おばさんぽく見えるヘアスタイルは、動きも何もないストレート。年齢を重ねた髪は、細くてボリュームが不足しがちなので、ストレートなままでは貧相な印象になることも。

そんな大人の髪悩みに応えてくれるのが、Rougyのヘアデザイナー、江良 栞さん。「毛先のカールで動きを出すだけで、雰囲気が華やかになります」とアドバイス。

大人のニュアンスのつくり方を教わります。

【お悩み】すぐにペタ~ッとなる髪をふんわり華やかに印象づけたい

ミディアム代表:井上三佳さん(38歳/主婦)のお悩みを解決するには…

■【髪型】顔周りのシャギーで華やかさアップ!

完成
サイド
バック

井上さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ (細→太)★
  4. うるおい (乾→潤)★★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

サイドとトップにボリュームがなく、すぐにペタ~ッとなってしまう井上さんの髪質。「シャギーを入れすぎるとツヤが出にくくなり、毛量も減ってしまうので、華やかに見せたい、顔周りだけに入れています」(江良さん)

毛先に動きを出すためには、ボディパーマをかけるとスタイリングが簡単とか。「毛先を1カール、内巻きにパーマをかけています。毎朝、毛先をこすりつけるように揉むだけでスタイリングが完了するので、おすすめです」(江良さん)

​■スタイリング:2種のスタイリング剤の使い分けで華やかヘアは完成

スタイリングするのは、ペタッとなりやすい頭頂部と、動きの出にくい毛先だけ。「立ち上がりをキープしたい頭頂部はハードスプレー、ツヤ感も欲しい毛先はミルクタイプのワックスを使います」(江良さん)

スタイリング前

■1:手のひらにミルクタイプのワックスを広げ、擦り合わせるようになじませる

髪の中間から毛先にかけて、ツヤも出せるミルクタイプのワックスをなじませる。

■2:指先にハードタイプのスプレーを吹きつける

根元の立ち上がりをキープしたいので、ハードタイプのスプレーがおすすめ。

■3:分け目に沿って後ろ・中間・前の3か所の髪の根元を立たせるようにつまむ

後ろから前に向かってひとつまみずつ根元を立たせる。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■頭頂部をペタッとさせない
  2. ■グラデーションは顔周りだけ入れ、動きを出す
  3. ■ツヤならミルク、立たせるならハードスプレーと、スタイリング剤は使い分ける

「立ち上がりをキープするハードスプレーを髪全体に吹きつけると、せっかくの毛先の動きまで固まってしまいます。立ち上がりをキープしたい部分だけ、ピンポイントでなじませてください」(江良さん)

Rougyヘアデザイナー・江良 栞さん。最近、お弁当づくりにハマっているとか。「コンビニ弁当から卒業したくて、健康のために始めました」

問い合わせ先

  • Rougy
  • 住所/東京都港区南青山3-10-32Aoyama Morita bldg 1F
    TEL:03-6804-6082
    営業時間:火~木11:00~20:00 金12:00~21:00 土・日祝10:00~19:00
    定休日:月曜、第1・3火曜(月曜が祝日の場合は火曜に振り替え)
ひとりひとりの髪質や個性を生かしたスタイリングを提案してくれる大人の隠れ家的サロン

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑