フランスのラグジュアリーブランド、ルイ・ヴィトンが、伊勢丹新宿店でポップアップイベント「LOUIS VUITTON FALL-WINTER 2018 WOMEN'S POP-UP EVENT」を開催中。7月17日(火)までの期間限定で、バッグやシューズなど伊勢丹限定のアイテムが登場するほか、最新の2018年秋冬コレクションをいち早くチェックすることができます。

伊勢丹新宿店の各所が「ルイ・ヴィトン仕様」となるポップアップイベント

エスカレーターの手すりも「モノグラム」に

7月4日(水)からは、同じく伊勢丹新宿店でメンズラインのポップアップイベントを開催中のルイ・ヴィトン。話題を呼んだエスカレーターの手すりの「モノグラム」デコレーションが引き続き行われるほか、メンズアイテムを展開していた本館1階のショーウィンドウも、ウィメンズコレクションへとチェンジ! 1階から4階までの各フロアごとに、趣の異なるルイ・ヴィトンの世界を体感することができるのです。

■1階:最新コレクションのプレタポルテが勢ぞろい

本館1階、ザ・ステージ

本館1階のザ・ステージには、ジャケットやニットなどのプレタポルテが勢ぞろい。2018年秋冬コレクションのコアともいえる、フューチャリスティックなウエアが数多く並びます。また、「LV」ロゴのマイクを使った粋なインスタレーションも登場! アルファベット2文字を話しかけると、デジタルサイネージにイニシャルが表示される仕掛けとなっています。

バッグ「アルマ BB」¥246,000(税抜)

さらに、ハンドバッグ/プロモーションでは、伊勢丹限定の「アルマ BB」などのバッグ類が一堂に。コーナーにはルイ・ヴィトンを代表するトランクの意匠があしらわれ、ブランドの歴史をも感じさせてくれます。

■2階:限定アイテムのミンクルームシューズも!モノグラムの廊下が誘うシューズコーナー

本館2階、婦人靴/プロモーションのシューズコーナーへと続く廊下

本館2階の婦人靴/プロモーションでは、シューズコーナーへと続く廊下が、一面「モノグラム」仕様に! ところどころに設けられたケースには、さまざまなシューズがディスプレイされ、その先へと続くシューズコーナーへの期待が高まります。

中央/靴「オープンバック フラットローファー」¥178,000(税抜)

スニーカーやブーツがそろうシューズコーナーは、「モノグラム」のカーペットが敷き詰められたエレガントな雰囲気が特徴的。なかでも目を引くのは、ミンクを贅沢に使用したラグジュアリーなルームシューズ! 今回のポップアップだけの、エクスクルーシブなアイテムのうちのひとつです。

■3階:デニムやバッグなど取り入れやすいアイテムが豊富に

本館3階、センターパーク/プロモーション

リ・スタイルなどが入る本館3階のセンターパーク/プロモーションにそろうのは、2018年秋冬コレクションからセレクトしたカジュアルなアイテム。「モノグラム」仕様のデニムやスウェット、トロンプルイユ(だまし絵)風プリントが施されたバッグなど、普段のスタイルにも取り入れやすいアイテムが目白押しです。

■4階:厳選された2018年秋冬コレクションのハイエンドアイテム

本館4階、センターパーク/ザ・ステージ♯4

ポップアップの最上階となる、本館4階のセンターパーク/ザ・ステージ♯4では、2018年秋冬コレクションにおけるハイエンドアイテムが中心に。今季のアイコニックなモチーフのひとつである「チェーン」を用いたスカートやツイードジャケットなど、上質さを感じるアイテムの数々が厳選されています。

トランクのようなフレームを「チェーン」が彩るコーナー外観

外観もトランクのようなフレームを印象的な「チェーン」が彩り、伝統と革新を体現した2018年秋冬コレクションのテーマが凝縮されたコーナーとなっているのです。

普段は伊勢丹新宿店内に出店していないこともあり、伊勢丹だけの限定アイテムも数多く登場するルイ・ヴィトンのポップアップ。1週間の期間限定ということも相まって、今月の注目イベントとなること間違いなしです!

LOUIS VUITTON FALL-WINTER 2018 WOMEN'S POP-UP EVENT

  • 期間/2018年7月11日(水)~2018年7月17日(火)
    場所/伊勢丹新宿店本館1階〜4階
    時間/10:30~20:00
    住所/東京都新宿区新宿3-14-1

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
難波寛彦
EDIT&WRITING :
難波寛彦