見た目に強いインパクトを与えるような装いが盛り上がる、2018-19年の秋冬ファッション。そんな今シーズンのトレンドを象徴するアイテムのひとつが「ハイウエストパンツ」です。ウエスト位置が高く見え、レッグラインをすっきり見せてくれる効果に加え、凜々しい立ち姿も印象づけてくれます。

着丈の短いブルゾンからロングコートまで、あらゆるアウターと合わせやすいのも、ハイウエストパンツの利点。トップブランドのランウェイルックをヒントに、上手なスタイリングを押さえていきましょう。

注目度No.1トレンドは、スタイルアップを叶える「ハイウエストパンツ」

■1:ストライプ柄が叶える「スッキリ見え」効果【HERMÈS(エルメス)】

ストライプ柄のハイウエストパンツを着こなすモデル
HERMÈS(エルメス)のルック画像 ©Jean-François José

コルセットを思わせるデコラティブ(装飾的)なハイウエストは、パンツルックをドラマティックに演出してくれる点でも、積極的に取り入れたい新ディテールです。HERMÈS(エルメス)が発表したこちらのルックでは、きっちりとウエストマークしつつも、下に流れるドローコード(紐)がリズミカルな風情を生みました。

細ストライプのハイウエストパンツを選べば、ほっそりしたフォルムがさらに引き立ち、足全体をスッキリと見せる効果も生まれます。視覚効果を味方につけて、スタイルアップへと繋げてください。

■2:「濃淡コンビネーション」で縦長シルエットを実現【CHLOÉ(クロエ)】

黒のハイウエストパンツを着こなすモデル
CHLOÉ(クロエ)のルック画像

縦長シルエットを目に飛び込ませてくれるのが、ハイウエストパンツの魅力です。両ももに走らせたジップがさらにレッグラインを伸びやかに演出したのは、CHLOÉ(クロエ)の新作。カラートーンが薄めの、同系色のトップスを迎えれば、ボトムスが一段と引き締まって見えます。

ファニーな量感のトップスや、ラメ素材、ボリュームジュエリーなど、印象的なアイテムと合わせて、パンツの細感を際立せて。

■3:「ゆったりシルエット」が生む優雅な休日ムード【AGNONA(アニオナ)】

アイシーピンクのハイウエストパンツを着こなすモデル
AGNONA(アニオナ)のルック画像

AGNONA(アニオナ)は、トレンドの「ワントーン・ルック」と「オーバーサイズ」を、ハイウエストパンツで実現しました。生地をたっぷり使って仕立てられた、リラックスした表情のパンツは、優雅に過ごしたい休日ルックにぴったり。

足元にはスニーカーをセットし、エレガントなカジュアルダウンを実現。スポーツやストリートのエッセンスは、大人が品よく取り入れるうえで参考になるスタイリングです。光沢のあるアイシーピンクが、スタイル全体にアンニュイなムードを漂わせています。

■4:異なる「光の反射」のコラボレーションで立体感を演出【ROCHAS(ロシャス)】

ブラウンのハイウエストパンツを着こなすモデル
ROCHAS(ロシャス)のルック画像

ROCHAS(ロシャス)から登場したのは、お仕事ルックとしても重宝しそうな、洗練されたハイウエストパンツ。無駄をそぎ落としたシルエットが、マニッシュとエレガンスを同居させました。異なる光の反射を生む異素材ミックスのコーデがリッチなムードを醸し出しています。華やいだ雰囲気のパーティーやイベントにもなじむ装いです。さらに、ボウタイが生み出した胸周りの立体感が、パンツとのコーディネートにメリハリを際立たせています。

ハイウエストパンツは、脚をすっきり魅せるだけではなく、プラウドでクールなイメージを印象づけてくれるという点でも、大人女性のためのファッションアイテムといえそうです。

オン・オフ両方の幅広いシーンで活用しやすい点でも頼もしく、遊び心や主張を帯びたトップスとも合わせやすいので、秋からのおしゃれに迎えてみてはいかがしょう。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃