夏の装いは、どうしてもシンプル一辺倒になりがち。しかし、着こなしにカジュアルな白の旬アイテムをひとつ投入するだけで、溌剌とした華やぎや、爽やかさが生まれてきます。そして、コーディネートの核にするとリッチにフレッシュアップ! このときの白アイテムは、ディテールに特徴のある、ちょっとひねりの効いたものを選ぶのが正解です。

本記事では、カジュアルな白アイテムを使って、美しくいきいきと着映えるテクニックを解説します。

カジュアルな白アイテムを美しく着こなす2つの秘訣

■1:「ひとクセブラウス」を主役にする

ブラウス¥20,000・パンツ¥26,000(エストネーション〈エストネーション〉)、腕時計¥2,970,000(パテック フィリップ)、バッグ¥15,500(ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア〈ユナイテッドアローズ〉)、靴¥30,000(FUN Inc〈. CHEMBUR〉)

夏の休日の着こなしは「1トップス&1ボトム」のシンプルコーディネートで、どうしても地味になってしまいがち。そこで加えたいのが、顔周りに瑞々しさと幸福オーラを添えてくれる白の「ひとクセブラウス」です。

今回選択したのは、リボンのあしらいが華やぎを生む一着。上半身にボリュームがあるぶん、ボトムはすっきりとしたシルエットのパンツを。きれい色をチョイスすることで今年らしさが増し、装いのフレッシュ感が高まります。

主役アイテムは、ボリューム感のあるリボンがポイントの白ブラウス。この華やぎブラウスは胸元が深めのVネックになっていて、すっきり快活な印象になります。甘くなりすぎないバランスが、軽やかで清涼感のある印象を導く秘密。そこにフーシャピンクのパンツを合わせて、心弾むスタイルに。清潔感のあるひとクセブラウス×きれい色のすっきりパンツのコーデは、休日スタイルを大人かわいく更新してくれます!

ブラウス¥20,000(エストネーション〈エストネーション〉)

このコーデの着こなしポイントは、小物の色合わせ。洋服で色を投入した日は、バッグや靴、時計など合わせる小物をシックな色でまとめるのが、王道のルールです。そのため、休日のカジュアルシーンで活躍するかごバッグも、あえて黒を選択。辛口なスパイスを加えることで、着こなしのこなれ感がアップ。また、モノトーンで統一すると、全体の印象がクリアに仕上がり、洗練された印象になります。

バッグ¥15,500(ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア〈ユナイテッドアローズ〉)、靴¥30,000(FUN Inc〈. CHEMBUR〉)
腕時計¥2,970,000(パテック フィリップ)

■2:「華やぎスカート」を主役にする

スカート¥130,000(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ニット¥28,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ハット¥12,000(アングローバルショップ 表参道〈エクア アンディーノ〉)、バングル¥98,000(ドレスアンレーヴ〈ペリーニ〉)、サングラス¥29,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バッグ¥20,000(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ渋谷公園通り店〈カルトガイア〉)、靴¥124,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

今季、スカート派が大人の休日カジュアルに新たに取り入れたいのが、白のマキシ丈の「華やぎスカート」。涼やかで爽やかな白の魅力を、ドラマティックに、ラグジュアリーに楽しめるアイテムです。

今回注目したのは、全体にあしらわれたフリンジが軽快なリズムをもたらす「華やぎスカート」。濃い色のトップスで引き締めながらコントラストを効かせることで、大人のクール&フェミニンなスタイルが完成します。

主役アイテムは、ほんのりとした透け感のある、コットンヴィスコース素材のやわらかなスカート。このスカートは、分量感があっても軽やか。繊細なフリンジが上品になじみつつも、華やかな存在感を発揮します。これにより、活動的なのに優雅な印象に。涼しげでラグジュアリーな休日の新しいスタイルに。

スカート¥130,000(ブラミンク〈ブラミンク〉)

着こなしのポイントは、濃い色のトップスとナチュラルな小物。甘くフェミニン度の高いマキシ丈スカートをカジュアルに着こなすには、濃い色のシンプルトップスを合わせるのが鉄則です。そしてナチュラルなストロー系の小物で涼やかで優しい印象をプラスすると、うまくいきます。

ニット¥28,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)
ハット¥12,000(アングローバルショップ 表参道〈エクア アンディーノ〉)、バッグ¥20,000(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ渋谷公園通り店〈カルトガイア〉)

上記のように、白いひとクセブラウスか白の華やぎスカートを主役にするだけで、大違い。どちらも、ポイントは濃い色のトップスや小物。これらが白アイテムを引き立ててくれます。ぜひお買い物時の参考にして、鮮やか&爽やかなコーデを楽しみましょう!

PHOTO :
小池紀行(パイルドライバー/静物)、佐藤 彩(静物)
STYLIST :
髙橋リタ
EDIT :
川村有布子