都心から新幹線に乗り、米原で乗り換え。快速に乗って到着した滋賀県・長浜市は、豊臣秀吉が最初に城主となった長浜城があった歴史を持つ街です。JR長浜駅を出て市街地とは反対側、歩いておよそ7分。すべての部屋の窓が琵琶湖に向かうレイクビューを有する形でデザインされたホテル「レジーナリゾートびわ湖長浜」があります。

レジーナリゾートびわ湖長浜
琵琶湖側からホテルを見ると、周囲に溶け込むオリーブグリーンの外観が目印。隣は、老舗温泉料亭旅館「浜湖月(はまこげつ)」。実は館内がつながっています。

ホテルの裏手には小さな公園があるほか、春には桜の名所として多くの人が訪れる豊公園もあり、お散歩コースはよりどりみどり。早めにチェックインして、近隣を散策するのも楽しそうです。もちろん、琵琶湖畔のお散歩は言うまでもありません。

日本最大の湖・琵琶湖
昔の人が海だと信じたという話も理解できる、日本最大の湖・琵琶湖も歩いてすぐ
大型の自動ドアのエントランス
ペットキャリーを持っていてもスムーズに入れる大型自動ドアのエントランス

家具もアメニティーも愛犬に優しく、一緒に安全快適に過ごせる

今回一緒にステイしてくれたのは、チワワとペキニーズのミックス犬のむくおくん(7歳)。ペットOKのホテルでのお泊りの経験はあるものの、やっぱり知らない場所への訪問にはドキドキしているみたい。

愛犬同伴型リゾートホテルとして2013年にレジーナリゾート富士 Suites&Spaがオープンして以来、関東に6つのホテルを展開してきたレジーナリゾート。初めての関西圏でのオープンでも、これまで培われてきた愛犬もオーナーも楽しく過ごせる配慮が随所に施されています。

まだ小さな子だと噛み癖が気になる時期もありますが、館内すべての椅子や家具、棚などの脚は金属製でデザイン。ソファーなどの素材もさっと汚れを拭きとれる素材を選び、壁面には防臭・防湿効果のあるものを選んでいます。

犬の足にやさしい素材をチョイスした部屋
ロビーをはじめとする床も、犬のデリケートな足に優しい素材をチョイス

ロビー横には愛犬専用の足洗い場もあり、シャワーで足を洗ったら、備え付けのタオルできれいにしてからお部屋に向かいます。館内では守るべき最低限のルールも。その注意点のレクチャーを受け、いよいよお部屋にチェックイン。

館内入口の足洗い場
館内入口には、足洗い場があり、タオルも完備。むくおくんもきれいにしてからお部屋に入ります
エレベーター前モニター
エレベーター前にはモニターが設置されていて、同じエレベーターに犬が同時に乗るのを飼い主が避けられるように配慮されています

全室レイクビューの全15室。すでに予約は争奪戦?

ホテルのお部屋は全室が琵琶湖側に窓を持つレイクビュー。全15室のお部屋は、6月1日のオープンを前に、とくに週末は9月末(!)までなかなか予約困難になっているようです。

自宅からわんちゃんお気に入りのフードやドリンクを持ってくる人に対応するため、全室に2ドアの冷凍冷蔵庫と電子レンジを完備。また、ペットシーツや消臭スプレー、除菌シートなどもそろっています。

落ち着いたブラウントーンの室内
落ち着いたブラウントーンの室内
初めて見る琵琶湖にうっとり
むくおくんも初めて見る琵琶湖にうっとり
窓の外に広がる琵琶湖の光景
窓の外に広がる琵琶湖の光景。この日は前日の雨の影響で少し雲が残っていましたが、新緑の美しさを堪能できました
ベットが2つある室内
ベッドは各室ふたつ。一部の部屋を除き、防臭・防湿効果のある壁紙が使われています
愛犬用のタオルも完備された室内設備
タオル類はもちろん愛犬用のものも完備 

滋賀県の名産・信楽焼で作られた陶器浴槽が各部屋に設置されていて、部屋で露天温泉風呂を楽しめます。また、隣接する料亭旅館「浜湖月」の露天付温泉大浴場も利用も可能。こちらの泉質は鉄分を含んだ茶褐色。においもなく、肌触りもやわかかくて湯冷めしにくいのが特徴です。 

大きな信楽焼の浴槽
大きな信楽焼の浴槽は部屋ごとに異なる色・図柄

明治創業の料亭自慢のお料理をお部屋でゆったりと

食事は、隣接する料亭旅館「浜湖月」のものを部屋でゆったりといただきます。お料理は滋賀県の名物「焼き鯖素麺」をはじめ、郷土の味をたっぷりと。季節の移り変わりを感じられる京風会席は滋賀県の風土で育まれた旬の食材を使ったものが中心。

料亭自慢の料理
5,000円プラスすると「近江牛特選会席」にランクアップ。一の膳、二の膳と続きます

もちろん、かわいい子にも特別なメニューを。レジーナリゾートでは愛犬用のメニューも各ホテルごとに地域の特色を生かしたオリジナルのものを用意。レジーナリゾートびわ湖長浜では「びわ湖の宝石 びわますの蒸し焼き」「合鴨のオーブン焼」「鹿肉のロースト」「仔羊のグリル」をそれぞれS~Lサイズでオーダーできます。

ペット専用メニューも完備
ペット専用メニューも完備。今回はSサイズをふたつチョイス

ホテル内でも愛犬と楽しい時間を

ホテルの奥にある共用ドッグランは、約100平方メートルの広さにぎっしりとウッドチップを敷き詰めています。朝から日没までの時間ゆっくりと遊べて、わんちゃんもお気に召した様子。

さらに、1階の部屋では共用ドックランと同様のウッドチップが敷き詰められた専用庭があり、日没後も遊べるので、食後の軽い運動もできますよ。

ウッドチップのドッグラン
初めてウッドチップのドッグランデビューのむくおくん
ドッグラン内の様子
ほかのわんちゃんとの出会いも。長旅の疲れも癒してくれます

また、レジーナリゾートではベンツデザインのドッグバギーも用意。オーナーさんが露天風呂や食事のタイミングで目が合う高さにいてほしいときはこちらのレンタルを。貸し出しは無料です。

犬用バギー
素敵なバギーにすっぽり包まれるむくおくん。残念ながらサイズは1サイズのため、中型・小型犬のみ利用可能です

どうしてもいつもペットホテルにお願いしていた人も、こちらならば一緒に思い出がつくれますね。関西ではまだペット可のホテルが少なく、すでに人気のようなのでご予約はお早めに!

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2018.7.15 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子