フランスのラグジュアリーブランド、ルイ・ヴィトンから、チャリティーブレスレットが登場。売上金の一部は、ユニセフ(UNICEF)を通じシリアおよび周辺諸国の子供たちの支援へと役立てられます。

今年で3年目となる、ルイ・ヴィトンとユニセフのパートナーシップ

SNSでは、写真のように指切りのポーズを撮影した写真を♯MAKEAPROMISEのハッシュタグとともに投稿し、支援の輪を広げるキャンペーンも展開中。「シルバー・ロックイット フルオ」各¥30,000(税抜)

今年で3年目となる、ルイ・ヴィトンとユニセフのパートナーシップ。これまでに500万ドル以上の資金が人道支援へと役立てられ、2017年には政情が不安定なシリアの子供たちとその家族へ、生きるうえで欠かせない飲料水の供給などが行われてきました。ユニセフの活動を継続して支援するため、今年はチャリティーブレスレットに新色「シルバー・ロックイット フルオ」が登場! 1製品の売り上げごとに、100ドルがユニセフへと寄付されます。

「保護」の象徴、錠前にインスパイアされた「シルバー・ロックイット フルオ」

「シルバー・ロックイット フルオ」¥30,000(税抜)

ブレスレットのインスピレーションソースとなっているのは、1890年にジョルジュ・ヴィトンが発明したタンブラー錠前。ルイ・ヴィトンのさまざな製品にも付属し、ブランドのレガシーともいえる錠前にヒントを得た「ロックイット」は、まさに「保護」の象徴。助けを必要としている子供たちを支援するという、ルイ・ヴィトンの約束の証でもあるのです。

夏にぴったりなネオンカラーのブレスレットとして楽しめるだけでなく、チャリティーにも貢献できる「シルバー・ロックイット フルオ」。世界各国のルイ・ヴィトンの店舗および、公式サイトにて好評発売中です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
難波寛彦