【目次】

【白】×「濃い青」「ロイヤルブルー」で清潔感のある着こなしへ


濃い青やロイヤルブルーといったパキッとした青は、白合わせでそのクリーンさを引き立てると清潔感溢れる印象へと導けます。ぱっと映える上に新鮮さも楽しめるので、是非この色合わせを楽しんでみてください。

濃い青

瑞々しい配色で花柄ワンピースをヘルシーに着こなす

 

濃い青の小花柄ワンピースは、オーバーサイズのデニムジャケットを合わせて適度にカジュアルダウン。ここでデニムジャケットがブルーだと定番に傾きがちですが、スタイリッシュな白を選ぶことで垢抜けます。袖をブラウジングして、ワンピースの柄を覗かせている一手間も◎。

気負いがちなアイテムも、クリーンな配色で上品に

 

やや気負いがちなショートパンツも、濃い青と白のクリーンな配色できめれば上品に。ドロップショルダーのスウェットとのカジュアルな組み合わせは、パンツのカラーとリンクさせた白のヒールサンダルで大人らしく昇華。

青空のような爽やかな配色。少量の黒で引き締めると◎

 

白と濃い青のタイダイプリントトップスに、シャープな白デニムパンツを繋げて爽やかな着こなしへ。少量の黒で引き締めつつも、涼しげなクリア素材のバッグで白×青の軽やかさを助長しています。

ロイヤルブルー

白のクロップドパンツで軽快に

 

はっと目を奪われる鮮やかなロイヤルブルーのニットプルオーバーは、親しみのある白のデニムパンツを合わせてデイリーコーディネートに。クロップド丈を選び足首を覗かせることで、白の軽やかさに更なる抜け感が加わります。

「青で引き締める」という意外性がお洒落

 

淡い青の花柄がプリントされた可憐な白ワンピースは、ぱきっとしたロイヤルブルーのジャケットでメリハリラインを強調。ベーシックカラーではない色で引き締めるという意外性のある選択が、コーディネートに洗練感を宿します。

大胆なフレアスカートはミニマムトップスが好相性

 

たっぷりの生地で、歩く度にドラマティックに揺れ動くロイヤルブルーのフレアスカート。大胆なシルエットの存在感を引き立てるように、トップスはミニマルな白カットソーが好バランスです。

【黒】は「水色」と合わせてメリハリたっぷりに


濃い青よりも柔らかい印象の水色には、ストイックな黒を合わせ抑揚をつけると立体感のある着こなしに整います。水色は濃い青よりも挑戦しやすいカラーなので、一つワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。

水色シャツでたちまち柔らかな雰囲気へ

 

ボトムスと小物を黒で統一し、白カットソーを合わせたクールな着こなしも、水色のシャツをさらりと取り入れるだけで優しげな表情へと早変わり。どこかヴィンテージライクな開襟デザインも、こなれた表情を後押ししています。

キャッチーなプルオーバーで映える着こなしに

 

ジャストサイズのプルオーバー、そして黒のストレートスカートという上品な組み合わせも、ロゴ入りの水色をセレクトして遊び心をプラス。ロングブーツで素足を見せないモードな着こなしの分、トップスの袖をブラウジングして肌見せ面積を整えています。

水色の分量を増やして鮮度を宿して

 

エレガントな黒のプリーツスカートに、水色のギャザーブラウス、そして小物を合わせて新鮮な印象を楽しんでいます。モードにきめてくれるチャンキーチェーンのネックレスは、寒色である水色にマッチするシルバーを選択。

モードな黒を親しみやすく

 

ウールのCPOジャケットとレザーパンツを黒で統一したモードスタイルは、インに水色を迎えて親しみやすさを加味。白のスニーカーで、軽快な足取りを実現しています。

【ブラウン】と「くすみブルー(スモーキーブルー)」で穏やかな色合わせを意識


ここ数年トレンドのくすみカラーは、もちろんブルーも人気です。鮮やかな色は難しい、という場合でも、くすみブルー(スモーキーブルー)ならハードルが高くありません。ブラウンとの穏やかな色合わせなら統一感のある着こなしが叶います。

「主張しすぎない色」だからこそ試せるスタイリッシュコーディネート

 

トーンを変えたくすみブルーのケーブルニットとスカートの組み合わせに、モードなクロコ型押しのブラウンロングブーツをオン。柔らかな雰囲気の配色だからこそ、モードな装いもハードに傾きすぎません。

ロング×ロングで縦のラインを強調

 

色味が統一され、一体感のあるくすみブルーワンピースとブラウンコートの組み合わせ。コーデュロイとレザーの異素材合わせで、間延びを回避しています。また、どちらもロング丈なので縦長効果を発揮することができます。

グレイッシュな青でスタイリッシュにきめて

 

グレイッシュなくすみブルーのセットアップなら、おのずとスタイリッシュな雰囲気を醸すことができます。そこに赤みブラウンの小物を合わせつつ、白ソックスを加えることでほんのり親近感を添えて。

くすみブルーの小物で垢抜けを約束

 

ワークシーンにもぴったりな、きちんと感のあるブラウンのジャケットセットアップ。これだけだとやや無難にまとまりがちですが、くすみブルーのバッグを投入することで、垢抜けるだけでなくリッチなムードがアップ。

【ベージュ】または【グレー】と「パステルブルー」の中間色同士がマッチ


青に乳白色を混ぜたパステルブルーには、ベージュやグレーといった中間色がマッチ。今っぽいニュアンスカラーコーディネートに仕上がるので、垢抜け確実です。

定番トレンチコートを今っぽく着こなす方法

 

タイムレスに活躍するトレンチコートだからこそ、着こなしのアップデートは忘れたくないですよね。定番のベージュトレンチに鮮度が宿るよう、パステルブルーのボーダーカットソーをイン。アウターの袖を捲って立体袖を形成しつつ、ボーダーを覗かせることで全体のメリハリへと繋げています。

引き締めカラーはブラウンが吉

 

ベージュのトレンチコート、パステルブルーのニットプルオーバー、オフホワイトのデニムパンツで柔らかな色調に。優しい雰囲気を損わないよう、引き締め役の小物はブラウンが好都合です。

彩度の緩急をつけてメリハリスタイルへ

 

彩度の低い、淡い淡いベージュのセットアップに、彩度の高いパステルブルーのタートルネックニットを覗かせてメリハリたっぷりな着こなしへ。黒のタイツにレースアップパンプスを合わせた足元コーディネートで、エレガントな雰囲気を上乗せしています。

パステルブルーをグレーでスタイリッシュに導いて

 

まろやかなパステルブルーのジャケットに、グレーのチェックパンツとスニーカーを合わせてスタイリッシュにきめています。生真面目な印象のジャケット×パンツも、こんな色合わせなら感度高く仕上がりますね。

曖昧カラーでニュアンスたっぷりに

 

白に近い、淡いグレーのニットトップスに、同じトーンのパステルブルースカートを合わせてニュアンスたっぷりな着こなしへ。スカートのドッキングデザインや、モダンなフォルムのバッグでキリッと大人顔に導いています。

【カーキ】と「薄い青」でほんのりスパイシーに


ハンサムなカーキには、あえて薄い青を合わせることで互いの表情を引き立てることができます。ほんのり辛口な装いで、大人の余裕感を際立たせて。

カーキのサテンスカートでカジュアルが見違える

 

薄い青のデニムジャケットや白スニーカーといったカジュアルスタイルは、ぴりりとしたカーキのタイトスカートをアクセントに。とろみのあるサテン生地で、女性らしくきまるのもポイントです。

モードなカーキで淡い配色を引き締め

 

モード感のあるカーキのレザーパンツに、柔らかな薄い青のニットトップスを合わせて抑揚たっぷりな着こなしに。スタイリッシュさを後押ししてくれる白ブーツは、その色で抜け感も担ってくれます。

【青】のトーンを変えてワンカラースタイルへ


色味を変え、奥行きを作った青のワンカラースタイルもおすすめです。有彩色の中でも青はワンカラースタイルとしておすすめな色で、ハードルが高くないのも嬉しいポイントです。

色味の異なる「淡い青」を重ねて

 

トーンを変えた淡い青で構成した、清涼感たっぷりなオールブルースタイル。アウトの色を明るく、インの色を濃くすることで奥行きが生まれます。

くすみブルーでシックに転ばせる

 

パステルブルーのスウェットトップスとパンプスの組み合わせに、くすみブルーのプリーツスカートを合わせたシックなオールブルースタイル。光沢感のあるスカートなので、歩く姿までエレガント。

デイリーに取り入れやすいオールブルースタイル

 

ノルディック柄がアクセントになるブルーのニットカーディガンに、親しみ慣れたブルーデニムパンツを合わせて色を統一。カーディガンの色を拾って、小物の色も統一するとごちゃつかずすっきり見えます。

グレイッシュなブルーデニムで抜け感をプラス

 

ロイヤルブルーのトップスと、鮮やかなブルーアウターを合わせた映える着こなしには、グレイッシュなデニムパンツを合わせて抜け感を加えると主張が強くなりすぎません。バッグのハンドルまで青で統一している点にも注目!

【応用テク】ピンク、レッド、イエロー、グリーン


最後に、青に「ピンク」「レッド」「イエロー」そして「グリーン」を合わせたカラー×カラースタイルをご紹介します。自由な色合わせを楽しんで、青の着こなし幅を広げてみてくださいね。

【ピンク】パステルカラー統一で馴染ませて

 

青のニットトップスと、ピンクのアウターをパステルカラーで統一した着こなし。青のデニムパンツで色を繋ぎつつ、サンダルの青を濃くすることでメリハリをつけています。

【レッド】の強さは淡い青で引き算

 

ぱっと着映える赤のニットプルオーバーに、同じ赤&青のバイカラープリーツスカートをオン。淡い青と白のパンプスで抜け感を加えることで、赤の強さが中和されます。

オレンジのチェックスカートでプレイフルに

 

鮮やかな青のニットプルオーバーに、オレンジのチェックスカートを合わせて絵になる着映えコーディネートを実現。スカートはタイトシルエットを選ぶことで大人らしさを薫らせて。

【グリーン】と青の同系色がマッチ

 

グリーンと青は同系色なので、相性が良いことで知られています。くすみブルーのアウターに、鮮やかブルーのパンツを合わせ、インとバッグにグリーンをセレクト。彩度の低い色をアウターに持ってくることで、印象の強さを和らげています。

PHOTO :
Getty Images