レディース秋のブルーコーデまとめ。秋のファッションに取り入れたい、おしゃれなブルーコーデを16選ピックアップ。ブルースカートやブルートップス、パンツにワンピースなど、秋にチャレンジできるブルーコーデを、ぜひおしゃれの参考にしてみてください。

【目次】

レディース秋のブルーコーデ


【1】ブルーシャツ×白スカート

【1】ブルーシャツ×白スカート
シャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

バンドカラーのすっきり感をさらに高める比翼仕立てのストレートシルエット。カフリンクスをあしらい、折り返した袖口が知的な手元を演出。シンプルなたたずまいに、自然な光沢をたたえたブルーオックスフォード生地の上質な素材感が引き立ちます。明度をそろえたライトベージュのハイウエストスカートを合わせた着こなしは、上品なフレッシュ感が魅力です。

【2】ブルーシャツ×ネイビーパンツ×ジャケット

【2】ブルーシャツ×ネイビーパンツ×ジャケット
 ©Afro BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ジャケットの袖からのぞくカフスの長さやブルーのスタンドカラーが絶妙。メンズっぽくなりすぎず、古臭くならない高度な技に脱帽です!

【3】ブルーネイビーカーディガン×白トップス×ネイビーパンツ

【3】ブルーネイビーカーディガン×白トップス×ネイビーパンツ
ロングカーディガン・トップス・パンツ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915〉)、スカーフ(wb) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ブルー&ネイビーのワントーンスタイルは、色をそろえすぎると、かえって地味に。そこで、グラデーションが美しいカーディガンをセレクトしましょう。コーディネート全体にメリハリが生まれて、こなれ感も満載! 素材は、シルク×カシミヤです。

【4】ブルーパンツ×黒ニット×グレーニットコート

【4】ブルーパンツ×黒ニット×グレーニットコート
パンツ(ドゥロワー 日本橋三越店)、ニット(IZA〈ロッセーラヤルディーニ〉)、ニットコート(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、イヤリング(エム&アソシエイツ〈ロドリゴ ニューヨーク バイ ロドリゴ オタズ〉)、スカーフ(ストラスブルゴ〈バルバラ アニエス〉)、リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(エストネーション〈ペリーコ〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはウールフランネル特有の起毛感で、秋冬仕様のフレッシュなカラーパンツが登場。カラーパンツの膨張を抑えるため、パンプスを同系色でつないで縦ラインを強調しましょう。

【5】ブルーブラウス×白スカート

【5】ブルーブラウス×白スカート
ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、スカート(ebure)バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

シルクサテンを使ったピーコックブルーのブラウスを、白に近いニュアンスグレーのフレアスカートで、明度を上げたクリーンな装い。足元はポインテッドトウのミュールパンプスで抜け感をプラスして、清涼感を後押ししましょう。

【6】ブルーパンツ×グレージュニット

【6】ブルーパンツ×グレージュニット
ニット(edit &co〈. YURI PARK〉)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(シーエイチ キャロリーナ ヘレラ銀座店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ハイゲージのタートルニットと細身パンツのベーシックアイテム同士の組み合わせ。配色バッグを筆頭に、グレージュベルトの時計やトラッドローファーの存在感が際立ちます。

【7】ブルーワンピース×バッグ

【7】ブルーワンピース×バッグ
ワンピース(エストネーション〈エストネーション〉)、イヤリング・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ボリュームがある袖、アシンメトリーなデザインの裾、キュッと締まったウエストと、ドレープをドラマティックに魅せる要素が詰まったブルーのワンピースを主役に。

レディース秋のブルースカートコーデ


【1】ブルースカート×白シャツ

【1】ブルースカート×白シャツ
シャツ『FRIDAY』・スカート・バッグ・靴(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

カジュアルなポロ襟に、存在感のあるエレガントなダブルカフスリーブを組み合わせた、絶妙な外しが粋な一枚。モダンな光沢を放つライトブルーのスカートを合わせたら、小物は白で爽やかに仕上げましょう。

【2】ブルースカート×ブルーブラウス×グレージャケット

【2】ブルースカート×ブルーブラウス×グレージャケット
ジャケット(トヨダトレーディング プレスルーム〈チルコロ1901〉)、ブラウス(ウールン商会〈ペセリコ〉)、レザースカート(ヒューゴボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス(ケイテン)、ポケットチーフ(アマン〈フィナモレ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ノート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈スマイソン〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ウールにカシミヤやシルクを混紡することで、表情豊かに仕上がったニットジャケットはラペルに丸みをつける等、女らしいディテールが際立ちます。コンパクトなシルエットだから、ブルー系のレザースカートとの相性も抜群です!

【3】ブルーレーススカート×ブルーブラウス×ネイビージャケット

【3】ブルーレーススカート×ブルーブラウス×ネイビージャケット
ジャケット(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、スカート(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ブラウス(Theory luxe)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、ネックレス(ミキモト)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

仕事の食事会に、パンツスーツでは堅すぎる。そこでボトムをエレガントなレーススカートにチェンジ! レストランのクロークでジャケットを預けることを想定して、インナーは一枚で様になるブラウスが正解です。

【4】ブルースカート×白ブラウス

【4】ブルースカート×白ブラウス
ブラウス・スカート ・バッグ・ピアス(フェンディ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ノーカラーながら、肌をのぞかせる巧みなデザインで、ネックレスいらずの優美な表情を実現。首周りをキュッと包むホワイトのラインが、ビジネスシーンにふさわしい、程よい緊張感をもたらしてくれます。聡明な印象を与えるロイヤルブルーのタイトスカートを合わせれば、クリアな白ブラウスの魅力がさらに際立ちます。

レディース秋のブルートップスコーデ


【1】ブルーブラウス×黒レーススカート

【1】ブルーブラウス×黒レーススカート
ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、スカート(ADORE)、バッグ(ピエール アルディ東京)、リング・時計(ピアジェ)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

スカートをライトグレーから黒に替えると、ピーコックブルーとのディープカラー同士が奥深いリッチ感を生み出して、秋のムードに。黒のブーティパンプスで引き締めると、着こなしがまとまります。

【2】ブルーブラウス×ネイビースカート

【2】ブルーブラウス×ネイビースカート
ブラウス・スカート(オンワードグローバルファッション〈ロシャス〉)、ピアス・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

眼差しを知的に見せる、アイシーな色味のブラウスで秋支度を。スカートのサイドにあしらわれたボタンとリンクさせるよう、イエローゴールドのジュエリーを耳元と手元に添えてリッチに仕上げましょう。気品漂うボウタイブラウスも、秋空に似たセルリアンブルーなら、こんなにも新鮮な表情に。シルクシフォンのエアリーな質感が、優しげなオーラを醸し出します。

【3】ブルーブラウス×黒スカート×黒ジャケット

【3】ブルーブラウス×黒スカート×黒ジャケット
スカート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、バッグ(エミリオ・プッチ ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)ブラウス(オールウェイズ〈M・Fil〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ロイヤルブルー×黒の配色できちんと感を演出。ジュエリーを控えめにしたぶん、鮮やかな柄バッグで個性的なアレンジを試みましょう。

【4】ブルーブラウス×黒スカート

【4】ブルーブラウス×黒スカート
ブラウス(オールウェイズ〈M・Fil〉)、スカート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ネックレス(トリー バーチ ジャパン)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

サテンブラウスとラメ入りのスカートで、艶や煌きを意識的に取り入れてドレスアップ気分に。ボウタイはスカーフを巻く感覚でアシンメトリーにすると洗練されます。ゴールドのチェーンバッグや、アンクルストラップのパンプスで、女性らしいアレンジを加えましょう。

【5】ブルーブラウス×ブリックレッドパンツ

【5】ブルーブラウス×ブリックレッドパンツ
ブラウス(IZA〈ロッセーラ ヤルディーニ〉)、パンツ・ベルト(エンフォルド)、ネックレス・バッグ(ブルガリジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

トレンド色を組み合わせることで、王道のボウタイブラウスもたちまちフレッシュな印象に。ワイドパンツと合わせるときは、ダイヤモンドがきらめくゴージャスなネックレスやチェーンバッグ、艶めき素材のサンダルで、意識的にエレガントな要素を加えましょう。