夏のベージュパンツ着こなしまとめ。品の良い女性を演出してくれるベージュパンツを使ったコーデを11選ピックアップ。ベージュワイドパンツコーデや、ベージュパンツに合う靴の色のご提案も!この夏の上品なおしゃれの参考にどうぞ!

【目次】

レディース夏のベージュパンツコーデ


【1】ベージュパンツ×白Tシャツ×ピンクコート

【1】ベージュパンツ×白Tシャツ×ピンクコート
コート(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、Tシャツ(スリードッツ青山店)、パンツ(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(ADORE 六本木ヒルズ店〈MARCEL SERAPHINE〉)、靴(バリー 銀座店〈バリー〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

優しげなペールピンクのリネン混コートとベージュパンツの組み合わせ。インナーと小物は白でまとめて統一感のある着こなしを。白がもたらす抜群のキレ味と抜け感で全体が明るくなり、季節感のある着こなしに仕上がります。顔周りに白があるとリフレクト効果で顔映えもかないます。

【2】ベージュパンツ×白チュニック

【2】ベージュパンツ×白チュニック
トップス(キートン)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(グローブ・トロッター 銀座) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

白~ベージュへとつなげるニュアンスグラデーションは、かつて映画で観て憧れを抱いた、N.Y.マダムのこなれたリッチカジュアルをイメージ。仕上げにゴールドジュエリーを加えると、絶妙な配色バランスが完成します。

【3】ベージュパンツ×白Tシャツ×ストール

【3】ベージュパンツ×白Tシャツ×ストール
Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、ストール(キートン)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

リッチなベージュに切れ味のいい白を効かせることにより、ベーシックカラー同士が生み出す、気負わないラグジュアリーが実現します。マットな配色のアクセントとなるメタリック小物は、盛りすぎず、スパイス程度に少量を効かせるのが上品に仕上げるコツです。

【4】ベージュパンツ×白ブラウス

【4】ベージュパンツ×白ブラウス
バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ブラウス(三喜商事〈ステファノモルタリ〉)、パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ピアス(アストラット 青山店〈フィリップ オーディベール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ディープなカーキと縦型フォルムが着こなしに個性を宿すショルダータイプのバッグ。白ブラウスとベージュパンツのシンプルスタイルのアクセントになります。

【5】ベージュパンツ×ストライプポンチョ

【5】ベージュパンツ×ストライプポンチョ
シルクのポンチョ・ラメスエードのパンツ・バッグ・ペンダント(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(ツナカンパニー〈ジル・プラットナー〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

これからの季節の定番、ブルーストライプも、今までにはないエレガントなトップスで楽しめる。レジメンタルストライプのもつ清潔感が、しなやかな女らしさと響き合うポンチョなら、清々しさを感じさせることができます。

夏のベージュワイドパンツコーデ


【1】ベージュワイドパンツ×白ニットチュニック

【1】ベージュワイドパンツ×白ニットチュニック
ニット・パンツ(Theory luxe)、イヤリング(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/竹内裕二 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

歩くたびにサイドスリット部分がひるがえり、涼やかなオーラを振りまく白いニットチュニック。いつもなら細身パンツと合わせていたロング丈のトップスも、しなやかなベージュのワイドパンツに替えるだけでこんなにも新鮮な印象に。パンツの色味よりワントーン濃いサンドベージュのスエードバッグを添えれば、だれもが心惹かれるクリーミーグラデーションが完成します。

【2】ベージュワイドパンツ×白Tシャツ×ネイビーカーディガン

【2】ベージュワイドパンツ×白Tシャツ×ネイビーカーディガン
Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、カーディガン(マックスマーラ ジャパン〈エス マックスマーラ〉)、時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、トロリーケース(グローブ・トロッター 銀座)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

体を締めつけないゆとりあるシルエットながら、センタープレスのおかげで到着時にもきちんと感をキープしてくれるベージュパンツ。インナーに合わせた白Tシャツが、ロング&リーンなシルエットにすっきりとした抜け感を与えてくれます。

【3】ベージュワイドパンツ×ネイビーポロシャツ×ハット

【3】ベージュワイドパンツ×ネイビーポロシャツ×ハット
ポロシャツ (ラコステ)、パンツ(J&M デヴィッドソン 青山店)、帽子(アマン〈アルテサーノ〉)、ネックレス(TASAKI)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ぺルゴ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

知的で、小粋な、ミラノマダムが好む「ネイビー」だからこそ、大胆な遊び心も受け入れましょう。しなやかなメリノウールのポロシャツをワイドなチノパンツに合わせて、「さらりと女らしい」カジュアルが完成します。

ベージュパンツに合う靴の色


【1】ベージュパンツ×ベージュパンプス

【1】ベージュパンツ×ベージュパンプス
チュニック(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ネックレス(インデアン・クラフト)、ベルト(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

白~ベージュのリッチ配色を爽やかに仕上げたい夜には、差し色にシルバーを選ぶのが正解。ナイトシーンに映える華やぎはそのままに、コクのあるゴールドよりもぐっとライトな輝きで、夏らしい表情になります。コットンチュニックにレザーベルトを結んで、鮮度もアップさせましょう。

【2】ベージュパンツ×ゴールドローファー

【2】ベージュパンツ×ゴールドローファー
パンツ(ザザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、靴『ダブルT ローファー』(トッズ・ジャパン)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ストール(クルチアーニ 銀座店)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バングル(GALERIEVIE 丸の内店〈CATHS〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ゴールドのキルティングレザーとソリッドなバックルが、リッチカジュアルを約束してくれます。

【3】ベージュパンツ×オレンジパンプス

【3】ベージュパンツ×オレンジパンプス
パンツ(VINCE 表参道店)、靴『ROMY』(JIMMY CHOO)、シャツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、時計(I WC)、ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

優雅に揺れるしなやかなパンツと、直線的なヒールのバランスが品のよい立ち姿をかなえてくれます。ビタミンカラーのスエード靴は、ベージュのパンツとも相性がよく、足元を生き生きと華やいで見せる役目も。