通りがかりの人に道を尋ねることは、今では珍しくなった。しかし、私がナポリに住んでいた当時、だれそれ構わずに道を聞くのはナポリ人の生活の知恵だったし、たびたび実践もした。それは、初めて道に迷ったときだった。

「プレビシート広場の近くにある、ピッツェリーア『ブランディ』はどこかご存知ですか?」
「『ブランディ』か、あそこのピッツァはうまいぞ!」
「やっぱり、そうですか」
「ここをまっすぐ行くと、トレド通りにぶつかるだろ。わかるか? 
 そこをすぐに右に曲がり、坂を上った右側に『ブランディ』の旗が見えるからな」
「グラツィエ!」 

教えられたとおりの道を歩いても、「ブランディ」の旗は見当たらない。周囲をウロウロしても、一向に探し出せなかった。してやられたのか !? 

後日、地元出身のナポリ東洋大学教授にこのことを話したら、彼は教えてくれた。
「道順を聞いたのか? まず、聞かれたナポリ人は絶対に知らないとは言わないよ。決して、『ブランディ』の所在地を知らなくても。なぜなら、知らない者が何かを尋ねてきた瞬間に、主従関係が生まれるからだ。頼られた者の立場が上になり、救いを求めている人を無下には断れない。少なくとも、道を知らないと聞いてきた人よりも、少しでも知っているという立ち位置にいるから、何かを伝えなければならない、という義務感がある」

禅問答のような話だが、いかにもナポリ人らしい態度である。もし、日本人が知らない場所を尋ねられた場合、「すみません、この辺りは詳しくないので......」と断りながら、「知りません」と言うだろう。しかし、ナポリ人からすれば、そんな対応は冷たく感じられるそうだ。

今年、およそ18年振りに「ブランディ」を訪ねた。注文したのは、この店が考案した"ピッツァ・マルゲリータ"。

「庶民が楽しんでいるピッツァを食べたい」と熱望した往時のマルゲリータ王妃に献上するため、トマトの赤、モッツァレッラの白、バジリコの緑で、イタリアの三色旗を表したピッツァをつくったのである。
 久しぶりに食べた名物のピッツァ。香り豊かなバジリコとトマト、ミルクたっぷりの新鮮なモッツァレッラ、そしてモチモチとした柔らかい生地のうま味が口の中で広がる。ううう......、うまい! ピッツァの代金は、少し値上がりして7.5ユーロだった。

【ピッツェリーア・ブランディ】
撮影したメニューの表紙には、1780年創業とあるが、ホームページでは1760年と記す。この感覚がナポリらしい。マルゲリータ王妃にピッツァを献上したのは1889年。3大テノールのひとり、故ルチアーノ・パバロッティをはじめ、1994年のナポリサミット開催時には、ビル・クリントン元米国大統領なども訪れたナポリ随一の名店だ。

住所/Salita S. Anna di Palazzo 2, Napoli
電話/+39-81-416928
www.brandipizzeria.com

 
 
この記事の執筆者
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク