブル。365日着回せるシーズンレスな素材使いと、タックの折り目から続くセンタープレス入りで、シーンレスに活躍する上品なデザインです。