“ながら”でも、おうちコーヒーのおいしさをキープしてくれる優れモノ

近年のバリスタブームで、一杯一杯、丁寧にドリップされたコーヒーも随分と一般的なものになりました。とはいえ、おうちで忙しく家事をこなしているとき、来客で一度にたくさん用意しなくてはいけないときには、一杯ずつ…という手間暇をかけられないときだってあります。長時間の作業や、テレビや読書を愉しみながら手元に置いてると、せっかくおいしく淹れた一杯がすっかり冷めてしまうことも。

飲みたいときに飲みたいだけ、いつでもハンドドリップの淹れたてのおいしさをキープしてくれる。そんな気まぐれな、“ながらコーヒー”へのニーズに応えてくれる優秀アイテムが、コーヒーメーカーの老舗メリタから発売されました!

100年の歴史を持つ老舗メーカーから新登場!「ツイスト」のココがスゴい

■1:自然においしい状態にしてくれる!新機能「アロマツイスター」搭載

たっぷり5杯は注げます。スッキリしたデザインも使いやすそう。

たっぷり抽出したときに気になる、撹拌(かくはん)。「ツイスト」は、グラスポットのフタの形状が特殊な構造になっているので、抽出後のコーヒーを自動で撹拌してくれるんです。手間を省いてすぐにおいしいコーヒーを楽しむことができますよ。

■2:ハンドドリップの技を再現!独自の「ひとつ穴方式」

このミゾと角度がポイント!

さらにメリタ独自の「ひとつ穴方式」は、ハンドドリップで培われた技術が活かされています。理想的な抽出時間になるように計算されたミゾとその角度で、お湯の流れと抽出時間をコントロール。コーヒー本来の味とアロマを最大限に引き出してくれるんですって。100年以上の歴史とともに、世界150か国以上で親しまれているコーヒーエキスパートのブランドのノウハウがここに。

■3:適温をキープ!飲みたいとき、いつでもおいしい「保温機能」

コーヒーを淹れている合間に、つい他の何かへ気が奪われてしまうことってありますよね。うっかり時間が経って冷めてしまった…なんてことも。「ツイスト」には保温プレートがついていて適温をキープしてくれるので、飲みたいときにいつでもおいしい状態のコーヒーが楽しめます。

■4:使い倒しても汚れにくい!「しずく漏れ防止機能」

フィルターの底面には、しずく漏れ防止機能が付いていて、頻繁にポットを外しても保温プレートを汚さないような設計になっています。お手入れに手間暇をかけず、いつでも清潔さを保てるのはうれしいですね。

【製品概要】

メリタジャパン「ツイスト」 型番 :SCG58-3-B(ジェットブラック/写真左) SCG58-5-R(ルビーレッド/写真右)価格:¥5,500 本体サイズ:幅180mm×奥行195mm×高さ265mm 本体重量:1.3kg 最大容量:0.7リットル(2~5杯用)付属品:メジャースプーン、フィルターペーパー5枚入り

筐体のカラーも、どんなインテリアにも馴染む安定感が魅力。シックな雰囲気を演出するジェットブラック、部屋の印象を明るくするルビーレッド。価格もお手ごろなので、2台買いもアリでは。キッチン、オフィス、作業部屋など、いろんな場所で活躍してくれそうですよ! カジュアルなギフトにもおススメです。

メリタジャパン「ツイスト」は、全国量販店、各ウェブショップにて販売中。

映画『コーヒーが冷めないうちに』関連グッズが当たるキャンペーンも!

2018年9月21日に公開した、話題の映画「コーヒーが冷めないうちに」関連グッズ(川口俊和先生サイン入り原作本、塚原あゆ子監督サイン入り映画ポスター)等が当たるキャンペーンも実施中。メリタ家庭用製品全品(コーヒーメーカー、コーヒーフィルター、電気ケトル、フィルターペーパー、電動および手動ミル・グラインダー、アクセサリーなどすべて)の購入合計2,000円分を一口として応募すると、抽選で素敵なプレゼントが当たるとのこと。

キャンペーンWEBサイト:http://www.melitta.co.jp/campaign/present_prize_110anniversary/

映画『コーヒーが冷めないうちに』は、“あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか?”というテーマにある通り、とある喫茶店の「ある席」に座ると望んだとおりの時間に戻れるという、不思議なストーリー設定。恋人、夫婦、姉妹、親子…誰もが共感し、“4回泣ける”という繊細な人間ドラマが詰まった作品です。人気連続ドラマ『アンナチュラル』などを手掛けた塚原あゆ子監督が、映画初挑戦ということでも注目を集めています。主題歌はYUKIの書き下ろし『トロイメライ』。主演の有村架純さんをはじめ、薬師丸ひろ子さんや、石田ゆり子さん、など素敵な女性陣の演技も光ります。

秋のお出かけに劇場で映画を楽しんだあと、おうちでゆっくり「会いに行きたい人」のことを想いながら、ゆっくりとコーヒータイムを過ごしてみるのはいかがでしょうか。こちらもぜひチェックしてみて!

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。