おすすめの大人の黒パンツコーデをピックアップ。黒ワイドパンツや黒パンツに合う靴の色は?黒パンツの着こなしのお手本を一挙にご紹介します。

【目次】

黒ワイドパンツを使ったコーデ


【1】ドルチェ&ガッバーナの黒ワイドパンツ×黒ジャケット

インにTシャツを合わせてこなれたエレガンスを演出
ジャケット・Tシャツ・パンツ・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

エレガントなジャケットに、あえてTシャツを合わせて抜け感を表現。ボタン使いがマリンテイストの黒ワイドパンツやエコファーのゼブラ柄バッグで、遠目にも旬を感じさせるのも洗練テクニックです。

【2】ヌメロ ヴェントゥーノの黒ワイドパンツ×ネイビージャケット

ジュエリーいらずの華やかさを演出するセンシュアルなレース使い
ジャケット・ブラウス・パンツ・バッグ(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、眼鏡(リエート〈バートン ペレイラ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはネイビーの総レースがフォーマルになりすぎず、スタイリッシュ。光沢のある襟と、袖口のボタンがさりげないインパクトを放ちます。レディーライクなボウブラウスに黒のワイドパンツ、というデイリースタイルにもスモーキングジャケットは相性抜群。きちんと感と艶やかさの絶妙バランスで印象的なスタイルが完成します。

【3】マックスマーラの黒ワイドパンツ×黒ボウブラウス

黒のボウブラウス&ワイドパンツでしなやかさを強調して!
ブラウス/マックスマーラ青山店&銀座三丁目店限定・パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・リング・ブレスレット(フレッド)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

グレンチェック柄のプリントが黒にニュアンスを添える、シルクシフォンのボウブラウス。長く垂らしたボウが、風になびいて優雅さを強く印象づけます。歩くたびにしなやかなドレープが生まれる黒のワイドパンツも、裾さばきがエレガントです。

【4】M・filの黒ワイドパンツ×カーキチュニック

カーキをシャープにあか抜けさせるブラックとの辛口配色
チュニック・パンツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン タグ・ホイヤー) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

アッシュ・カーキのトップスと黒パンツのきりりと引き締まった配色が、リラックス感漂うシンプルルックをスマートに印象づけて。さらりとした素材感と、デコルテ&足首見せがつくる抜け感で、快適で涼やかな着心地を約束してくれます。

黒パンツに合う靴の色は?


【1】ヴァレンティノの黒パンツ×黒レザースニーカー

端正な黒ジャケットを知的な海外セレブのようにラフに着くずしたい
ヴァレンティノのジャケット・カットソー・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのサングラス・バッグ・靴(ヴァレンティノジャパン)、バングル(ミキモト) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

今年、黒のテーラードをひとつ選ぶなら、迷うことなくサテン地の細い襟と、美しいカッティングが冴えるスモーキングジャケットに。ハイヒールで、攻めのエレガンスもいいけれど、今、愛されるのは、ちょっとこなれた着こなしです。クチュール感たっぷりの一着に、Tシャツ・黒パンツと黒のレザースニーカーを合わせる小粋さがかっこいい。

【2】黒パンツ×黒ローファー

ビジュー付きエレガントローファーをさりげないドレスアップの要に!
靴・バッグ『トッズ ダブルT バッグ』・シャツ(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

しっとりと濡れたような艶をもつ黒のヘアカーフに、ビジュー付きの「ダブルT」モチーフが眩しい、エレガントな黒の一足。バレリーナタイプの履き心地いい上質ローファーは、きれいが無理なく続けられるのがうれしい靴です。ノーズが長めですっきりとしたシルエットなので、光沢のある黒のテーパードパンツの軽やかな足元にもぴったり。

【3】レッドカードの黒パンツ×黒の男靴

ビッグシルエットに細身の黒デニムでボーイッシュな味わいを
ジャケット(カオス表参道〈カオス〉)、カットソー(スローン)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(ドゥロワー 丸の内店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

クラシックモダンな黒ジャケットには、カジュアルなオンスタイルが似合います。きれいめ黒デニムパンツと男靴で辛口に。パールネックレスと巾着バッグの白で愛らしさを投入しましょう。

【4】黒パンツ×黒ローファー

パリシックな装いで愛犬と一緒に海沿いを散歩。穏やかな時間でリフレッシュ
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ボーダー×赤で、パリシックなコーデ。ボーダーはカットソーではなく、ニット素材のほうが、大人っぽく仕上がるのでおすすめです。ボーダーニットは黒を選んで、あえてマリンなテイストに仕上げないのもポイント。トッズのバッグは、黒カジュアルの差し色として、出番の多いアイテムです。黒パンツと相性の良いローファーはスタッズ付きのRE/DONEで黒カジュアルを更新。

【5】ザ ロウの黒パンツ×黒パンプス

ハンサムコートには、女っぷりが上がる賢いアイテム選びが必要!
パンツ・コート・トップス(コロネット〈ザ ロウ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バングル(アストラット 青山店〈エディー ボルゴ〉)、ストール(三喜商事〈アリュード〉)、クラッチバッグ(エストネーション〈ペラン〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/坂根綾子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはしなやかなナイロン×コットンの混紡素材。マニッシュなコートが主役の日は、パンツや靴を黒に合わせて女らしさをアピールしましょう。

【6】ブルネロ クチネリの黒パンツ×白スニーカー

極上の「白T」でクリーンに!黒・白・グレーのシック配色で洗練感を醸し出して
Tシャツ・パンツ・ニット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

黒パンツにまっさらなTシャツや白スニーカーといった、スポーティーなテイストが、黒の着こなしを若々しく見せる鍵に。細くしなやかなコットンで紡いだ、上質なTシャツはボディーラインを優しく包み、リッチな雰囲気を演出してくれます。グレーのバッグで、モノクロの世界に仕上げることで、洗練されたカジュアルに。

【7】ポール カの黒パンツ×白スニーカー

アクティブに過ごす日はクリーンな白を効かせたハンサムな黒を目指して
ニット(ユナイテッドアローズ 原宿本店〈ユナイテッドアローズ〉)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、パンツ(アオイ〈ポール カ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、時計(パテック フィリップ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ドゥロワー 丸の内店〈ノヴェスタ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

クルーネックの襟元からのぞくカットソーや、黒のトラックパンツのサイドライン&靴など、白を効果的に効かせて、すっきりとまとめましょう。

【8】黒パンツ×白スニーカー

色づく京都の街を意識したニュアンス色×黒でこなれ感のあるカジュアルに
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

黒パンツには、秋の景色になじむようにベージュのシャツでニュアンスをつけて。マディソンブルーのリネンシルクシャツは、季節の変わり目に重宝。フェンディの「ピーカブー」はグレージュに、エルメスのバンダナ柄ストールは黒で、色味をそろえて、品よくシックにまとめましょう。抜け感や軽やかさを出したいときに活躍するのが、白のレザースニーカー。きちんと感があるので、大人でも楽しめます。手元には、お守りのような存在のカルティエの「タンク」と「LOVE ブレスレット」を。

【9】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロの黒デニムパンツ×白スニーカー

トップメゾンのレザージャケットを中心に、すっきりまとめてかっこよく!
レザージャケット・Tシャツ・デニム・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

女らしくて、かっこいいスタイルづくりに欠かせないライダースジャケットをお供に、楽しい夜を満喫。ラムレザーのなめらかな質感や細身のシルエットが大人にちょうどよく、晩夏には肩からはおるように、初秋にはストールと合わせて…と、オールマイティーに活躍します。ロゴ入りのTシャツと白スニーカーで、ちょっぴりメンズライクな遊びを取り入れたぶん、シルバーのチェーンバッグで、艶やかなアクセントを。

【10】デレク ラムの黒パンツ×白・赤モダンアート靴

現代に生きる女性にアートな感性を
ノースリーブニット・パンツ(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、ブレスレット・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴『MBOLE』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

トップスもパンツも黒でそろえた都会的なオールブラックの着こなしに映える、モダンなアート靴。フロントは甲を美しく飾るリボンストラップが、サイドはフューシャピンクのサークルが華を添え、全方位から美のオーラを放ちます。

黒パンツを使ったコーデ


【1】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロの黒デニムパンツ×黒ジャケット

センスのいいキャリアならスモーキングジャケットの端正な黒を日常に!
ジャケット・シャツ・パンツ・バングル・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

オンタイムのジャケットを、黒でそろえるなら、ほんのりドレスアップ感覚の「スモーキング」が今、マスト。黒のデニムパンツに合わせても程よくきちんと感が演出できて、人気上昇中です。特に今季はほっそり長め丈が気分。最速でかっこいい黒に仕上げてくれます。

【2】ヴァレンティノの黒パンツ×黒ブラウス

美人オーラを醸し出す透け感とフリルでつくるとびきり優雅な黒
ヴァレンティノのブラウス・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

身頃やスリーブに華麗なボリュームをもたせながら、透ける素材で軽やかさを印象づける黒ブラウス。光沢のある黒パンツとともに、主役になれる黒をそろえましょう。

【3】インコテックスの黒パンツ×ボーダーニット

ボーダーニットを主役にモダンな小物をちりばめて、大人のカジュアルに
ニット(ステディ スタディ〈ベラ・フロイド〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

定番の黒パンツを休日仕様に楽しみたい日はボーダーニットの出番です。ほっこり見えそう、着ぶくれしそう、という心配は、細めピッチのボーダーを選ぶことで解消。イギリス発のニットブランドの一枚は、襟元や裾にシルバーラメが施され、程よいキレ味も備わっています。ダイヤモンドのバングルを合わせて、シャープな味付けを。

【4】トム フォード黒パンツ×白シャツ

大人の艶っぽさが香るミニマルなシャツスタイル
シャツ・パンツ・バッグ(トム フォード ジャパン)、ペンダント・リング・ブレスレット・時計(ブルガリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

シルククレープの控えめな光沢と、チョークホワイトのクリーミーな色調に優美な女性らしさが漂うバンドカラーシャツを主役に。ピンクゴールドのジュエリーや時計のフェミニンな輝きをアクセントにした、モノトーン配色の黒パンツスタイルが理想的なかっこよさを演出します。

【5】セリーヌの黒パンツ×白シャツ

遠目にもはっとさせる「ラズリ」色のバッグの鮮やかな洗練効果
シャツ・パンツ・ピアス・靴・バッグ『クラスプ ミディアム』(セリーヌ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

モノトーンでまとめたシャツ&黒パンツスタイルに、鮮やかなブルー= 「ラズリ」のバッグをプラス。大胆な配色を品よく楽しめるのは、ワンハンドルバッグならでは。魅せ上手な女性を目指しましょう!

【6】黒パンツ×黒ジャケット

クラシックなスモーキングジャケットとプレイフルな靴でグルメな夜を堪能
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

Chaosのブラックジャケットを合わせて、ドレスアップ気分に。メンズライクなテーラリングなど、仕立てにこだわったフォーマルな黒ジャケットと黒パンツには、白Tシャツをさらりと合わせて、抜け感を演出しましょう。