出がけの「野球少年のようだね」という家人の言葉が
ちょっと気になったものの、
一日中デスクワークで、来客の予定もない日は
休日とほぼ同様のカジュアルスタイルで
出勤してしまうこともあります。

夏でも肌寒い日などに重宝するのがコットンのボーダーシャツ。わざと少しかすれたようなタッチで描かれたボーダーがニュアンスになって。カットソー/無印良品 パンツ/FRAME DENIM バッグ/DRAGON 帽子/ニューエラ サングラス/プラダ 時計/シャネル 靴/Nike

そんなときこそ心がけたいと思うのが、清潔感。
季節柄、暑苦しい印象も避けたいので
コーディネートの基調に、ブルーを選んでみました。
トップスも同系色のボーダーに。
ボーダーシャツは、カジュアルを代表するアイテムですが、
ストライプと同様、そのシャキッとしたラインが
不思議と清潔感を演出してくれるように思います。

ブルー以外はキャップも靴もバッグも、すべて白に。
これも爽やかさを意識したものですが、
確かにこれだけだとカジュアルすぎるし
寂しい印象になりかねないかな? と思ったのも事実。
そこでシルバー色に輝くミラーサングラスや
硬質な白が艶やかなシャネルのセラミック時計、
そして大きめのフープピアスとを加えて、
おしゃれ感と大人っぽさを添えてみたつもりです。

「コルテッツ」のなかでも「ナイキ クラシック コルテッツ」と呼ばれるモデルは、1972年に発表されたNikeの歴史に残るランニングシューズ。現行モデルの白は、シルバーっぽい光沢をもつナイロン素材にマットなスエードを重ねて、オールホワイトでも表情豊か。小足に見える優秀なデザインだけでなく、はき心地も抜群に軽やかです。靴/Nike

ちなみに小柄な女性同士で集まると、必ず
「スニーカーって難しいよね」という話になります。
どんなにすっきりしたデザインを選んでも
どうしてもパンプスよりは大きく、ゴツく見えて
小柄な体に、足だけが大きい人になってしまうのです。
そこに細身のパンツを合わせたりしようものなら
靴がぼてっと悪目立ちして、超バランスの悪い人に…。
それを回避できるようなスニーカー、しかも白を
ずっと探し続けた結果、やっと見つけた一足が
このNikeの「コルテッツ」でした。

オールホワイトのスニーカー自体は
意外と見つかるものなのですが
レザーとラバーを組み合わせた素材のものが多く
はいてみると、やっぱりゴツい印象に…。
その点、「コルテッツ」は布帛素材が主体で
レザーもハードにならないスエードなので
実際に小づくりなだけでなく、印象も軽やかなのです。

1972年生まれの「コルテッツ」は
子供時代の記憶にもうっすらと残っている名品。
細身パンツと合わせてみたら、
足元まですんなりとなじんでくれました。
小柄な私にはありがたい、温故知新の一足です。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら