「ソメスサドル」の強みは何といっても、馬具作りで培った、つくりの精度や美しい曲線だ。人が馬に乗るためには硬いレザーを使用するが、加工には高度な技術を必要とする。その難しい技術は、他では決して真似できない「ソメスサドル」だからこそできる技術である。同ブランドを代表するアイテムと言えば、ダレスバッグがあげられるが、今回紹介する財布や小物類も実に見事である。力強いステッチ、手縫いや磨きといった製品の完成度の高さは、持つステータスや魅せる楽しさがある。

極上のレザーから生まれる「ソメスサドル」の名品

キメの細かいカーフスキンレザーを使用した財布

(左)【W11×H10×D1.7cm】二折り財布¥24,000・(右)【W18.6×H9.2×D2cm】長財布¥29,000(ソメスサドル青山店)

肌に吸い付くようなしっとりとした質感が実に気持ちいい。ステッチの色を変えることで、少しカジュアルな雰囲気に仕上がっている。

ビジネスマン必携のレザーアイテム

(左)【W11×H7×D1cm】キーケース¥15,000・(右)【W11×H7.5×D1.8cm】名刺入れ¥12,000(ソメスサドル青山店)

オイルレザーの程よい厚みを生かしたシンプルなキーケース。表革にはブライドルレザー、内革にはバッファローレザーを使用した名刺入れは、堅牢なつくりになっている。ともに1万円台で買える価格帯も魅力的だ。

シンプルで小ぶりな財布

(左)【W10×H7.7×D3cm】三折り財布¥33,000・(右)【W10×H7×D1.8cm】コインケース¥12,000(ソメスサドル青山店)

コンパクトな三折り財布は、無駄のないシンプルなデザイン。中にはカードケースが2室あり、必要最低限しか持ち歩かない方におすすめの逸品だ。コインケースは、側面の革が丸く広がりコインが取りやすい。こちらも同じくポケットが2室ある。

以上、「ソメスサドル」のレザーアイテムを紹介した。「ソメスサドル」の特徴は班体制によるものつくりだ。縫製、磨き、仕上げと、ひとつの製品を完成させるのに複数の目が行き届いている。だからこそ高品質な製品が生まれるのだ。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊