麗しい色柄が生む、華やかなラグジュアリーを堪能できる「ミッソーニ」のVネックニット

「私が最初にミッソーニのニットを購入したのは30代半ばごろ。鮮やかな色使いとシックな幾何学柄模様にひと目惚れをしたのですが、着てみると私にはインパクトが強すぎて、結局、数回しか着ませんでした。でも今季のコレクションや展示会で、きれい色がひときわ目について。上質さと流行の両立を意識する年齢になった今こそ、豊かな彩りのミッソーニが似合うようになったに違いないと確信しました」というのは、ファッション・ジャーナリストの西山栄子さん。

色の魔術師との異名をもつ、ミッソーニが生み出すニットは、色鮮やかで芸術的。1998年に創業者の娘アンジェラ・ミッソーニがクリエイティブディレクターとなってからは、シースルーやラメ、スパンコールなどのきらめき素材を採用し、ぐっと華やかに。ゆったりとしたシルエットのマルチカラーニットも、透け感のある編み地で、初夏にふさわしい、軽やかな印象。ミッソーニのVネックニット¥165,000(税抜)

「このマルチカラーのボーダーニットは、部分的にシックな黒が配されているので、コーディネートしやすいところもポイント。しかもネットのようにゆるく編み上げているので、水着の上に重ねても素敵! 都会でもリゾートでも、それぞれの街で映えるから、着こなしの幅が広がります」

老舗ニットブランドが誇る、繊細なニットディテール

繊細な糸を用いてフィッシュネットのように編み上げた透け感ニット。鮮やかなカラフルニットも、肌が浮かび上がるからこそ、上品さを増し、ほんのり大人の色香を醸し出して

多色使いで織られたミッソーニのニットは、それ1枚でコーディネートに華やぎを与えてくれます。軽やかに肌に寄り添う上質なニットは、大人女性の日常を素敵に彩ってくれることでしょう。

問い合わせ先

PHOTO :
小池 紀行(パイルドライバー)
EDIT&WRITING :
小林 綾、小林桐子(Precious)
RECONSTRUCT :
石原あや乃